2016年08月27日

バリチャレンジユニバーシティ 地方都市民の心は繊細なのよ。

ブログ開設以来初めて携帯から投稿。
それほどのモヤモヤ。
バリチャレンジユニバーシティの一般向け講座。
僕だけなのかな?

途中の質疑応答でコアサポの今治市民がいった、厳しいと思いますの一言。
ズシリときた。
この日講座に来た今治市民は岡田さんというクレジットを藁にもすがる気持ちで信じている人たち。
きっと将来、今治を明るくしてくる、と。
基本的にすべてクラブを信じている。
でも、いくつか不安もある。
その不安の要素を解決してくれる切り口があるかな、と思ったけど、約五時間、著名な講師計10人くらい?の話を聞いたけど。
ほとんど、そうじゃないよね。
全国の、これから地方創生に関わっていきたい全国から来た若者向けにはいい話でしたよ。
百点満点以上ですよ。
だから、今回のテーマ的にはすごく良かった。
企画の最優先の目的を達成している。
『いやー、うまくいきましたねー』と打ち上げをしても良いと思う。

でも、この日来場した、FC今治とともに今治の発展を願っている市民にとっては?


どう、今治に文化を根付かせるの?
どう、交流人口を開拓していくの?

東予圏における地域性の違い、本州とは違う交通インフラ、所得問題、既存の文化との折り合い、県庁所在地ではない地方都市クラブとしてマスコミとの折り合い

ちょっとよぎるだけでも。あくまで例。

明日の発表会では若者たちの素晴らしい発表があるのかもしれないけど、今日、今治への愛を感じたのはかろうじて地元出身の青野さんくらい。
まぁこれは仕方のないことかもしれないけど。(少し冷静になってきた)

厳しいと思いますに込められた
今治市民の思っている不安点を解消する踏み込んだヴィジョンや他の地方のプロスポーツクラブのやり方や地方創生案の実践例。
それを聞きたかったよ。
ほんの少しでも。

心の豊かさの大切さはもうだいぶ広まったでしょ(まだまだかな?)
具体的なハウトゥーをそれぞれの専門家たちの境地から聞きたかった。

今治市民でFC今治に関心がある人も、紙一重なところで関心保っている人多いですよね。
見放されないうちに。

なんか講師の人たちに、今治市民の(=四国の田舎都市民の)センシティブな感情が伝わってないような感じだった気が。
いや、どこの地方でもそう変わらないだろうから、そんなことはないか、どうだろう。

みなとでの、市民の意見を色カードで共有したのは良かったけど、全員の意見が見れるようにスクリーンに投影できなかったかなぁ。。これは商工会議所側の話だけど。岡田さんにも、kj法みたいにまとめないと分かりづらいよって指摘されてましたね。

要約すると、まぁ途中でも言ったように、テーマの目的は達成されているのは間違いなく大成功万々歳の企画だったけど、今治で開かれた市民講座なんだから、もうちょい踏み込んで欲しかったな、ってことです。

そこまで求めるのはワガママと言われるならば受け止めます。

さぁ、明日は丸亀でカマタマーレ戦。
これない人BSで中継あります。
posted by ミライ at 20:16 | Comment(7) | TrackBack(0) | サポーター・応援・企業関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

FC今治の応援・運営〜サポーター獲得論3(個人的見解につき)〜

1つ目の話題。甲子園。
松山聖陵、惜しかったですねぇ。
180球近い熱投、アドゥワ君の肩にダメージが残らなければいいんだけどなぁ。
控えの笹木君もいい投手なんだけどね。

だいたい誉めて誉めての甲子園の解説には珍しく、試合途中に解説者がキャッチャー稲葉君のリードに

「無駄球が多くて野手のリズムが生まれない、球数が重なる」

苦言を呈していましたよね。
これ、後だしじゃんけんのように捉えられたくはないけど、

僕も生観戦した県予選でかなり思っていた

ことだったんですよね。
試合中に「うーん。。」と。
「そのリード、予選ではギリギリ通じても全国では?」と思っていたことでした。
いや、稲葉君は打撃も肩もキャプテンシーも高校級を越えたものを持っていると思うんで、これからにもホント期待してる!!

話題2つ目。
FC今治は14日(日)に夕方4時からホーム今治で四国リーグ(VSアルヴェリオ高松多度津FC)を約2か月ぶり(!)に開催します。
(追記訂正 アルヴェリオ高松ではなく、多度津FCでした、フォロワーさん、ありがとうございます!)

夏休みにどれだけ集客できるか!!

と鼻息荒いスタッフさんたちだと思うけど、ちょうど甲子園では

横浜高校対履正社高校の試合が15時30分開始予定

なんですよね。
事実上の決勝。決勝戦レベルの試合と言われています。
高校野球LOVEな今治市民なら自宅でクーラーのかかる部屋でこの試合をまったりTV観戦という方も多そうです。

「FC今治の試合見に行くつもりだったけど、横浜対履正社は見逃せんでぇぇ」という野球好きのおじちゃん・おじいさん層の声が聞こえてきそう

です。
午後4時キックオフの今治の試合。
アマチュアだからナイター開催なんてまだまだ先のカテゴリーの話で、ギリギリ調整して午後4時キックオフ。
午後3時ころならまだ日差しがキツイだろなぁ。。

何人集まるでしょうか?
個人的には時期的に世間は夏休みということで

「家族連れ」「3世代」「帰省した学生」をキーワードにした集客戦略(イベント等)


が面白かったんじゃないかなぁ。とは思ったり。
例えば、市外・県外の学校の学生証を見せた人にはステッカーをプレゼントとか、孫・親・祖父or祖母の3世代で来ると何かのサイン入りグッズをプレゼント、とかね。
まぁ、そんな湯水のようにプレゼントを上げるわけにはいかないかもだけど。
(ステッカーの原価っていくらだろう)

でも!限られた時間とスタッフさんで今回の今治市医者会による「イオンドリンクの無料提供」などは魅力的な取り組みにこぎつけれたと思います!!
これで熱中症の心配はないですよ、きっと
観客の安全を保証って1番大切なことですからね!
スタッフさんに感謝しましょう☆☆

まだ何人集まるか予想つかないところが、ある意味面白いところでもあるんですよね。

1000人?1500人?2000人?2500人?

皆さん、どれが近いと思いますか??
予想を立てて来場してみてください!!!!

3つ目。
ホントはメインの話題にしようと思ったけど、長くなってきたのでシンプル気味に。
前回の天皇杯決勝、

松大の応援は松山北・松山工業・東温の高校生、今治の応援は桐蔭高校、今治西の高校生

が加わっていたんですよね、確か。

8月28日の天皇杯のカマタマーレ讃岐戦も今治の中学や高校が応援団として来てくれたらなぁ

とは思うけどどうでしょう?
そういうことを大事にしてみては!!
要は今治の学校のサッカー部の顧問が練習試合を香川県で組んで、ついでに今治の試合を観戦!って流れにすればいいんですよね。

まぁ、遠征費かかることだから気軽にはできないけど、そういうのを気軽に部活の顧問にお願いできるネットワークが大切!!

この夏に愛媛FCや高知ユナイテッドの試合を見て思ったのは、今治の応援は伸びしろの塊ってことです。

個人的な持論としては「とにかく馴染みやすい雰囲気・チャント」が大事かなぁ、、、と。
今治のチャントで市民が1番口ずさんでいるのは「今治レボリューション」(今治市出身のsuperflyの魂レボリューション)だと思います。
代表のチャントや宇佐美貴史みたいな有名なチャント、その他馴染のあるメロディ、、今治・愛媛県民にとって馴染のあるリズム、チャント・・・それが声を出しやすいと思うんですよね。
「八幡さんの神主がおみくじ引いて〜」(今治の高校野球や広島カープで「宮島さん」というテーマで使われるやつ))とかいいと思うんですけどね。


愛媛FCはこの前、「アメリカンシンフォニー」(高校野球のブラバンの定番曲)をモチーフにした応援をやってましたよ。
日曜、松大は今治相手に

「タレより松大〜」ってカマタマーレ讃岐もやってる(https://www.youtube.com/watch?v=I-PSs8JtQFI)チャントやってきたんで、(あれってタレって言ってたよね??)

それに対抗して同じチャントで「○○よりタレ!」ってやり返すくらいの日がいつか来たらいいなぁ。。
(松大って特にシンボル的な要素がないから「松大よりタレ!」でいいと思う)

後は高知も松大も太鼓が響くから、スタンドに「雰囲気」ができるのがいいですよね。
まぁ太鼓ってのも置き型とか持ち運び型とかいろいろな事情があるみたいですね。

あと、今治は流れるようなメロディやチャントが多いと思うんだけど、ゆっくりのリズムの、「間」がある重みのあるチャントというか掛け声もあれば面白いかな?

愛媛FCもあるし、結構一体感出ていいと思うんですよね!
「アレアレアレ〜」につながる前のセリフっぽいやつです、分かります?(笑)
「お〜れ〜たちのえひめ〜」もいいですね。

いつも重々重々重々言っているように、応援団の人には頭が下がる思いでとうてい僕にはできない、という気持ちの上での「個人的見解」です。ここ大切!
揚げ足とらないで(笑)

僕は御託だけ並べて申し訳ないけど、、スタンドに一体感が出ることを願っています!!!!
では日曜日の夕方!!

次回、カマタマーレ讃岐戦に向けて。
posted by ミライ at 15:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | サポーター・応援・企業関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

BARI CUP 2016 FC今治などによる下部組織の国際大会〜サッカーを通じて国際人へ!〜

BARI CUP 2016 supported by ユアサM&B株式会社
http://www.fcimabari.com/academy/baricup_2016.html
が開かれています。
7月18日から8月25日までの間です☆
もっと取り上げられて欲しいし、もっとみんなにも関心を持って観戦に行ってほしいですね。

ま、ユースチーム(FC今治にはない)位になると、「卒業後、トップチームに入るのかも?」という目でみれるんだろうけど、それより下部組織となると自分の子どもでもない限り関心持ちにくいのかなぁ。。。

下部組織こそ岡田メソッドの真髄がしみわたっているでしょうし、トップとの一貫っぷりに注目してみてみたらまたサッカー観が広がると思いますよ!

豊島会長のコメント(公式サイトより抜粋)
>>注目されるのはU-12・U-15の2部門で、JFAに公認された国際サッカー大会です。U−12は、8月3、4日の両日、国内16チーム、海外から中国、台湾、韓国から各1チームが参加します。U-15は、8月24日、25日の両日、国内12チーム、海外から中国、台湾、韓国、マレーシアから各1チームが参加します。この他、U-10・U-13・レディースの各部門でも県内外からたくさんのチーム・選手が参加して試合のほか、様々な楽しい取り組みが予定されています。

レディースが8月9日、10日
U-15が8月24日、25日ですよ☆

ぜひ行ってみてください

選手たちにはこの機会を大切してね!!

と言いたいです。
違う国の選手とスポーツを通じて触れ合うっていうのは

本当に感動!!

です。

というのは、愛媛県はかつての「えひめ丸事故」をきっかけにハワイ州と国際交流少年野球大会を毎年しているんですが、10年ほど前にその大会のボランティア通訳をしたことがあって、その大会期間中の子どもの変化というか成長に感激した覚えがあります。

話せば10分くらい感動的な話をできるんですけど(笑)、簡単にまとめると

大会初日のレセプションパーティーでは会場の大部屋の端っこにたむろして

「だるい、なんでこんなんやらないかんの」

と言っていた愛媛代表側の中学生の集団。
歓迎の挨拶でも、ハワイ側の子どもは一生懸命覚えた日本語や伝統文化のパフォーマンスを披露しているのに対し、愛媛側の中学生代表は日本語、しかも紙切れに書いたのを棒読み。。

そんな愛媛の中学生球児たちが大会最終日になると、空港のロビーでガラスにほっぺたをつけて涙を流しながらハワイ代表チームとの別れを惜しんでいたんですよ!!

これだけで感動でしょ?(笑)
その過程が気になる人は、スタジアムで僕に声をかけてください(笑)

というわけで、参加者の選手たちや保護者、スタッフは「国際感覚」も身につけて、目標を世界に置いてほしいですね!!!!
posted by ミライ at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポーター・応援・企業関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

サポ獲得論2〜女性サポがやっぱり・・?〜

高校野球は松山聖陵が優勝を飾りました。
まぁ、ベスト8チームが揃った時点で力量的にそうなる予感はしていたけど、甲子園でアドゥワ君旋風が起きてほしいですね。
(三振を獲るタイプじゃないから、1,2試合の登板ではスターにはなれないでしょうが・・・)

昨日の準決勝も見応えありましたよ☆
今治北の一糸乱れぬ応援、素晴らしかった。
東温スタンドはカタリナ戦の方がもっと燃えてたような気がするけど、どうだったでしょう!?

満足感があったわけではないと思うけど、今治北も東温も来年以降は「優勝」を目指して選手もスタンドも熱くなって欲しいです。

さて、8月7日までは試合がなく、オフのイベントもぼちぼち終了しました。
リツイートはしたのだけど、高知ユナイテッドも高知のイオンモールでイベント開くみたいですね。

どんなイベントにしているのか、今治の参考になるといいですよね。
新人研修も兼ねてスタッフの中川悠美ちゃんに見に行かせてみてはどうでしょう??

本題ですが、サポ獲得論です。
先週、愛媛FCのことに触れながらサポ獲得論を書きました。ここ

そこで、
>>昨日は「中高生無料デー」だったんだけど、それとは別に最近のシーズンを見てて思うこととして、、
愛媛FCは女子高生・大学生ファンをうまく開拓できているなぁ
と最近思います。
やはり現代は、
若い女性を顧客としてリピーターに繋げることが1番のビジネス
だと思います。

と書いていたんだけど、これは完全に僕のフィーリングで書いていたんですよね。
そしたら昨日、tweetで

http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-6863.html

のサイトのことが流れてきました。
要は、

愛媛FCは観客動員で苦しんでいる割に、女性ファンの比率は高い!

ってことです。
面白いデータですね。

熱すぎる野球熱が存在するから男性のサッカー好きが少なく、相対的に女性ファンの比率が上がることもあるかもだけど、前にも書いたように女性ファンが女性ファンを誘うようないい循環があると思います。

でも、

この狭い今治・西条・新居浜で女性が女性を呼ぶような流れができたら、あっという間にサッカー好きばっかりの街になる

よね、と妄想は膨らみます。

誰と誰が出会っても、FC今治が共通の応援相手という。
あらゆる人にとって、共通のトピックという。

そうなったら街も賑やかというか、岡田さんの言う「精神的な豊かさ」が街全体に生まれてくるんでしょうね。


下の画像は、この間TVでしていたアナザースカイで長友が語っていたミラノの街です。
(いい番組でした!)

チームの調子の悪い時に街で歩いていると、こんな感じで声を掛けられる、と。
20160702_073553_HDR.jpg

20160702_073607_HDR.jpg

あと、「こんなところを歩いているヒマがあったら練習に行け!」とも言われるって言ってましたね^^;
それは言いすぎでしょうけど、5年後、10年後、、、、今治の人みんなが深いレベルで個人のプレーやチーム戦術について語りだすような街になればいいですねーーー!

posted by ミライ at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポーター・応援・企業関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

愛媛FCとレノファ山口について(試合の内容は0)、サポ獲得論!

愛媛FC対レノファ山口がありました。
いや、見に行けるなら見に行きたかったですね。
行けなくはなかったですけど。。

レノファ山口というチームはライトなサッカーファンにとってはなじみが薄いかもしれませんが、

絶対に知っておいたほうが良いチーム

です。
詳しくはウィキペディアで。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%83%95%E3%82%A1%E5%B1%B1%E5%8F%A3FC
トントントンと地域リーグからすごい勢いで駆け上がり、J2までやってきました。
FC今治も描きたい成長曲線を実際に描いた「大先輩」です。

特に2013年からのトントンっぷりは漫画レベルです。

そして!
ただステージを駆け上がっただけでも凄いんですが、まだあります。

1つは攻撃サッカーを貫いていること。
今月のフットボール批評にも特集が載っていました。

今治もオーナーが「カウンターサッカーを落とし込んでいるだけでは日本のサッカーの未来につながらない」と言っており、日本人らしさを活かした人とボールが連動するサッカーを目指しています。

レノファ山口も

「攻撃のスイッチである縦パス」が入った時の「チームの変化」

は芸術的なものがあります。

カテゴリーが上がると、ディフェンス重視になっていったりするものですが、攻撃サッカーを貫く姿勢にはオーナーや関係者の強い意思を感じます!!

2つ目は、サポーターのまとまりです!

山口市、下関市、山陽小野田市、宇部市を中心とする山口県全県

をホームと捉えているようですが、地理的に横広くまとまりづらい山口県民の心をしっかりとつかんで素晴らしいサポーター団、クラブ運営です!!
トントンと駆け上がったのに、この「まとまり」の秘密はなんでしょう??

何かFC今治の応援団の方にとっても「ヒント」が転がっている

んじゃないかなぁと思います。
同じ中四国民の田舎者同士として通ずるところはあるはずです!!

レノファファンが集まる居酒屋にでも行ってみて、夜通しその歴史を聞いたりすれば、きっと今治にも活かせるものがあるんじゃないでしょうか!?
(もちろん、山口は高知と同じで県として初のJチームを目指していたチームだったという意味ではFC今治とは違いますけどね。)

そして愛媛側。
昨日は「中高生無料デー」だったんだけど、それとは別に最近のシーズンを見てて思うこととして、、

愛媛FCは女子高生・大学生ファンをうまく開拓できているなぁ

と最近思います。
やはり現代は、

若い女性を顧客としてリピーターに繋げることが1番のビジネス

だと思います。

例えばカップルがいて、男性側だけがサッカーに興味があって女性を誘ったとしても、「えー、スポーツとか興味ない」と断られることはざらにありそうだけど、逆のケース、女性側から男性にサッカー観戦を誘ったら男性心理としては断りにくいと思います。(基本的に。相対的に。例外は多数あるでしょうけど。)

それに女子高生や若い女性は

拡散力

が素晴らしいです。

Twitterで「愛媛サッカー観戦サークルオレンジーナ」ってところをフォローしているとよく分かるんですけど、

JKや女子大生がTwitterで観戦を呼び掛けているtweet

がよくあります。

この拡散力は絶対にキープしておきたい、というかしておくべきサポーターですよね。

今治は、、、いつも同じ構成のJK数人組を見かけるくらいで、「人が人を呼ぶ」状態には至っていないような気がします。

4年制大学は東予にはないけど、専門学校、短大、高専、そして中学生・高校生などにグランドに来てもらって、その子たちがさらに他のお友達をどんどんと連れてくるような連鎖が生まれれればいいなぁと思います。。。。


そのためには、魅力的なスタジアム周辺だったり、試合前後のイベントだったり、、、試合後の選手との距離感・ふれあいだったりが大切ですかね。
後はオフのイベントでの交流だったり。
女の子はやっぱりイケメン選手には食いつきますからね(笑)
女の「子」と言い難い人でも食いついてるし、現状(笑)(笑)
選手との距離感は今がピークだからねらい目ですよね(笑)

若い男性が少ない地方都市という意味ではFC今治の選手は目の保養的な要素があってもいいと思います!
学生からすれば「アイドル」的な、年配の方からすれば「孫の頑張り」的な。

さて、明日から3日間は高校野球を観戦しまくってきます!(笑)
聖カタリナ、新居浜商業、松山聖陵あたりに注目です!
posted by ミライ at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポーター・応援・企業関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする