2017年09月25日

2nd stage 第9節 VSヴァンラーレ八戸(試合)

痛すぎる敗北にもなぜ充実感があるか。

1つは試合内容。そしてもう1つは会場の雰囲気。

今回、市内の運動会と日が被ったことから動員がヤバイんじゃないかという噂から初観戦者3人を連れていきましたが、3人とも「もう1度見たい!家族にも勧めたい!」と言ってくれました。

残念ながら負けはしましたけど、自然と生まれた後半終盤の「拍手応援」、試合後の「FC今治コール」をはじめとする昨日のスタジアムの一体感。

「負けたけどまた味わいたい」「今度は勝たせてあげたい」という声が続出してますよね。

専用スタジアムっていいなって思いました。

ゴール裏もメインスタンドも選手への距離が平等だから、スタジアムに一体感が生まれやすいんですもん。

昨日の感動を味わった人がさらに感動の輪を広げることができたら、一気に今治に「FC今治」が定着するかもしれません!!

応援、運営面にももっと触れたいところですが、まずはこの記事は試合内容だけを振り返ります。

(ティガ―劇場についてはTwitterへ)

ゴール裏南を経験したいという理由でゴール裏南からの視点ですので間違いがあればご指摘ください。


前半。



後半立ち上がり。なぜか今治ペース。

この日はゴール裏からの眺めだったので見落としていたかもしれませんが、両チームが特に何か選手を、作戦をガラッと変えたわけではなかった気がします。

メインスタンドから見ていた方は何かお気づきだったでしょうか??教えてテルミー。
パスのテンポが明らかに前半より良く、なんだか得点の匂いがしだします。
お、そろそろか?とワクワク感が増していきました。

そして先制点。
玉ちゃんのスルーパスに三ちゃんが抜け出して、早めのクロスに良汰がどーん。
前半は割と黒子に徹していた(徹せられていた)三ちゃんが攻撃に絡んだからかな?
(そういう意味では前半はやはり八戸のペースだったと言えるのかもしれませんね。)

あのDFとDFの間をするっと通るパス、あれを通すために機会を伺いながらボールをひたすら回すのが吉武サッカーだと思うんですよね。

そこが全国リーグではなかなか通用せず、今シーズンの得点はシンプルな形からの方が多いですけどね^^;

先制後、オカズを投入。
油断した空気は決してなかったと思うけど、オカズを入れて今治がゲームを支配できたヴェルスパ戦と違ってまだまだバチバチモードが続きます。
その辺り、昇格をかけた上位陣にいるだけあってヴェルスパよりは1枚か2枚上手です。
みんな闘志が凄い。監督も闘将柱谷だし。

そして追いつかれる失点。

僕の記憶では(2失点目と勘違いしてたらすみません)、セットプレーの前の相手の攻撃の時に長島滉大がプレスバック(ポジションを降りながらディフェンスすること)をサボって、牟田君が「滉大!」って叫んだんですよ。

んで滉大が慌ててプレスバックするも相手が前進してきて結果として相手コーナーに。

※向井章人にしても長島滉大にしても、攻撃力はチーム屈指でお見事ですが守備の意識がお粗末。
 原口元気が守備の意識に目覚めたのも20歳を越えてですけどね、しっかりして欲しい。

1本目の相手コーナー。
これは相手の見事なシュートでした。競り合い方がうまかった。

でも逆に言えば、多少強引な結び付けですが、今治の紅白戦や普段TM相手で多い高校生や大学生では味わえないレベルの高さ、という意味では今治の課題が出たとも言えます。

この失点したコーナーの直前にブバを投入していました。
この日のブバ、開幕戦よりは良かったかもですが、あの時間帯の投入はもうゴールをするかしないかで10点満点の0点か10点に別れる起用です。

ブバの起用は意見が分かれるのも分かります。

総合力とスピードに分がある長尾よしきみか、ブラジル仕込みの技術と経験値で思わぬ何かをやってくれるかもしれないというブバ。吉武監督はブバを選びました。

あと、滉大はドリブラーですがどちらかと言えばテクニックで抜くタイプ。

それが通用しなかった時のために、ボールをもってよーいドンのスピードで抜ける向井章人をなぜベンチに入れないかが分かりません。オカズと金子を両方入れる展開ってなかなかないでしょうに。

最後の楠美君の怪我→斎藤せいじ君はやむをえないですね。

決勝点となる失点。
コーチングミスでしょう。
クラッキの弱点。(セービング力はチーム屈指ですよ)
セットプレーのマークの付き方はGKに責任ありでしょ?

その後、追加点を入れられるピンチも、同点に追いつきそうなシュートもありました。

しかし結果は敗北。


相手の39番、去年のJFLの得点王、竹中選手です!
後半のあるシーン、竹中選手がフィジカルを活かして今治の選手を3人くらい吹き飛ばして抜いていくシーンがありました^^;
ありゃさすが。

さて、色々書き連ねましたが、

今治と八戸が共に長所も短所も含めてらしさを発揮し、正面からぶつかり合った90分間!!

ではないでしょうか。

両チーム、クリーンかつ熱く戦いました。

だから、潔く敗北を受け入れられるのでしょうね、今。

そして夢スタ2試合が終わっての感想。

「専スタって素晴らしい!地元のサッカーチームでみんなが一体になれるって素晴らしい!」

です。

最後にティガ―さんがかまぼこ屋を訪れるところの写真★
0925夢スタ上からニノカマ.JPG

本当に楽しい1日でした!!!
posted by ミライ at 18:04 | Comment(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

2ndステージ第7節 VSヴェルスパ大分(の試合)

楽しい様子はみんながSNSにわんさか。
こけら落としそのものの話題は今回の記事ではは全てパスします。

ブログだけ見てくださっている方もちょこっと家族や誰かに協力してもらってTwitterをインストールして(迷惑メールとかは来ませんよ!)、#FC今治 #夢スタ で色んな方のtweetを検索したら良いですよ☆

今回、3局(実質2局)がTV放送をしてたくさんの人の目に今治のサッカーが触れたので「その見方は間違ってるぞ!」とか「ここはこうだろうが!」とか炎上するくらい盛り上がればいいなと思っています。

日曜日の試合を思い出しながら、御振り返りくださいませ★

さて、布陣についてはTV局によって捉え方も違っていて、今治のサッカーを追いかける難しさと同時にその面白さを実感しました★


まずは前半立ち上がり!
ボール支配は今治なものの、ボールを持たされているだけで相手のアタッキングサード(ゴールまでラスト3分の1のところ)まで食い込めず。

仕方なくロングボールで相手サイドバック裏に長尾、片岡、水谷、上村、桑島を走らすも跳ね返される。

これははっきり言って今治がスタミナを浪費するだけで相手ペースのサッカー。

今治が悪い時のリズム

このままだといつものようにどこかでカウンターを喰らって失点もあり得るぞ…と思っていたところで「前半10分、セットプレー」から上村岬君のゴール★

もう写真や映像でご覧になったと思いますが(まだの人は



で)、

ゴール後の観客とのふれあいは「これが専スタだ!」

でしたね。

先制点後は肩の力が抜けたように、今治らしい崩しのサッカーも増えました。




tweetでもあげましたが、右重心の全盛期のACミランのような布陣な気がしました。

@水谷拓磨には左の何でも屋として攻守に走り回らせる。

(この日の拓磨は持ち味の運動量、俊敏性、球際の粘り強さを十分に発揮しました。)

A右の長尾善公にはワイドアタッカーとして極力攻撃に専念させ、片岡爽も高い位置をとって数的有利を作りサイドを支配させる狙い。

桑島良汰も入れたトライアングルでかなりチャンスメイクできていたように思います。

その右サイドの攻撃重視のフォローとして、これまでのセカンドステージの試合では攻撃の中心としてチームの核になっていた三田尚希をボランチ起用

最近の試合では執拗な相手マークに苦しんでいた三ちゃんですが、この日はボランチとして右サイドの長尾、片岡のケア、玉城、上村の流動的な動きへのケアと守備・組み立て面で最高の働きをしてくれたと思います。100点!

このオプションが成功したことは今後に向けてかなり大きい希望ではないでしょうか。

残りの前半、カメラではとらえきれないところの上村岬君や桑島良汰の運動量がいつも以上に凄くてこの試合にかける意気込みを感じましたが、「どう見ても後半最後まで持つ運動量ではないぞ」という懸念も少し生じていました。

先制点後、少しずつチャンスメイクの数も増えるものの相変わらずのもったいないボールロストからのピンチも何度かありました。

相手の決定機も1度ありましたね。ゴール左に外れたやつ。ヒヤッとした。

「このまま前半終わりかな、、後半今治は必ず運動量落ちるだろうし大丈夫か?」

と思った最後の最後。

長尾善公がやりました。

ゴールのシーン、ボールを見ずに、相手DFの3人「7、17、39」に注目したらサッカーの奥深さが分かるかもしれません。

7はラインを揃えてオフサイドをかけたかったのか、17はそれに気づけず下がってしまったのか、39は流れる三ちゃんを追うことをやめて途中で足をとめたのか、7は自分に近づいてきた39に「なに?」と思ったのか、それとも「敵が近くにいるのか?」と思ったのか首を振ります。

その首を振った瞬間!時間にして0.1秒(たぶん)!

善公がいい位置取り、そしてゴール。サッカーの魅力が詰まってます!

時間帯的に最高のゴールでした☆

そして後半。

相手にやられます。

この失点のシーンもサッカーの面白さが詰まっています。

解説さんは、「DFの小野田が相手FWの降りてくる動きに釣られましたね〜」と言っていました。

この時の正解はなんだったんでしょう。相手が簡単に前を向くことができないように小野田がついていって、水谷が小野田が動いて空いたスペースを埋めようともっと真ん中側に「絞る」こともありえたかもしれません。だってエリア内で簡単に前を振り向かせたら、シュート打たれちゃいますもんね?

サッカーって難しい、けど、面白い。誰かに聞いてみよう。聞いてみたい。教えて。

失点後、今治の運動量がやはりストンと落ちます。

これは同点もあり得るぞ…引き分け嫌だー><

と思っていると

59分 長尾→ブバへ交代。

ブバを実戦で初めて見ましたが…You Tubeで見たプレースピードとは程遠くて、解説にバッサリ、スピードに欠けると言われる始末。






攻守の切り替えのメンタリティもちょっと今治の既存の選手と比べると欠けているように見え、今後のスタメンスタートは厳しいかなと思わされました。

フリックパスや足のリーチ、ちょっとした動き出しにはポルトガル1部出身のポテンシャルはありますし、引退したレニーよりは岡田メソッドへの適性もありますけどね。

※ブバへの見方はいろんな見解があるかもしれませんね^^
ブバ投入後もリズムは変わらずゲームの支配率も落ちていきますが、この日はそれでも慌てない。

満員のスタンドの後押しも選手のメンタリティの後押しになったとは思います。

しかしそれ以上に、前半と違ってショートカウンター狙い、とハッキリ切り替えたような気もします。

それはピッチ上で圧倒的なキャプテンシーを発揮した、ムッティこと牟田君の意向か、それともこれまで監督コメントで再三にわたって「リード時のゲームプラン」について迷いを露呈していた吉武監督が今回は明確な指示を出したのか。


>>ただ、1点取られたあと、選手同士が声をかけあって、開き直り、一体感が生まれていく感覚がありました。

とはこの日の監督コメント。

ですがこの試合、自分は今治ベンチのほぼ真裏にいたからこそですが、監督が上村や牟田といったキープレーヤーにゲームマネジメントの指示も効果的に伝えていたように思います。(気のせいかもしれない)

効果的だったのは、73分、

上村岬→岡山和輝の交代。

交代の意図もハッキリしており、その期待に応えた「オカズ」も躍動★★

これぞみんなが大好きなオカズのファイティングスピリット溢れるプレス。

たぶん同じピッチにいる選手たちも、オカズがボールを追いかけている姿見ているだけで「残りの時間俺も頑張るぞ!」って元気を貰えていると思うんだよね。

サイコーだね。


オカズの投入で息を吹き返した今治イレブン★

チームもリズムを取り戻して、3点目の得点シーンへ。

水谷拓磨のカットからドリブルイン、もつれながらも粘り強さでかきだすようにパス。

派手さはないけど、最高のプレー。

ありゃ7割くらい拓磨の点数と言っても良いでしょ

自分も草サッカーではあんなプレーが大好きなんで、最高に拓磨を誉めたたえたいのです。

拓磨は話していても最高に面白くて、最高にいい奴です!

ここでの「奴」は敬称です。みんなから愛されるムードメーカーなんです。


3点目からはさすがにゲームクロージングモード。

そして、、勝利!!

まだまだ課題はありますが、その部分は昨日今日で何とかなる所ではないところ。

他の方の発言でもありましたが、表のMVPは言わずもがな「上村岬」君ですが、裏のMVP、というか真のMVPは「牟田君」でしょう。

圧倒的存在感。

そりゃかつてJでプレーしながら日本代表候補と言われていた逸材ですもん。

山田卓也選手が四国リーグの時に見せた圧倒的な個の強さ。

それを彷彿させました。競り合いでは1回イーブンがあったくらいで後は圧倒的に勝利。

コーチングも半端ない。牟田君がしゃべる、チームが動く、牟田君がしゃべる、チームが引き締まる、そんな感じ。

最強のピースが入りましたね。

もう、目指せ昇格!です。

次の9月18日㈪ VS FC大阪 

次の次の9月24日㈰ VS ヴァンラーレ八戸

大事な2連戦が始まります!絶対に負けられない戦いです!
タグ:FC今治 2017JFL
posted by ミライ at 17:57 | Comment(3) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

9.10夢スタ補足まとめ1 















ヴェルスパサポへの配慮は大丈夫?
P.S ソニャールは神。神猫。
posted by ミライ at 17:40 | Comment(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

9.10観戦ルール

自分がawayや遠方の大会に行く時、だいたい個人的には「最低でもその試合の1つ前の週末」くらいにはイベント情報・観戦時の注意事項を把握して遠征の行程や準備物を決定しておきたい性格です。
皆さんはどうですか?
色んな施設や乗り物の早期予約割引とかの関係もありますよね。
熱心な方は、幕・ゲーフラといった応援グッズの作製などの関係もありますよね。

当日だけでなく、直近の1週間もサポーターにとってはもうすでに遠征の、応援の一部ですよね。
そんなサッカーファン心理に応えてあげられるクラブに成熟していって欲しいですね、今治も。
何かきっかけさえあれば、きっと大丈夫。

9.10だけでなく、9.10までの残り3日間、みんな楽しく過ごせますように。

後はもう願うのみ。

もう、3日前となってしまったけれど、9.10、皆さんどんなルートで来るのでしょうか。

ヴェルスパサポーター様御一行は?
特にヴェルスパさん関係のバスツアーがあるわけではないんですよね??

八幡浜ルート?
松山観光ルート?
しまなみ海道ルート?




当日も、ヴェルスパサポさんが気持ちよく過ごせますように。
もう3日前まで来たら、毎日何かを願ってばっかりです(´;ω;`)

あ、そんなことを書いている間に

9.10観戦ルール

が出ました。
よーく見て、当日に向けて、そして当日、サポーター、voyage、スタッフ、一致団結して頑張りましょう!
http://www.fcimabari.com/news/2017/000704.html

PS.
東海学園大学熊本はこの1週間でFC今治、ヴェルスパ大分両方と試合をしたんですね。
こちらが 9月3日 VS FC今治戦     (2−3)
こっちが 9月5日 VS ヴェルスパ大分戦  (1−4)
ほぼ互角、でしょうか。
今、9.10の試合内容&結果予想を誰よりも正確にできるのは東海学園大学熊本の監督さんでしょうね(笑)

楽しんでもらえるように頑張り、そして自分もとことん楽しんでいきます!
posted by ミライ at 19:43 | Comment(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

2nd stage第5節 VSブリオベッカ浦安

8月16日
2部練習を見学。








ヴェルディサポさんの熱い楠見君&雅臣君&ヴェルディ愛に刺激を受けました。
僕が見たこの日の今治の印象、特に午後ですが
「合宿前の方が全体的にパススピード、もっと速くなかったっけ?あと、球際の守備もっと激しくいってなかったっけ?」
です。
ですが、

・休み明けだから意図的にそこまでギアを上げていないのかな?
・久しぶりの練習見学で、見る側の僕が勝手に期待値とハードルを上げているのかな?(たぶんコレが大きい)
・真夏だもんね(これも大きい)

という思いがあり、あまり口にはしませんでしたが、その後の練習は果たしてどうだったでしょうか。
そして昨日。
試合の感想。








最後のtweetですが、

去年の地決で
MF水谷が鈴鹿の小澤司をマンマークしたように、
DF斎藤誠治がヴィアティンのFW藤牧をマンマークしたように。
ですね。
イメージ的には斎藤誠治選手がしたマンマークが近いですね。
あのときは、相手ボールの時はせいじ君は藤牧選手をひたすら捕まえることに専念し、オフェンスの時はたまに来るボールを軽くさばくくらいのプレーだけでポジショニングを特に求められているわけでもなく、フィールドプレーヤーのちょうど真ん中に立っているのにほとんど攻撃の組み立てに関与していなかったのが今思い出しても面白かったですね。笑。

三ちゃんの場合は細かい動き出しもあるため、せいじくんが藤牧選手に張りついた時と比べるとマーカー自身(32番)の後ろへの抜け出しもケアしながらの徹底マークだったですが、それでも三ちゃんもなかなか前を向けず。。
敵の32番は試合後に監督に褒められたでしょうねぇ。

さて、話を戻すと、三ちゃんこと三田尚希が今治の柱だ!と相手チームに分析されてきたんでしょうか。
何とか乗り越えて欲しいですね!でないと、連続で引き分け、引き分け、引き分けと続いてしまうかもしれないですよ。
6月下旬の天皇杯、ファジアーノ岡山は三ちゃんに対して、

サイドバックとセンターバックの距離を詰めてチャレンジ&カバーを徹底する、カバーがいるが故にサイドバックが速く力強く寄せる

という戦略だったと覚えています。戦略というかそれがJ基準なのかな?ネット視聴でしたが。

そして今回の浦安は「マンマーク作戦」
三ちゃんも今回は自陣方向に降りたり、サイドに流れたり、色々工夫もします。
その時は相手32番が三ちゃんに引っ張り出されるわけですから、そこにぽっかりスペースができていたはずです。
この日の向井君は縦への突破は素晴らしいものがありました。
(向井君がボールを持つだけで観客が沸く感じ、最高ですね☆)

が、その向井くんもですし、他の前線の選手も、三ちゃんがマンマークされることへのフォローだったり、逆にそれによるアドバンテージを利用してやろう(32番が三ちゃんに引き出されるスペースにどんどん顔を出してやろう)という意識はどこまであったでしょうか。
今後も三ちゃんに特定のマークをつける作戦を真似してくるチームがあらわれる可能性は十分あります。こちらも対策を願います!!

その対策の1つを次回の記事で、書きます。
吉武監督が崇拝するベップ・グアルディオラ監督が最近編み出した戦術です。

さて、決定機をことごとくゴール上にふかしてしてしまったのがこの試合。
4,5本は「後は枠に入れるだけや〜ん」というシュートがありましたね。><
今治では、ストライカーがいなくても誰でもゴールを決められるような崩し、相手GKとすら2対1になるような崩し、というのがスタイルです。
監督も動画でコメントしてましたね。
昨日の1点目はまさにそうでした。
FC今治らしい崩し、いま、今治が点を取るならあのショートカウンターの流れが1番得点の匂いがする!
あれはシュートレンジ的にも、ほんとに近距離でした。

それ以外の決定機は、あのゴールシーンよりは少しだけ距離があるシュートでした。
今治の練習、細かくは言えないけれど今治らしくGKと2対1を作るための練習も当然あります。
けど、その最終的なシュートは、昨日の1点目くらいのレンジのシュートが割と多いんですよね。

でも、御存知の通り、昨日の20本のシュート、そのうちの決定機となったシュートのほとんどはもう少し距離のある位置からのシュートなんですよね。
わかりやすく言えば、ペナルティエリアに入るか入らないか、くらいの距離からの。

もちろん、ゴールに少しでも近い位置でGKと2対1を作るオフェンスシーンがたくさん作れたらそりゃ理想です。
しかし、練習の時からペナルティエリアのラインの前後くらいの決定機シュートを磨くトレーニングをしておく必要があるんでないかと思う次第です。
厳しいですが僕の中では決定機を外しまくったのは必然の部分もあると考えています。

ところで、監督のコメントにびっくりしました。
>>この得点後の失点については、ずいぶん前から課題になっており、選手たちも十分認識しているので、問題の本質や解決方法はスタッフ陣にあるのかもしれないです。例えば、得点直後に思い切ってシステム変更やメンバー交代を行うなどの方法です。

「THE頑固」と呼ばれる(嘘です。僕しか言ってません。笑。)これまでの吉武監督が発するとは思えないセリフです。
FCマルヤス岡崎戦を振り返った記事でこんな風に指摘しました。


>>吉武監督の
>>リードを守りきるのかはっきりしない姿勢で
は、ってそれは、「もし選手が迷っているようならば、もしくは迷う前にベンチが決めてあげることでは??」と思ったこの日でした。

と。

だけれども今回、試合後コメントでこんなに自責的に触れてくるとは・・・。
頑張れ吉武さん!とこれまで以上に応援したくなってきました。

最後に、この日はファジアーノサポさんたちと楽しく観戦できました☆
的確な指摘、分析、非常に面白かったですし、
女性サポさんには「向井君=王子」ということを広めてきました。笑。
試合途中から「王子〜!」と叫んでらっしゃったのでとても良かったです。笑。

ヒメコレの2人、暑そうだったなぁ、まぁ、夏だからそりゃ暑いんだけど。笑。


試合中、最後の方は後ろで2人で見ていたけど、メインスタンドの女性軍団のところに誘って混ぜてあげてもいいよね。
あの楽しい雰囲気に入れてあげたら2人にとっても楽しい思い出できて、FC今治のリピーターになってくれるかもしれんやんね、仕事とか抜きに。
また来てほしいですね!
決して自分の目の保養のために言っているのではないですよ。笑。

Twitterでは目隠しして3ショットをあげたけど、ここでは自重しーよっと。
タグ:FC今治 2017JFL
posted by ミライ at 18:43 | Comment(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする