2017年04月30日

0409〜0430。水谷拓磨&野田&向井。

約3週間、空きましたー☆

というか皆さん感じてらっしゃるように、新しいスタッフも入り、事務所移転効果もあるのか?

クラブの発信姿勢が言葉では言い表せられないくらいものすごく良くなった

ので、クラブのことそのものを特に宣伝したり拡散する必要性は以前よりなくなってきましたね☆

青木さんのTwitter速報から気合入ってますもんね☆

後はSNSをやっていない地方中高齢者に対してどうアプローチをかけていくかでしょうか?
最近思うことは、やはり最後は

行政から見て「1民間企業としての存在以上の存在」として認められ、扱われ、接されるようになった時

本当に加速度的に今治に急激に浸透するのかなぁと思います。
ここでの行政からの〜っていうのは、デロイト×スマートスタジアムといったマクロな話ではなくて、1つ1つの小さい普及活動を市が認めるか認めないかっていうミクロな話の積み重ねの話。

色んなところでのクラブやサポーターの普及活動を許可をする/しないは、最後は行政の判断になることが多いですもんね。
去年の市原での地決の時に思ったことでもあります。
今はファン・サポーター・ボラスタ・クラブが一体となってできることから地道にやっていくしかないですね!

ちなみに愛媛FCは動員で今季非常に苦しんでいますが、ある意味「今治」という小さい街をホームタウンにした方が「おらがクラブ感」を持ってもらいやすいところもあるのかな??とも最近思います。

さて、前回更新から何があったかと言えば、

〇 4月16日 away ブリオベッカ浦安戦で今シーズン初勝利!

今治からも結構かけつけて、初勝利の瞬間を目撃できたようです。
公式からYou Tubeで動画もあがっていますね☆



〇 4月23日 天皇杯予選で琉球FCにPK戦

次回は6月の平日ナイターで「ファジアーノ岡山」と対戦。
年休とって見に行こうかなと思ったら、JFATVで放送あるんですね!!
http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/tv.html

〇 4月29日 away 奈良クラブで3−3の引き分け
Twitterを見ていると奈良へは今治サポーターが100人近く駆け付けたとか??



結構熱くなりやすいのかな、今治人!?
凄いなぁ!

という感じでした。

さて、僕はというと4月22日、

沖縄に行かなかったメンバーの練習の様子(地元高校生とTM)を見に行ってきました。

公式戦直前でしたので感想を控えてきましたが、それを少し。
特に気になった選手だけ。

◎ 水谷拓磨の様子がコンディション&テンションがイイ感じでした!

相手が高校生だったから持ち味である彼のアジリティ(敏捷性)が活きたのもあるかもしれませんが、精神的なコンディションも良さそうでした。
元々明るく、みんなから愛されていますが、練習中もしっかり声が出て、終始「いつでも俺は戦闘態勢だぜ!!」というメンタルコンディションに見えました☆

そんな様子が監督にも伝わったのか!?、奈良戦ではいきなりのスタメン抜擢でしたね。
練習を人一倍頑張っている選手が抜擢されてとっても嬉しい気持ちになりました!
奈良に行かれた皆さん、試合での拓磨はどうでしたか??
拓磨、練習は裏切らないぞ、頑張れ!!!!!

◎ 野田樹&向井章人の様子
向井君は相変わらずのキレキレでした。
奈良戦でも出場しましたね。
練習では、目的意識をもって色々なプレーの幅を広げようとしている印象です。
滉大と一緒で、もっと若者らしく遠慮せずフィニッシャー(シュートを打つ役割)に回って欲しいところです。
吉武監督、もっと貪欲にゴールを目指してあげてください!!

野田樹。
元下部年代の代表選手。
練習を2・3月に観た時に

「こいつはモノが違う!」

と思わされました。

なぜなら圧倒的なセンスあふれる縦パス、展開力を兼ね備えていたからです。

が、それだけではJFLでもJリーグでも通じないのだなと最近は感じます。

その理由は2つ。
1つ目は「プレーの継続性
彼を見ていると

「おぉ、そこをスパッと通すか!!さすが!!」

とみている人を唸らせるプレーも多数ありますが、試合全体を通しては技術ミス、判断ミスがまだまだ多いのが現状です。

特にFC今治は、終始ボールをキープして試合を支配しながら相手の穴を窺い続けるサッカーです。
樹君のセンスは間違いないものはありますが、試合全体を通して高いクオリティを保ち続けることができるプレーヤーになること、それが今の彼に求められるかなと思います。

そしてもう1つは「守備スキル」
まず、背は高いのですが、ハイボールへのポジショニング、体の入れ方辺りは見ていて心もとないものがあります。
本人もユース時代から守備が課題と自覚があるようですね。

そして、いつも気になるのが「やや腰高」なこと。
重心が高いまま「フワッ」と相手に寄せるような印象があります。

高校生年代と違い、下からドスンと当たらないと相手に体を入れられてしまうし、彼の足の長さだけでボール奪取できるほど甘くはない世界。

それ以外も含めて、守備スキルは今治の指導者の下で1から作り上げるくらいでやっているのかもしれませんね。
彼が彼の憧れのブスケッツ(スペイン)のような抜群のプレーヤーになるにはまだ月日はかかるかもしれませんが、初めて彼を見た時の「サッカーセンス」を僕は信じていますよ!!

秋には絶対にFC今治を引っ張るプレーヤーになってくださいね!!

そして、FC今治としても水谷拓磨、野田&向井、可児ちゃんといったレンタル組をしっかり鍛えてあげることがクラブの評価に繋がると思います。
ちょっとそこが気になっています、最近。
GWもawayが続きますが、白星をあげて今治に帰ってきて欲しいですね!




H290423桜井.jpg
タグ:FC今治
posted by ミライ at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

第4節まで 今治の4−1−2−3布陣とUAE戦

ファンの感覚としては、

去年、シーズン通して色んなことを試しに試した結果、地決の最後の最後でメソッドを一部放棄して現実的な戦いをして勝利を得た

印象が強く残っていて、

「吉武さんがメソッドにこだわらなければ勝ちに近づきそうなのになー」

って気持ちの人が多くいるようです。
ようです、というか僕の中にも少なからずあります^^;

「左に長島滉大、右に向井章人で真ん中にレニーでえーやん!」

と、個の力を持った3人で真っ向勝負して欲しいという願いがある方もいるようですし、僕も思わなくもないです。(特に後半)

それでも今年も吉武監督はラーメンでいう「バリカタ」並みの固い意思でメソッドをベースにスタメンを組んでくるでしょうし、きっと上の3人でFWを組んだからといってうまくいくほどJFLは甘くないのでしょう。

オフェンスを考えてみました。
セットプレーもですが、やはりサッカーにおいて

「最後の所でゴール前に人数がいないと得点の匂いはしない」

ことは間違いありません。
では、なぜゴール前に人数がいないのか。
何点か分けてみました。

〇 サイドから崩したときのフロントボランチ、逆サイドのワイドアタッカーの動き。

この日本代表のUAE戦のワンシーン。
1491023430819.jpg

・右ワイドアタッカーから崩し(久保=佐保)
・ワントップはニアに飛び込めるし、サポートにもいける位置(大迫=桑島等)
・フロントボランチのうちの1人がダイアゴナルラン(斜めの動き)でファーに流れる(今野=小澤or上村)
・左ワイドアタッカーのがファーサイドから走りこんでくる動き(原口=長島等)

と得点の匂いがぷんぷんする攻め方になっています。
いわゆる「分厚い攻め」。
この布陣のサイドアタックのベースはこうでしょうか。
VS UAE戦.jpg

今治もこんな形をたくさん作りたいですが、なかなかできませんね。

今治は90分間サイドからサイドまでたっぷり使ってDFラインの穴を探しまくるパスサッカーなので、ワイドアタッカーも中に絞ったり、外に開いたりの動きが何回も繰り返されます。
その中で、いざチャンス!という時に逆サイのワイドアタッカーが中に絞ってペナルティーエリア付近でいいポジションをとることが疎かになってしまう時があるのではないでしょうか。
こんな感じ。
FC今治.jpg
個人の感想なんですが、中野圭君の攻撃参加は強力な武器ですが毎回というわけにもいかないはずです。

サイドでボールを持った時、逆サイドのアタッカーはもっともっと貪欲にゴールを意識したポジションを取って欲しいなぁと思います。
(勿論、素人の感想なんで、今でも十分できているのかもしれませんし、複雑な意図があるのかもしれません。)

〇 フロントボランチ
ホントはフロントボランチがリベロを追い抜いてDFの裏を取るプレーやリベロ・ワイドアタッカーとのワンツーパスでするするっと抜け出してGKと1対1を作りたいところです。

でも、「フロントボランチ」って名の通り、守備でも大事なピースを担っているポジションです。

フォーメーション的に3トップのため、FWの選手のうち「2人」が高い位置の、しかもタッチライン辺りにいるんですよね。
もし、フロントボランチがボールを失ったら、ワイドアタッカーの2人は「いちもくさんに後ろに、しかも(ゴールがある)真ん中方向に『絞る』動きをする必要があるんですよね。
もしリスクを冒して攻撃した時にマズイ形でボールを失ってしまい、両フロントボランチもワイドアタッカーも守備に遅れる、となるとリベロも含めて5人が守備に加われないことになります。
そうなってしまうと、かなり致命的なピンチを迎えることになります。

だからさっきの図じゃないですけど、フロントボランチがエリア深くまで侵入する勇気を持ちにくいのかな?
と思ってみてしまいます。
つまり、『失うことへの恐れ』があるとなかなか勇気あるプレーはできないんでしょうか。

※ それとは別に今は各チームが今治対策でDFラインを下げてフロントボランチやリベロに縦パスが入った瞬間に「ガッ」と体を激しく寄せてきてなかなかボールが収まらないのが1番の課題ですね。

〇 リベロ
去年までは

「リベロ(FC今治のワントップの呼称)」が今よりももっと「フリーマン」として自由に動き回っていたように思います。
時としてアンカーのちょっと前まで降りてくる時すら。

リベロがどこまでボールに触るか、ポジションを降りるのか

でたくさんいる強化スタッフ陣の見解も多少異なっていたようであり、「船頭多くして船山に上る」状態で選手が可哀想でした。
アドバイザー、強化事業部長、なんやらかんやら、と豪華スタッフがたくさんいるのは、メリットと共に多少の弊害もあったようです。
でも、今年はその辺りの見解は去年までより統一されてそうで心配なさそうですけどね。^^

その代わり、吉武サッカーの「リベロ」らしさがなくなり、「ゼロトップ」なのか「ワントップ」なのか、ちょっとよく分からない状態になってしまっています。
(そこは「個の力」も関係してくることなので、残念に思っているわけではないですが。)
リベロが降りてきて、相手のマークがかく乱されたすき間をフロントボランチがするするっと裏へ抜け出す、そんなシーンによる今治らしいゴールが待ち遠しいですね。

以上、素人から見た今治ファンの現在のサッカーの感想です。
UAE戦の日本代表はなぜ上手くいったのでしょう!?
ここまでも、ここからも全部素人の僕の個人の感想なんですけど、あの試合も多くの方が思ったのとと同じように「今野選手」が効いていたように思いました。

根拠。
1491023439160.jpg

では!
今治では??
上村岬君も小澤君も「香川真司」的な攻めのタイプ。
そんな相方やチームのために死力を尽くして走り回ってくれるかつゴール前にも泥臭く飛び込んでくれる選手と言えば・・・

おかず!
そう、岡山和輝!

というわけでおかずをスタメンにしたらチームのバランスがよくなるのではないでしょうか?
という結論に至りました(笑)
異論、反論お待ちしています。

明日は天皇杯だよ〜、可児ちゃんの出番もあるんじゃない??
NHK松山で中継もあるよ〜。
今日イオンでのサイン会行った人、お疲れ様でした〜。
タグ:2017JFL FC今治
posted by ミライ at 18:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

第4節 ラインメール青森 その2 個人の話(ワイドアタッカー等)

スタメンはこんな感じでした。
第4節ラインメール戦スタメン.png

予想記事

「三ちゃんをワイドアタッカーに!」

と期待していたんですが、その通りっちゃその通りに。

でも!

三ちゃんをワイドアタッカーに置くなら右サイドでは〜?

って思いました(個人の感想です)

その理由。
FC今治のワイドアタッカーはフロントボランチやリベロ(ワントップの呼称)と頻繁に絡んでいくことが求められます。

その中の1つのパターンとして、

@サイドに張ったワイドアタッカーが真ん中らへんにいるフロントボランチ(orリベロ)にあてる(パスを出す)

Aパスを出すと同時にワイドアタッカーがペナルティエリアの方に向かってラン

Bパスを受けたフロントボランチ(orリベロ)が、走ってきたワイドアタッカーにパスを落とす

Cワイドアタッカーがそれをもらってシュートor鋭いドリブルで切れ込む

という形があると思います。
(僕が草サッカーする時のプレーでも1,2番に好きなプレーでもあります。)

三田君は貴重なレフティーで小柄ながら得点力もあるプレーヤー
彼の得点力を活かすなら、彼を右サイドにおいて、

Bのパスを彼の利き足である左足でそのままダイレクトシュート!もしくはワンタッチで相手をかわすプレー!

が期待できます。

日曜日みたいに左サイドに置いてしまうと、Bのパスを三田君が右足で処理(トラップやシュート)せざるを得ないシーンが増えてしまい、ゴールへ直接向かうプレーの威力が減ってしまいます。
それに日曜日は「思ったより縦方向にドリブル勝負せんのやなぁ」という印象もありましたので余計にです。
これがまだ縦方向に1人で勝負できるならそこからセンタリング、という活躍方法もあるんですけどね。
ぜひとも次は右サイドでのプレーを見てみたい☆

一方、同じワイドアタッカー(右)の佐保君は「屈強な肉体とスピード」で

〇サイドバックの裏を取るプレー
〇タッチライン際の高い位置でボールキープ
〇相手陣に侵入してからの高速センタリング

が持ち味。
(欲を言えば、先日の代表の久保選手みたいな突き刺さるシュートも見たいですが…。)

佐保君を右のワイドアタッカーで出すなら、彼が相手陣まで侵入した時にフロントボランチ(日曜日で言えば岬君)、リベロ(日曜日で言えば良汰)、右サイドバック(日曜日で言えば玉ちゃん)がもっと近くでサポートしてあげたら良いのかなと思います。
そこが足りないがゆえに、相手からボールを奪って

よっしゃ、カウンター気味に右サイドから速攻だ!

って思っても遅い攻めになってしまい、スローダウン
スタンドのファンが

あーぁ、また相手のディフェンスが戻ってきてしまったわぁ

ってため息をつく展開が多いですよね、今のFC今治。
よくありますよね(笑)(´;ω;`)

また、サポートだけでなく、ペナルティーエリア内でセンタリングを待っている選手が足りていないのも原因でしょうか。
それについてはまた後日、日本代表のワンシーンと比較してみます。

それでも佐保君のフィジカルと昨年からの経験値は代えがたいものがあり、次節もスタメンじゃないでしょうか??

そして玉ちゃんのサイドバック起用。
爽君のコンディションと言うよりは戦略的な起用に思えます。
U-17の時に吉武監督がやりまくっていたコンバート戦略を今年もやりまくるんでしょうねぇ。。

さすがに何やらしても器用な玉ちゃん、そこそこにこなしていました☆
でも、「爽君と佐保君の連携」という昨年からの成熟したホットラインを凌駕するほどのコンビネーションは見られませんでした。結果として後半途中から爽君に交代。
(勿論対戦相手のレベルは異なりますが)

前のポジションからサイドバックにコンバートした場合って

自分の後ろには誰もいない

っていうリスクを背負って勇気をもって前に絡んでいくメンタリティが必要だと思います。
ホーム戦ですし、守り重視で玉ちゃんを起用したということは考えづらいでしょう。

その点、左の中野圭君は相変わらずオフェンスにガンガン絡んでいましたが、玉ちゃんはやや消化不良だったでしょうか。

正直言って吉武監督の机上の計算に終わったのかな、と邪推してしまいますが、今後の起用に注目です。

後は小野田君はもう不動のセンターバックですね。
オノがセンターバックの位置からドリブル突破で相手を何枚か剥がした時しか相手のバランスが崩れず、こっちのイイ予感がしないってかなりピンチですよ、今の今治^^;

後は移籍組がやや苦しんでいます。
メソッドの束縛が原因でしょうか?
小澤君、やや存在感が薄くなってきています、頑張れ!
可児ちゃん、もっと頑張れ!
楠美君、さらに頑張れ!

長くなってきたので、少し日をおいて

〇快速ドリブラー向井章人、爆誕!!!!野田樹のデビューも待ち遠しいぞ!

という内容と、

〇「フロントボランチの組み合わせはどれがベスト(っぽい)か」
〇「なぜゴール前に人が足りないのか」

を、先日の日本代表のUAE戦と比べて私見を。
できたら異論、反論、お待ちしております。^^
タグ:FC今治 2017JFL
posted by ミライ at 18:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

第4節 VS ラインメール青森  その0 集客&DJ&サポスタ&サポ交流

4月2日に天皇杯予選こそあるものの、しばしの中断期間に入りますのでゆっくりと更新を。
とりあえずサッカーのことは次回以降に!
先日の日本代表が同じフォーメーションだったので、代表と比較して私見を書いてみるつもりです。

この日の集客は903人


午前中に下部組織の大会が開かれていたみたい(知っていたら見たかった。)
帽子など、お揃いのグッズを買っていた子たちもいましたが何かがキッカケになればいいですね。

ただ、




という現実もあり、特に前半だけで印象を持たれてしまうとちょっとリピーターにはなりづらいよなぁと思わざるを得ない試合内容でした。詳細は後日。
せめて後半の向井章人の快速ドリブルを目の前で見てくれていたら尾道の子どもたちも

俺もFC今治の選手になりたい!

と目を輝かせてくれたでしょうか。
(帰ったのは何か予定があったからかもしれませんけどね)

A この日のDJは岸本ヒロキさんという、去年までファジアーノネクストなどでスタジアムDJをされていた方。

JFLでのDJ経験も豊富ながら、非常に謙虚。




ハッキリとした口調のアナウンスかつ王道スタイルで、実直な人柄が伝わってきました☆
ラインメールサポさんもDJのアナウンスに手を振って応えてくれていたのでホッとしました。

プロ野球の世界でもサッカーでも自己陶酔型のDJスタイルで対戦相手へのリスペクトを欠き、せっかく来てくれたビジター/awayサポに不愉快な思いをさせることでお馴染みの某DJでなく、永遠に岸本さんがDJやってくれたらなぁと思いました。
(※あくまで個人の感想です)
B この日の愛媛新聞で特集されていたように、FC今治のサポートスタッフの集まりは

「Voyage(ボヤージュ)」

という名称だそうです。
ブースで受け付けをする人、場内整理する人、入場者数をカチカチカウントする人etc…。
この日も尾道まで20人ちょっとの方が駆け付けてくれたそうで、おかげさまで快適に過ごすことができました。

(わざわざ並んだ列をもう1度変える必要がないように「シーズンパスの方のゲートはこちらのみ」と可視化してくれたらもっと嬉しい。←小声。)

そして対戦相手のラインメールサポさん。
レボリューションと呼ばれるサポーター団体の方は来られていなかったようですが、
スタンドには実は一定の数、ラインメールファンがいらっしゃったような気がします。

僕の後ろに座っていた女性数名もラインメールのタオマフ巻いてマニアックなサッカートークをしていたので間違いないでしょう(笑)

そして試合後はこんな感じ。




そして、喜んでもらえたようで。






僕自身は何かをしたわけじゃないですが(笑)

そしてその輪はソニー仙台サポにも広がりそうで(笑)



最後に。
行きは皆さん会場の近くでのどこかで尾道ラーメン食べたんでしょう??(笑)

僕らは「味の蔵」ってお店へ。
皆さんは東珍康?起八?餃子館?
どこを選びましたか?^^

尾道ラーメンがあるから尾道へは行き甲斐があるってもんですよねぇ。
じゃぁ、これを今治に置き換えると・・・?
焼き豚卵飯と焼き鳥とお魚ですかね!

可児ちゃんの何でもない後ろ姿で締めておきます。
第4節可児後姿.jpg
posted by ミライ at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

第4節 VSラインメール青森 は尾道開催!

まずは広島県尾道市でホームを開催する際の現実問題から。

http://www.jb-honshi.co.jp/customer_index/guide/ryokin-table/ratelist_etc_e.html

ナビタイムで検索すると、しまなみ海道で

普通車で往復約4500円かかる計算になります。

ガソリン代が往復で1200円かかるとして、

交通費で5700円
前売りチケット代1000円を加えると

6700円

の出費になるわけですね。
出費を抑えるキーワードは「乗り合い」でしょうか。

「乗り合いが気軽にできるようなサポ同士の草の根レベルの交流」の機会

が大切でしょうかね。

さて、朗報。
次の日曜日のホーム戦の告知チラシが既にクラブによって作られていたことが判明しました。
(知っている人は知っていたんでしょうけれど^^;)

第4節 ラインメール戦チラシ.jpg

とりあえず今治市役所に置かれているようです。
日中、市役所にとりに行けない僕はなかなか手に取る機会に恵まれませんが日曜日まではまだ数日あります!

色んな手段で少しでも拡散しましょう!
(HPでダウンロードできたら色んなところで配布できるのになぁ。)

ところでこのチラシによると

ツネイシスポーツアクト

というところがマッチデースポンサーのようですが、全く心当たりがありません・・・。
というわけでググってみたところ、福山市にあるスポーツ振興事業団体のようです。

そう聞くと、

体を動かす系のイベントが何個か開かれたりするのかな!?

という気がして体育バカの僕的にはワクワクしています。
具体的にどんなホームイベントが開かれるかは現時点では全く分からないのでなかなか友達を観戦に誘いづらいところがありますが、

スタジアム外でも「尾道ラーメン」とかきっとあるだろうしたくさん観客が入ればいいですね☆

サッカー的にはどうなるでしょう。
古巣相手に三田君の出場は濃厚かなぁ?

相変わらず、もはや「予想」というよりは「期待」するフォーメーションですが、

三ちゃんと長島滉大を左右のワイドアタッカーにおいて切り込みまくる布陣

はどうでしょう??
第4節ラインメール予想.png

そして、

眠れる獅子「可児ちゃん」と、ほんのもう少しで点に手が届きそうな「小沢司君」をフロントボランチ

で!

現実的には両ワイドアタッカーをドリブラーというのは今治のサッカーでは想像しづらいですが、

三ちゃんはロッベン、滉大は宇佐美貴史or原口元気 くらいに点にこだわって欲しいです!

特に滉大。
ポルトガル留学を経て、崩しからアシストっていう引き出しも前にもまして増やしているみたいだけど。
それは彼自身のキャリア的には凄い大事なことだと思うんだけど、FC今治においては滉大がフィニッシャーにならないとチームのゴール数が増えないと思うのでシュートにこだわって欲しいのです!!!

これから色んな情報が公開されて、尾道に人がたくさん集まることを願っています!!!

タグ:FC今治 2017JFL
posted by ミライ at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする