2017年06月03日

H29 0503〜0603 FC今治

丸1か月も空きました!1か月を振り返ると…

ファーストステージ 第7節 5月3日(水) 13:00
武蔵野市立武蔵野陸上競技場
東京武蔵野シティFC 3-0 FC今治

★ 未観戦

ファーストステージ 第8節 5月7日(日) 13:00
栃木市総合運動公園陸上競技場
栃木ウーヴァFC 0-0 FC今治

△ 未観戦

ファーストステージ 第9節 5月14日(日) 13:00
福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場
FC今治 0-0 ヴィアティン三重

△ 予定が変わって未観戦。。注目度の高いカードだっただけに、まぁまぁショックでした><

ファーストステージ 第10節 5月21日(日) 13:00
名古屋市港サッカー場
FCマルヤス岡崎 1-2 FC今治

◎ 未観戦

ファーストステージ 第11節 5月28日(日) 13:00
広島県立びんご運動公園陸上競技場
FC今治 2-1 MIOびわこ滋賀

◎ ようやく観戦!

吉武監督の言う、「ボールを回しながらも、ここだ!の勝負所は勝負に出る」感覚がチームとして熟成されてきたような印象です!今日のホンダロック戦もですが、シンプルな展開も増えてきましたもんね。



ファーストステージ 第12節 6月3日(土) 13:00
延岡市西階総合運動公園陸上競技場
ホンダロックSC 1-3 FC今治

◎ ネットで視聴観戦!

というわけで熱心なサポーター様方と比べると完全に乗り遅れてしまったのですが、

試合を観ずにサッカー談義をすることも難しいので大人しくしていただけで、
びんごでは新グッズ「カーステッカー」も買ったし、以前と変わらず気合入っていますよ(笑)

もはや公式戦の情報は色んな方が挙げてくれているので、マニアックなところを。

5月27日㈯は

新居浜西高校の100周年記念行事で

FC今治 対 新居浜西高校

を見てきました☆

実はFC今治と言っても、今治東高校の生徒がFC今治のユニフォームを着て出場して、それに翌日のベンチ外メンバーだった「水谷、渡邊、岩脇、野田、向井」が混じって出場していたんだけどね。

その横のもう1つのピッチではFC今治のベンチ入りメンバーが

「シュート練習を中心」

に、にこやかにわきあいあいと練習していました。
練習の雰囲気はチーム・監督によって、戦場のようにピリピリしていたり、また、同じ監督でも時期によって雰囲気が違ったり色々ですね。

よく海外組が、ヨーロッパのクラブでは練習から死に物狂いで削ってくる、と話していますよね。
Jではサンフレッチェ広島などは練習から全員目の色変えてやっているような印象です。

でもきっと5月28日のFC今治では、「にこやかに集中モード」が翌日の公式戦に向けてBESTだ!っていう吉武監督の判断だったのでしょう。

さて、高校生との試合では「水谷拓磨」の調子の良さが光り、本人と話していても溌剌としていました☆
向井君とも色々話しましたが、こちらはまだ色んな意味で牙を研いでいる状態、でしょうか。

後半には、野田樹がなんとリベロ(FC今治のワントップの呼称)に入りました。

今シーズン、僕が2月から推している「野田樹」
4月に練習を改めてみて、

センスは抜群だけど、まだまだ高校生の体、プレー安定度かなぁ、もう一皮むけたら物凄い逸材!

と思っていた野田君。
高校生相手ですら裏へ抜け出す動きなどは明らかに手探りでやっていたけど、月曜日の高知ユナイテッドとのTMやその後の練習で多少は自信をつけたのかな!?


今日の試合では、ごっつぁんゴール気味ではあったものの、しっかりこぼれ球に詰めて結果も残しましたね☆

試合を集中して見られなかった時間帯もあったのと、ネット視聴だったので「オフザボール」の動きが分からなかったですが、みなさんどう思われましたか??

どのプレーか忘れたけど、野田君が相手CB前でキープして、その間に右WFWがサイドバックの裏に走りこんで、絶妙なスルーパスを出したプレーがありました。

結果的にはボール1個分くらいオフサイドにはなったんだけど、野田君らしいセンス溢れるプレーでした。
桑島良汰のシュートスキルがFC今治に入って磨きがかかったのは記憶に新しいところだけど、
野田君は元々、読みから相手の攻撃の芽を摘んだり、そこからの効果的な長短のパスが持ち味。(だと思う)

今日、彼をFWで使ったのは、チームの勝利を最優先しての判断だったのかな?
野田樹の今後の育成・起用、吉武監督はどういうイメージなんだろう??
気になります。

今日は何となく見ていて、南アフリカワールドカップの時の、


本田圭佑のワントップ起用

に通ずるようなものがあるのかな!?
と思いました。

本田なら、前でタメを作ってくれるだろう、センタリングをあげたら何とかシュートまで持ち込むだろう、という信頼感。

この日のFC今治も、野田君の身長や足のリーチや長短のパス精度、シュート精度などを信頼して、周りが躍動していたように思いました。

ただ、段々と相手のディフェンスに対応されてしまい、存在感を発揮できなくなったところで、

途中交代だったでしょうか??

いや、ほんと、ネット視聴なんで、全く的を射てないことを言っているのかもしれないんですけどね。的外れでしたらどうぞご指摘ください^^;

あ、後は、最近の試合で

玉城選手のボランチ起用!

がありますけど、これ、いい感じじゃないですか??

金子君の愚直にひた向きなプレスも素敵ですが、玉ちゃんのボール扱い技術はやはりさすが。

ターン1つ、トラップ1つとってもハイレベル。
金子君は丁寧なインサイドキックが特徴ですが、玉ちゃんは左右、どの面を使ってもヒョイとパスを出せる印象です。

そして、猪突猛進に突っ込むようなプレスに、果敢に攻めあがった時にはミドルシュートもガンガン打つ能力もあります!

吉武監督のコンバートは常に色んな意見があるところですが、玉ちゃんのアンカー起用は今のFC今治ではいい感じじゃないでしょうか???

さぁ、これからは上位陣と連戦が続きます。
いやぁ、楽しみですね。

去年もでしたけど、例年、チームの完成が夏〜秋ですもんね。
だから今は中位にいるけれど、セカンドステージはぶっちぎりの1位でいってくれるんじゃない??

っていう、淡い期待もあります!
淡いって言っちゃいけないか(笑)

そのための試金石がこれからの6月の連戦です。
今治のファンがセカンドステージに向けてテンションあげられるように、頑張って欲しいです!

そして、そのためには砥部の球技場へ皆さん応援にいきましょうね!!

タグ:FC今治 2017JFL
posted by ミライ at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

0409〜0430。水谷拓磨&野田&向井。

約3週間、空きましたー☆

というか皆さん感じてらっしゃるように、新しいスタッフも入り、事務所移転効果もあるのか?

クラブの発信姿勢が言葉では言い表せられないくらいものすごく良くなった

ので、クラブのことそのものを特に宣伝したり拡散する必要性は以前よりなくなってきましたね☆

青木さんのTwitter速報から気合入ってますもんね☆

後はSNSをやっていない地方中高齢者に対してどうアプローチをかけていくかでしょうか?
最近思うことは、やはり最後は

行政から見て「1民間企業としての存在以上の存在」として認められ、扱われ、接されるようになった時

本当に加速度的に今治に急激に浸透するのかなぁと思います。
ここでの行政からの〜っていうのは、デロイト×スマートスタジアムといったマクロな話ではなくて、1つ1つの小さい普及活動を市が認めるか認めないかっていうミクロな話の積み重ねの話。

色んなところでのクラブやサポーターの普及活動を許可をする/しないは、最後は行政の判断になることが多いですもんね。
去年の市原での地決の時に思ったことでもあります。
今はファン・サポーター・ボラスタ・クラブが一体となってできることから地道にやっていくしかないですね!

ちなみに愛媛FCは動員で今季非常に苦しんでいますが、ある意味「今治」という小さい街をホームタウンにした方が「おらがクラブ感」を持ってもらいやすいところもあるのかな??とも最近思います。

さて、前回更新から何があったかと言えば、

〇 4月16日 away ブリオベッカ浦安戦で今シーズン初勝利!

今治からも結構かけつけて、初勝利の瞬間を目撃できたようです。
公式からYou Tubeで動画もあがっていますね☆



〇 4月23日 天皇杯予選で琉球FCにPK戦

次回は6月の平日ナイターで「ファジアーノ岡山」と対戦。
年休とって見に行こうかなと思ったら、JFATVで放送あるんですね!!
http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/tv.html

〇 4月29日 away 奈良クラブで3−3の引き分け
Twitterを見ていると奈良へは今治サポーターが100人近く駆け付けたとか??



結構熱くなりやすいのかな、今治人!?
凄いなぁ!

という感じでした。

さて、僕はというと4月22日、

沖縄に行かなかったメンバーの練習の様子(地元高校生とTM)を見に行ってきました。

公式戦直前でしたので感想を控えてきましたが、それを少し。
特に気になった選手だけ。

◎ 水谷拓磨の様子がコンディション&テンションがイイ感じでした!

相手が高校生だったから持ち味である彼のアジリティ(敏捷性)が活きたのもあるかもしれませんが、精神的なコンディションも良さそうでした。
元々明るく、みんなから愛されていますが、練習中もしっかり声が出て、終始「いつでも俺は戦闘態勢だぜ!!」というメンタルコンディションに見えました☆

そんな様子が監督にも伝わったのか!?、奈良戦ではいきなりのスタメン抜擢でしたね。
練習を人一倍頑張っている選手が抜擢されてとっても嬉しい気持ちになりました!
奈良に行かれた皆さん、試合での拓磨はどうでしたか??
拓磨、練習は裏切らないぞ、頑張れ!!!!!

◎ 野田樹&向井章人の様子
向井君は相変わらずのキレキレでした。
奈良戦でも出場しましたね。
練習では、目的意識をもって色々なプレーの幅を広げようとしている印象です。
滉大と一緒で、もっと若者らしく遠慮せずフィニッシャー(シュートを打つ役割)に回って欲しいところです。
吉武監督、もっと貪欲にゴールを目指してあげてください!!

野田樹。
元下部年代の代表選手。
練習を2・3月に観た時に

「こいつはモノが違う!」

と思わされました。

なぜなら圧倒的なセンスあふれる縦パス、展開力を兼ね備えていたからです。

が、それだけではJFLでもJリーグでも通じないのだなと最近は感じます。

その理由は2つ。
1つ目は「プレーの継続性
彼を見ていると

「おぉ、そこをスパッと通すか!!さすが!!」

とみている人を唸らせるプレーも多数ありますが、試合全体を通しては技術ミス、判断ミスがまだまだ多いのが現状です。

特にFC今治は、終始ボールをキープして試合を支配しながら相手の穴を窺い続けるサッカーです。
樹君のセンスは間違いないものはありますが、試合全体を通して高いクオリティを保ち続けることができるプレーヤーになること、それが今の彼に求められるかなと思います。

そしてもう1つは「守備スキル」
まず、背は高いのですが、ハイボールへのポジショニング、体の入れ方辺りは見ていて心もとないものがあります。
本人もユース時代から守備が課題と自覚があるようですね。

そして、いつも気になるのが「やや腰高」なこと。
重心が高いまま「フワッ」と相手に寄せるような印象があります。

高校生年代と違い、下からドスンと当たらないと相手に体を入れられてしまうし、彼の足の長さだけでボール奪取できるほど甘くはない世界。

それ以外も含めて、守備スキルは今治の指導者の下で1から作り上げるくらいでやっているのかもしれませんね。
彼が彼の憧れのブスケッツ(スペイン)のような抜群のプレーヤーになるにはまだ月日はかかるかもしれませんが、初めて彼を見た時の「サッカーセンス」を僕は信じていますよ!!

秋には絶対にFC今治を引っ張るプレーヤーになってくださいね!!

そして、FC今治としても水谷拓磨、野田&向井、可児ちゃんといったレンタル組をしっかり鍛えてあげることがクラブの評価に繋がると思います。
ちょっとそこが気になっています、最近。
GWもawayが続きますが、白星をあげて今治に帰ってきて欲しいですね!




H290423桜井.jpg
タグ:FC今治
posted by ミライ at 18:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

天皇杯予選&トレーニングマッチ(高知大)

先週の日曜日は天皇杯予選。去年は緊迫の大激戦の末の勝利でしたが、今年は圧勝でした。
得てして、大学生の彼らにとって、去年のようなあぁいう「好ゲーム」をした次の機会(1年は経っていましたが)ってモチベーションと良い緊張感を維持するのは難しいだろなぁと思って今年はTV観戦しました。
さて、本日4月8日は桜井で

高知大学とTM

でした。
最近、イオンの横にできたスポーツパークはFC今治の練習を金網越しで見ることが多くなりそうであり、これから減るだろう「桜井での練習(試合)風景」を目に焼き付けておこうと思って参戦。

選手のウォーミングアップから見るのが好きなので、関係者以外では1番に会場入り(笑)



当初の予定では、誕生日が近い「水谷拓磨」と「可児ちゃん」の写真を撮りまくって

県外の彼らのファン向けにサプライズでUPしようかと思っておりました。

現在のFC今治は「可児サポ・拓磨サポ」抜きに語れないですからね!!!
しかし、小雨が降っていたのと、何となくいい瞬間が撮れそうにない気がしたので断念。

ちなみに昼から仕事があったので出待ちもできなかったのもその一因。
次回は可児写真を100枚くらい撮ろう!
あ、拓磨は相変わらずムードメーカーのような役割でウォーミングアップの時から盛り上げてくれていますよ!!

さて、TMの内容や写真を気軽に述べたり挙げるのは怖いことなので自重します。。

ただ、他のサポーターの方のつぶやきでもあったんだけど、

去年・一昨年と同じように、メンバー間の格差が広がり始めているのかな?

と見えたことが気になりました。

その要因は各選手のプレースタイルが1つでしょうし、性格的なものも大きいのかなぁと思います。
ものすごいポテンシャルを持っているはずなのに、吹っ切れていない様子の選手もチラホラ。
可児ちゃんは、今シーズン生き抜くために「違いを生み出す武器」を何とか身に着けて欲しい!!

最後にこれはもう、これまでの試合の中での周知の事実なので言っても問題ないこととして3つ!

〇小野田がDFラインに入るとガラっとサッカーが変わりました☆
他の選手も安心したのか、余裕をもってプレーできるように変わっていました。

年下のDFも入って、イイ感じに風格が出てきていますよ!!!

〇あと、向井君は相変わらず、神ってるね!

〇野田君はあとほんの少しのキッカケだけで、少しの自信だけで、一気に開花しそうだけど現時点では「サナギ」状態かなぁ?^^;

明日は岡山でファジアーノとTM!!
なんと、今治から見に行く人もまぁまぁいるようで!!
楽しんできてください!!

posted by ミライ at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニングマッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする