2016年05月26日

本田のSVホルンと岡ちゃんのFC今治がオーストリアで7月に対戦〜何人連れていくだろう?間際の選手たち〜

本田のSVホルンと岡ちゃんのFC今治がオーストリアで7月に対戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000085-nksports-socc

久しぶりのビックニュースなので、それに乗じて何を書こうかと

30名近くを抱えるFC今治。
体制発表から追加メンバーも入り、高卒の地元選手は「育成枠」的な要素はあるものの、人数は予定より膨れ上がっているのが現状です。


注目の空いている背番号10は、夏ころにサプライズ補強があるのでしょうか?
去年の山田卓也選手、市川選手を超える現役バリバリの選手が補強されると地決も面白いですねぇ。

さて、今回のオーストリア遠征、

いったい何人連れていくんでしょう??


全員??旅費は??

と地域リーグのアマチュア選手の財布を心配してしまいます。
SAP持ちなのかな?

まぁでもだんだんと冷静になってみると、、、

大口スポンサーもいるし、岡田さんのポケットマネーもあるし、せっかくの機会だから全員連れていくよね!

と思うようになってきました。

さて、今日の記事の書き始めのテンションでは「半分くらいしか連れて行かないのかなぁ」と思っていたので、話題はベンチ入り争いについてです。(笑)

その中でも2、3年目選手たち。
小野田君は類まれなるサッカーセンス、特に攻撃センスで20歳の若武者ながらレギュラー・ベンチに欠かせない存在になってきました。
課題の守備やメンタルの部分も、長所の部分が躍動してきたこともあって自然と解消に向かっているというか、いい成長曲線を描けているような気がします!!

桑島昂平君はドリブルに個性があり、ベンチスタートが多いものの、何とかジョーカーとしてベンチ入りをキープできています。
高い女性人気を考えても、もう1段飛躍してほしいです!

ドリブルのキレ自体は最高なので、オフザボールの時の動き出しやポジショニング、瞬発的なアジリティ(敏捷性)・キレが上がればなぁと思いますが、地道なトレーニングでまだまだ伸ばしてほしいところです。
本田圭佑も20代中盤や後半でアジリティ伸びましたからね!!!がんばれ!!!

土井君。
あの超有名陸上選手と同じ血を分けた同じ遺伝子だけあって、さすがのスプリントです。
前節の途中交代、あれは、戦術的交代というよりは代えられてしまったのじゃないかなぁ・・・?

監督から「狙え!」などと試合開始からずっと指示を受けていたけど、いい形をあまり作れなかったからなぁ・・。
もっとダイアゴナル(斜めの動き)や相手の裏を突くウェーブやニアへの飛び込みを盛んに見せてほしかったなぁ。
降りるプレーを何度か見せていたけど、そこは無理に土井君が後ろ向きの体勢で降りてこなくても、他の選手がそこに入ってきた方が効果的なんじゃないかな、土井君はその後のフィニッシュにつながる動き重視の方がいいんじゃない?
芝のコンディション的に君のスプリントを期待されて出されたんじゃない?

と見ていて思っていました。
明るいキャラクターが魅力的な土井君ですが、
この日の交代は悔しく思ってほしいです。

試合後はファンや周りのために切り替えようと思って普通に明るく努めていたのかもしれないけど、

自分への怒りに立ち上がれない、震えが止まらないくらい悔しさを感じてほしいなぁ

と思います。
もちろん、振る舞いとは別に、心の中ではそう思っていたかもしれないし、

悔しさを噛みしめるのも、がらっと気持ちを切り替えるのも一長一短、本人にとって何がベストかは神のみぞ知るところ

ですけどね。
でもやはり、今回の途中交代は彼の今後のサッカー人生を賭けて悔しく思い、練習への糧にしてほしいです。

高橋康平君、乙部君。
2人ともテクニックのあるいい選手です。
高橋康平君は小野田選手の成長と上村君の技術に押されている感が出てきましたが、サッカーセンス・テクニックだけではチームトップのものを持っています。

高橋康平君も小野田君も、「とにかく優しい」んですよね。
やはり、スポーツ選手は

「ガツガツした、俺が俺がの要素」

が必要なのかなぁ・・・と彼らを見ていると思ってしまう時があります。
新加入した不動のレギュラー

岡山君、上村君、桑島良汰君なんて「ガツガツの肉食系」ですからね、根っからの。
男くさすぎるくらいに(笑)

前節をもってシーズン前半を終えました。
もしJFLに昇格となるとさらにクオリティの高いプレーが求められます。
今のメンバーにはこの半年、サッカー人生を賭けて、来シーズンのピッチに立てる権利(契約)をもらえるよう、怪我にも気を付けつつ頑張って欲しい!!!!
posted by ミライ at 17:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | トレーニングマッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

0321TR&決意表明・ファンとの交流会 そのB 不安点

さて、明日は某所でFC今治のキックオフパーティです^^
非常に楽しみです!!

参加できるには一応条件があるので悪しからず・・・。

さて、日曜日のトレーニングの感想第3弾です。

GKは今川選手が故障で、岩脇選手が当確ですね。
セービングが持ち味です。
反射神経は見るからに良かったです。

声も通るし、ムードメーカー的な役割からファインセーブで試合の流れをこっちに持ってくる役割もできるでしょうし、ハーフタイムのコーチングや盛り上げ役も期待したいところです!!!

DF
あまり細かく言いたくないですが、、「不安」です。

金井選手、中野選手がCBのオプションも確かめていました。
というか、金井選手がCBのオプションはかなり確率が高くなりそうです。

要は、田野選手の力、コンディション次第・・・ですね。

結成当初、
CBの大卒ルーキー宮本選手の成長がカギを握る!と言いました。

が!、今となっては田野選手も同様です。

本来なら左から

金井・宮本・田野・中野(片岡)

が理想なんじゃないでしょうか。
ま、僕の意見なんで・・・実際はどうなんでしょうか。
ちなみに中野選手と片岡選手では、僕の感覚では中野選手に一日の長があるかなぁという印象です。

開幕戦のスタメンはどうなるでしょう。
そして、

シーズン開幕1,2か月後には田野選手がチームに欠かせない存在

とならないと、今シーズンのJFL昇格は厳しいんじゃないか、とすら思います。

MF・FW陣は楽しみです。
これまた私見ですが

真ん中に  岡山・桑島良汰
左に    桑島昂平
右が    佐保と乙部の争い??
トップ下に 上村
トップに  長尾

でしょうか。(敬称略)
まだ上村選手のプレーを対外戦で見ていないので何とも言えませんが。

サイドはウィングという扱いから、

「ボールロストの時のディフェンス」

これが開幕戦の観戦ポイントになります。
さぁ、楽しみだ!
そして明日はキックオフパーティです!!

posted by ミライ at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニングマッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

0321TR&決意表明・ファンとの交流会 そのA チーム力の全体的な感想

その@の続きです!

練習では最初のウォーミングアップの後は数グループに別れての練習でした。
今日はファンとの交流会の日だったので割と見栄えのする練習構成にしたのか、普段からこういう傾向なのかは僕は分かりません。

どういう練習の見方をしようかなと考えたけど、

上村選手がいる中盤グループに絞って


見ることにしました!
感想は・・・上村選手は

さすがJ1選手の精度・安定感

でした。

が!意外とFC今治の他の中盤陣も負けていなかったような感じです。

今年の大黒柱、十分Jクラスの実力あるんじゃない?と僕が思っている桑島良汰選手なんか特に。


堀江選手はテクニシャンだし、岡山選手もいいし、中盤陣の選手はいずれもテクニックがある選手ばっかりだし、実戦でこそ上村選手の良さははっきりと映るのかな??
練習は上村選手のグループを見たので、他の選手は紅白戦で申し訳ない程度に見た感じです。

その中では、菅原選手、佐保選手、坂本選手、竹本選手、田野内選手、桂選手など他にも初めて見た(初めて良く見たも含む)プレーヤーもいました。
その中では、

坂本選手のガタイの良さ

佐保選手のイケメンぷり(笑)

が印象に残りました。
坂本選手はボランチかそれともCBか、いずれにせよ見ているだけで楽しみな雰囲気(オーラ)や体格をしています。
正直なところ、
新チームに入って何度か練習やTMを見てきて、この日初めてよくプレーを見た選手も結構いましたが、

強烈な印象が残った選手はいませんでした・・・。
ちょっと残念でした。

強いて言うなら、佐保選手は技術もフィジカルも結構よかったかな??

以前から推している、岡山選手、2人の桑島選手はやはり目立っていたし、

金井選手、宮本選手、中野選手も安定してるし、

長島選手は堂々とプレーしていて、今後の伸びが期待できるし。

長尾選手はさすがの技術と連携っぷりだし。

スタメンは難しいかもしれないけど、小野田選手と土井選手は

昨シーズン終盤の離脱の悔しさ

をはらしてやろうという熱気がムンムン出ていて、試合途中のジョーカーとして試合の雰囲気を変えてくれそうな感じです。
2人ともアタッキングに特徴がある選手ですしね!

今回はチーム全体の感想になりました^^;
それぞれのポジション、ライン、フォーメーション、戦術あたりを考えてみます!!
posted by ミライ at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニングマッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

0321TR&決意表明・ファンとの交流会 その@全体的な感想

良かった

です。
この日見に行けて。

トレーニング的には、

ポジション別の異なったパス練習

が勉強になりました。
中盤陣はFC今治らしい、ワンタッチパスで。
詳細は隠しておきますが。

あと、基本練習のところで縦パスに対して足の裏を使ったターンの指導があって、

そこで疑問を持った僕は練習終了後の交流会でスタッフに質問をぶつけて色々教えてもらいました。

詳しくは言えませんが、

状況によって、色々なターンがある

ってことで大変勉強になりました。
冒頭で「良かった」と言った1つ目は、こういうトレーニングの疑問点、をスタッフにぶつけることができたことです。
他にも練習の組み立てや、フィニッシュのトレーニングについての考え方をいっぱい教えてもらいました。

他の一般のファンの方が選手やオーナーと写真撮影をしたりサインをもらってキャッキャしている間に(笑)
そんな変人は僕だけだったかな(笑)

そして何より「良かった」のは、
練習前後、交流会、交流会前後で

クラブの人と色々話せたこと

です。
本当にいい機会でした。

色々は色々ですが、クラブがもっと良くなっていけばいいですね、という「ブレインストーミング」であり、「ディスカッション」です。
クラブのスタッフは勤勉で精鋭部隊ですが、それでも完璧な組織なんてないものだと思うし、こういう機会を通じてお互いに、経済学で言うところの

「補完」

ができたら最高だなと思いました。

来週のキックオフパーティでもいい機会になればいいなぁと期待しています。

チームのサッカー的なことはまた後日。
3か月間の悲願の念願の上村岬選手も見れましたし(笑)

それでは写真で締めていきます

練習前クラブハウス前.jpg
練習前のクラブハウス。

紅白戦.jpg
紅白戦

決意表明ファンの前.jpg

集合写真をとる風景斜めから.jpg

集合写真をとる風景.jpg

See you!!
posted by ミライ at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニングマッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

TM(VSベルマーレ)、今日は清水とTM、新加入で高卒選手の発表もDF陣がやはり不安である。

昨日はJ1のベルマーレとTMがあったようで。
Twitterを見てると@nanajiro_10 様が観戦の様子をUPされていました。
結果は以下の通りです。
vs 湘南ベルマーレ @馬入公園グラウンド
【スコア】
2-1(1-0、1-1)
得点:45分長尾、62分長島
失点:66分ベルマーレ
【スタメン】
1岩脇 2片岡 3金井 4岡山 5宮本 6中野 7堀江 8上村 9長尾 18桑島良 20小野田
【サブ】
11桑島昂 14長島 16高橋 17土井 21今川 26佐保 29竹本 31福山

今日は清水とTMをするようですね。
さて、ベルマーレ戦のスタメンを見ると、

SBに片岡、中野選手

CBに金井、宮本選手

という組み合わせでしょうか。
岡山選手がSBで中野選手がボランチもありえなくはないか。どうでしょう。
普通に考えたら岡山選手はやはりボランチかな。

CBについては、これまでのTMの結果発表を見て、「あれ?金井選手、CBで出たのかな?」と思うことがあったのですが、おそらくそういうことだったのでしょう。

金井選手のCBっぷりを見たことがないので、ぜひ見てみたいなぁ、早めに!!!

田野選手の調子やコンディションの兼ね合いもあるし、シーズン中の故障に備えたオプションでもあると思いますが、色々と今のうちに試しておいてほしいです!

新チーム結成直後から、僕の中で今シーズンのFC今治は

DF宮本選手の成長がJFL昇格のカギを握るだろう!!

と唱えてきました。
(その記事を探したけど、見失った^^;)

他にも、DF陣の層の薄さは大丈夫??ということで取り上げたこともあります。
http://fcimabari-supporter.seesaa.net/article/433366202.html

そんな中、先日、公式から高卒の新入団選手の発表がありました。

ネットを漁ると、高校時代はほぼストライカー。
スピードで切り裂くタイプ。

坂本選手のチームメイトだった選手です。
坂本選手やその指導者からのネットワークで受験になったのでしょうか。
http://www.fcimabari.com/news/2016/160027.html

公式の発表だと「DF]として獲得になっています。
そうだとしてスピードタイプということは、SBになると予想されます。
そうなると、愛媛FCユース出身の田野内選手と丸かぶりの「ライバル」ですよね。
高卒選手ですが、この時期の発表になったのは大学受験の兼ね合いなのかな。
SBとして育てるということでとったのでしょうか。
どこまで育つでしょうか、不安でもあり、楽しみでもあります。

田野内選手にしろ、竹本選手にしろ、金井選手がCBに入るオプションの時に

俺がサイドバックで出るんだ!!!!

と思って練習してもらって、シーズン終盤ころには活躍してほしいところです。

DF陣については思うことがあります。
経験豊富なバリバリの選手という意味ではJFL出身の「金井選手」をとっていますが、

他にも契約間近な有望選手が実はいたのじゃないか、

と。
今回、竹本選手を獲得はしたものの、やはりDF陣への不安は残ります。

だから、宮本選手への期待は高くなります。
そして、田野選手もまだJFLから来た実力を100%は発揮できていないような気がします。
それでも、

きっとこの静岡遠征で一皮むけていますように。。

と祈って、首を長くして帰りを待とう

と思います。
posted by ミライ at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニングマッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする