2017年08月29日

H290828イオンモール今治サイン会、スカサカ特集!

away ラインメール青森戦 2−2の引き分け。
健闘及ばず、自力優勝がなくなってしまいました。

JFLの順位表はコチラ
http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=1150








ギラヴァンツ北九州サポのこのtweetが最近お気に入りで、こんな心境で9月10日までを過ごせばいいのかな〜〜と思っています。

あと、秋にミクスタに試合見に行こうかなぁって気持ちが高まってきました(笑)

さて、FC今治には引き続き全力で昇格を目指すと同時に、地元で色んな土台を固めていく気持ちもずっと大切にして欲しいです。

第一に、地元の経済界そして地元のサッカー界と上手に関係を築いて欲しいなと思います。

そして、ファン・サポーターと一緒になって、市民と一緒になって航海に出発する!の気持ちも。

目標のためには絶対に土台が必要です。
土台を作るには、地元との信頼関係が絶対に必要です。

そのためには、クラブに払えるペイ(お金)は小さいかもしれないけれど地元にとってかけがえのない存在になっている場所、ヒト、団体は絶対に大切にしてほしいなと願います。

【心の豊さを大切にするクラブ】がコンセプトならば余計に。

そんな地元を大切にする気持ちの一環の活動を昨日、見てきました。
夢スタのお隣、真隣、イオンモール今治にて!

【FC今治の限定出張ショップin イオンモール今治】

のオープンと、山田卓也選手のサイン会がありました。

愛媛のサッカーを愛する人なら「大街道の中の愛媛FCのオフィシャルショップ/サポートショップ」の変遷の歴史もご存知でしょうか。
どこかの店舗の一部を借りて「愛媛FCコーナー」ではなく、完全に独立したショップ運営をするとなると色々大変なんですよね。




今回の今治は期間限定ということですが、夢スタ/FC今治が軌道に乗って、常設の「FC今治オフィシャルショップ」がイオンモール内にオープンされることになったらいいなーーーー。
もっと軌道に乗れば、商店街にもね^^

あと、2週間を切りました。
ただただ楽しみです!



まだ本編は見てないけど、このダイジェスト版でもFC今治にお馴染みの人たちがいっぱい出てくるよっ!^^
ラスト1分半は特に面白いですよ!(笑)

posted by ミライ at 17:49 | Comment(1) | サポーター・応援・企業関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

H28の思い出&H29全社、頑張れ高知ユナイテッド!

ほぼ過去の想い出だけを書いている記事です。^^;

今年の全社、FC今治のライバル『高知ユナイテッド』には最低3試合は経験して欲しいです。
地決へのいいシュミレーションになりますからね。

愛媛全社から1年たったんですね。
時の流れは早いもので。。。
http://fcimabari-supporter.seesaa.net/article/443088669.html

FC今治の試合を見に行かずに、注目カード目白押しの新居浜会場に行った僕。。
特に「いわきFC対VONDS市原。」
あの「いわきFCが延長戦に入りながらもVONDS市原を粉砕!の衝撃」を生で見れた幸せは今思い出しても最高ですね。

VONDSの選手を弾きとばす、倒れない、倒れてもすぐに立ち上がる、走り負けない、むしろ走り勝つ…

『不死身のターミネーター集団』、と言いましょうか、ほんとにゾクゾクしました。

新居浜会場の雰囲気も「いわきすごくないか!?」がじわじわっと広まっていき、
菊地選手の伝説のバイシクルシュートの時は、会場の時が一瞬止まった後にみな大興奮!でした。

いわきFCがサッカー界に一石を投じる、そのプロローグを見ているのか、と。
あのときの現地民のTwitter、みんな大興奮していましたよね(笑)

東京23FCの試合も面白かったですし、東京23FCはサポーターの空気感が若々しくて見ていて楽しかったです。
今でもたまに東京23の応援動画たまに見ますし、チャントもたまに口ずさみますよ☆☆
伊東竜二選手ですかね、あの選手のカリスマ性も凄かった。
かつて今治に在籍していた山田卓也選手(元日本代表)のようなオーラでしたね。
(と、一昨日にここまで下書きを書いていたら、昨日、山田選手が今治に復帰しましたね☆)

サウルコス福井、去年の全社で見た福井のチーム状態は本当に辛いものでした。
空中分解か!?というように。。
今年は開催県です。
地決に向けて良い経験を積んでほしい。
サポーターも熱心ですしね。幕もすごいし。

三菱水島のチームの一体感、あれも本当に観れて良かった。
部活動みたいな一体感。。それで全社優勝しちゃうんだもんね。
GKが1人とか、夜勤明け!とか(笑)

3位に滑り込んだヴィアティン三重
三重の勝負強さは凄いですよね。
そして1か月後の地域CL決勝、伝説の『鈴鹿アンリミテッドVSヴィアティン三重』決戦に繋がっていくところも。。

5日間連続の全社、3日連続×2の地域CL。
気持ちの強さと的確な相手分析&試合采配が求められるこのカテゴリー。
面白いですねー。

Twitter上でどなかたが、

全社はサッカー界のコミケ(コミックマーケット)

と例えてらっしゃいましたが、なるほどな!と思わされました。
色んなチーム、サポーターを一気に楽しめますもん。
行けそうな方はぜひ行ってみてください!!

と言っておきながら10月14日は今治のJ3昇格をかけた大事なホーム戦と被ってくるので今年の全社は行けませんが、中継などあればかぶりつきたいと思います!
頑張れ高知ユナイテッド!
異色の大本命、いわきFCは優勝できるのか!?
土井たくとのいる松江シティ、高橋康平のいるアミティエ京都、他、全チームの健闘を祈っています!
タグ:入団情報
posted by ミライ at 17:37 | Comment(0) | 他チーム情報(愛媛FC以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

2nd stage第5節 VSブリオベッカ浦安

8月16日
2部練習を見学。








ヴェルディサポさんの熱い楠見君&雅臣君&ヴェルディ愛に刺激を受けました。
僕が見たこの日の今治の印象、特に午後ですが
「合宿前の方が全体的にパススピード、もっと速くなかったっけ?あと、球際の守備もっと激しくいってなかったっけ?」
です。
ですが、

・休み明けだから意図的にそこまでギアを上げていないのかな?
・久しぶりの練習見学で、見る側の僕が勝手に期待値とハードルを上げているのかな?(たぶんコレが大きい)
・真夏だもんね(これも大きい)

という思いがあり、あまり口にはしませんでしたが、その後の練習は果たしてどうだったでしょうか。
そして昨日。
試合の感想。








最後のtweetですが、

去年の地決で
MF水谷が鈴鹿の小澤司をマンマークしたように、
DF斎藤誠治がヴィアティンのFW藤牧をマンマークしたように。
ですね。
イメージ的には斎藤誠治選手がしたマンマークが近いですね。
あのときは、相手ボールの時はせいじ君は藤牧選手をひたすら捕まえることに専念し、オフェンスの時はたまに来るボールを軽くさばくくらいのプレーだけでポジショニングを特に求められているわけでもなく、フィールドプレーヤーのちょうど真ん中に立っているのにほとんど攻撃の組み立てに関与していなかったのが今思い出しても面白かったですね。笑。

三ちゃんの場合は細かい動き出しもあるため、せいじくんが藤牧選手に張りついた時と比べるとマーカー自身(32番)の後ろへの抜け出しもケアしながらの徹底マークだったですが、それでも三ちゃんもなかなか前を向けず。。
敵の32番は試合後に監督に褒められたでしょうねぇ。

さて、話を戻すと、三ちゃんこと三田尚希が今治の柱だ!と相手チームに分析されてきたんでしょうか。
何とか乗り越えて欲しいですね!でないと、連続で引き分け、引き分け、引き分けと続いてしまうかもしれないですよ。
6月下旬の天皇杯、ファジアーノ岡山は三ちゃんに対して、

サイドバックとセンターバックの距離を詰めてチャレンジ&カバーを徹底する、カバーがいるが故にサイドバックが速く力強く寄せる

という戦略だったと覚えています。戦略というかそれがJ基準なのかな?ネット視聴でしたが。

そして今回の浦安は「マンマーク作戦」
三ちゃんも今回は自陣方向に降りたり、サイドに流れたり、色々工夫もします。
その時は相手32番が三ちゃんに引っ張り出されるわけですから、そこにぽっかりスペースができていたはずです。
この日の向井君は縦への突破は素晴らしいものがありました。
(向井君がボールを持つだけで観客が沸く感じ、最高ですね☆)

が、その向井くんもですし、他の前線の選手も、三ちゃんがマンマークされることへのフォローだったり、逆にそれによるアドバンテージを利用してやろう(32番が三ちゃんに引き出されるスペースにどんどん顔を出してやろう)という意識はどこまであったでしょうか。
今後も三ちゃんに特定のマークをつける作戦を真似してくるチームがあらわれる可能性は十分あります。こちらも対策を願います!!

その対策の1つを次回の記事で、書きます。
吉武監督が崇拝するベップ・グアルディオラ監督が最近編み出した戦術です。

さて、決定機をことごとくゴール上にふかしてしてしまったのがこの試合。
4,5本は「後は枠に入れるだけや〜ん」というシュートがありましたね。><
今治では、ストライカーがいなくても誰でもゴールを決められるような崩し、相手GKとすら2対1になるような崩し、というのがスタイルです。
監督も動画でコメントしてましたね。
昨日の1点目はまさにそうでした。
FC今治らしい崩し、いま、今治が点を取るならあのショートカウンターの流れが1番得点の匂いがする!
あれはシュートレンジ的にも、ほんとに近距離でした。

それ以外の決定機は、あのゴールシーンよりは少しだけ距離があるシュートでした。
今治の練習、細かくは言えないけれど今治らしくGKと2対1を作るための練習も当然あります。
けど、その最終的なシュートは、昨日の1点目くらいのレンジのシュートが割と多いんですよね。

でも、御存知の通り、昨日の20本のシュート、そのうちの決定機となったシュートのほとんどはもう少し距離のある位置からのシュートなんですよね。
わかりやすく言えば、ペナルティエリアに入るか入らないか、くらいの距離からの。

もちろん、ゴールに少しでも近い位置でGKと2対1を作るオフェンスシーンがたくさん作れたらそりゃ理想です。
しかし、練習の時からペナルティエリアのラインの前後くらいの決定機シュートを磨くトレーニングをしておく必要があるんでないかと思う次第です。
厳しいですが僕の中では決定機を外しまくったのは必然の部分もあると考えています。

ところで、監督のコメントにびっくりしました。
>>この得点後の失点については、ずいぶん前から課題になっており、選手たちも十分認識しているので、問題の本質や解決方法はスタッフ陣にあるのかもしれないです。例えば、得点直後に思い切ってシステム変更やメンバー交代を行うなどの方法です。

「THE頑固」と呼ばれる(嘘です。僕しか言ってません。笑。)これまでの吉武監督が発するとは思えないセリフです。
FCマルヤス岡崎戦を振り返った記事でこんな風に指摘しました。


>>吉武監督の
>>リードを守りきるのかはっきりしない姿勢で
は、ってそれは、「もし選手が迷っているようならば、もしくは迷う前にベンチが決めてあげることでは??」と思ったこの日でした。

と。

だけれども今回、試合後コメントでこんなに自責的に触れてくるとは・・・。
頑張れ吉武さん!とこれまで以上に応援したくなってきました。

最後に、この日はファジアーノサポさんたちと楽しく観戦できました☆
的確な指摘、分析、非常に面白かったですし、
女性サポさんには「向井君=王子」ということを広めてきました。笑。
試合途中から「王子〜!」と叫んでらっしゃったのでとても良かったです。笑。

ヒメコレの2人、暑そうだったなぁ、まぁ、夏だからそりゃ暑いんだけど。笑。


試合中、最後の方は後ろで2人で見ていたけど、メインスタンドの女性軍団のところに誘って混ぜてあげてもいいよね。
あの楽しい雰囲気に入れてあげたら2人にとっても楽しい思い出できて、FC今治のリピーターになってくれるかもしれんやんね、仕事とか抜きに。
また来てほしいですね!
決して自分の目の保養のために言っているのではないですよ。笑。

Twitterでは目隠しして3ショットをあげたけど、ここでは自重しーよっと。
タグ:FC今治 2017JFL
posted by ミライ at 18:43 | Comment(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする