2017年02月13日

単なる地元満喫記。

クイズ。
四国にJFLチームがあるのって何年ぶりでしょう?

4年ぶりです。(カマタマーレ讃岐以来)
というわけで今治にJFLサポを迎え入れるべく地元をアピール。。
簡単に言えば、全社の時の観光案内の続きですね。
まずは、
「湯の浦温泉道の駅」
湯ノ浦 駅.jpg
足湯があります。お土産もたらふくあります。観光情報も沢山あります。西条市と今治市の境目くらいです。
玄関にはFC今治情報の掲示が。
20170212_100417_HDR.jpg

ついでに近くには「国立瀬戸内休暇村」があって、3月にはこんなプランもあるみたい。
20170212_174720_HDR.jpg

3月11日に利用するように中予・南予の人に勧めてみてください。そして翌日はひうち陸上競技場までおいでね、と。

続いてラヂオバリバリのイベントがあったので、今治港の目の前にある施設

はーばりー」

へ。
20170212_103938_HDR.jpg20170212_103557_HDR.jpg
テラスからの眺めが綺麗です。おしゃれなカフェも色々あります。
ぜひお越しを。
20170212_111733_HDR.jpg
この日はラヂオバリバリさんに用事があったんだけど、忙しなく動かれていたので話しかけるのは断念することに。
代わりにイベントを満喫。


20170212_103742_HDR.jpg
ストラックアウトとキックターゲット大好きなんです(笑)
「敢闘賞の幅が広すぎる、優秀賞はちとハードル高いぞい!」
と思いましたが、5枚GETで、色々貰えました。
20170212_174621_HDR.jpg
イベントに行くからには絶対にガソリン代くらいの元はとる、それが僕の流儀です(笑)
(ついでにつき立てのお餅ももらいました)
俳句ライブとかもあり、温かいイベントでした☆
ちなみに「みとん今治」さんでアンケートもとっているようで、抽選でプレゼントもあるみたいですので昨日はーばりーに行かれた方はやってみてくださいね。
http://miton-imabari.jp/enquete-herbery-0212-2017/

続いて「サンライズ糸山」へ。
しまなみ海道の、今治側のふもとの施設です。
おいしいレストランあって宿泊もできて、眺めも良くて、結構いいとこです。
瀬戸内海だなぁって気分になれます!
レンタサイクルでしまなみ海道をサイクリングするのも最高です☆
ここにもFC今治情報の掲示。
20170212_115650_HDR.jpg

その後FC今治も出場したU12の大会を観た後、お昼にはみとん今治さんで紹介されていた「車屋食堂」に行ってみました。

前日に大事な仕事が完了して僕も開放的だったのもあるんですけど、
店主のおっちゃんとのトークがマシンガン過ぎて面白すぎました。

僕もまぁまぁ食べ歩き好きなんですけど、おっちゃんの中華そばと焼き豚卵飯への愛情は半端ないです。
「あれ知っとる?これ知っとる?」とグイグイ来るので僕も「あそこは味が〜でしょぉ?」
と返して会話が弾みました(笑)
箸置く間もなく会話が続くうちに、そのうち西高の校歌の歌詞クイズになったりいろんな話題で盛り上がりました^^
たぶん、あのおっちゃんは永遠に会話できるタイプです。

「おまえさんね〜、またおいで」「またこよわい」

とフランクに挨拶をして別れました。
焼き豚卵飯は他店と違って「ベーコンエッグ」形式で調理していてそれはそれで美味しいです。
20170212_134708_HDR.jpg

続いて市内中心部のじばさんプラザの中に店舗を構える

「今治タオルブティック」
へ。
今治タオルのお土産が欲しい人はここもオススメ!
FC今治グッズもあるよ!
20170212_143559_HDR.jpg20170212_143624_HDR.jpg

そして最後に広報。
2月26日(日)は毎年恒例の「しいたけまつり」に今年もFC今治が絡みますね!
ただ、去年までは普通に選手が出ていた気がするけど、今年はコーチだけなのかな?( ^ω^)
サッカー教室自体は小学生対象なので気を付けて。
今年の画像
20170212_174746_HDR.jpg

ちなみに去年。
shitake-matsuri004.jpg

明日でキリンビバレッジプレゼンツキャンプ終わりですね〜。

2017年02月11日

「トレーニング・ファンサのはざま。」&小澤司君の好きなタイプは⁉

前回分ですが、やっぱり自分が直接見ていない、聞いてないことに言及するのは反響があった時にとっても無責任なので今後控えます。これまでマイルールにしていましたが、つい破ってしまったので今シーズン、改めて厳守!

ちなみに、前回の「生実況生解説入り紅白戦」のことを 

トレーニング・ファンサ併合型イベント

と呼ぶとして。焦点は「選手リスペクトとファンサービスの狭間」だったでしょうか。
「選手への敬意を考えるとどうかなと思う」
「シーズン前だし十分ファンサの一環の範囲内だと思う。」
の両方の声がありました。
(メッセージ元媒体が色々なのと、意図せぬことを引き起こしたくないので今回は引用はしないことにします。数も伏せます。)
分母が大きいわけじゃないけど、結構、男性サポと女性サポで意見の傾向も別れるような気はしました。
というよりは、お気に入りの「選手」から入るサポーターのタイプと、「チーム」から入るサポーターのタイプとでも傾向が分かれる気もしました。

でも、何が正しいとかじゃなくって、色んなサポーターのタイプが尊重されるべきですよね、ファンを増やすためには。

だから、この、お気に入りの「選手」から入るサポ目線でFC今治を発信する人も増えたらなぁと期待しています。

選手の移籍に伴って他サポ出身のFC今治ファンの方も増えてきたので、その辺り実は期待しています^^

なお、僕が選手を過剰にかばいすぎる傾向があるのは昔から自覚していることなので、僕への指摘の意味はよく分かってはいます(^^;

他クラブでもこの手のイベント(トレーニング・ファンサ併合型イベント)はよくあることなのか、それが一番今は気になりますね。

ちょっと違うかもしれないけれど、プロ野球のキャンプのこのニュース。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-01777000-nksports-base
>>あと気になったのはアップの最中にファンをグラウンドに入れていたこと。果たしてこれがファンサービスと言えるのか? 選手はそれを望んでいるとは思えない。選手を間近で見てもらいたいという気持ちは分かるが、選手が声を出せない一つの原因になっていると感じた。選手は一日のスタートということで集中する大事な時間でもある。ファンサービスは練習が終わってからでもできるのではないか。

という「トレーニング・ファンサ併合型イベント」に対する野球評論家の声もあります。
(と言っても、キャンプと今回のイベントでは趣旨も全く違うので全く一括りにするつもりはないですよ)

反響を受けても、僕も、どちら寄りかと言えば選手のトレーニングはトレーニング、ファンサービスはファンサービスでくっきり分けて欲しい気はします。
でも、色んな立場の人がいるのがサポーターなので、前回・今回は自分の考えを自分のblogにあげただけで、何かを否定する気は更々ありません!←ここ大切ですし、きっと分かってくださると…思っています。
一緒にFC今治の勝利を願って応援していきましょう!

明るく話題を変えて、小澤君のプロフィールに注目してみてください。 ^^
http://www.fcimabari.com/team/player/tsukasa_ozawa.html
好きな食べ物 トマト

ときて、その次の質問の

好きなタイプ 



アメーラトマト

って書いていました。

アメーラトマトって誰か女性芸能人の愛称かなんかかな?

と思って、検索した結果。

ame-top1wa.jpg

笑。
このユーモアセンス、個人的に好きな系統です(笑)

続いて「今治の良いところ」への答え。

大自然。

笑。

山も海もそりゃ綺麗だけど、一応商業都市だし、「大」がつくほどの自然が売りではないはず(笑)

でも、四国の外から来た選手はみんな「自然がきれい」を言ってくれますね^^;

「遊ぶところがない」の隠語のように聞こえる人は心が汚れている人ですからっ(笑)

TMも順調に消化してきているようですね!
タグ:FC今治

2017年02月06日

ありのーままにー。2月4日公開イベ。



って言ったものの。

こりゃ、ウソです。
厳密には、3分の1くらいがウソで一応3分の2はホントです。それはのちに。
唐突(!?)なウソ告白ですが。

歳も明け、今年は動員平均2000人がクラブの目標の中で、僕も

クラブの良さだけ拾ってアピールしていく方にシフトしていくほうがよいのかな?

と思う時もありました。
クラブ自身も日々挑戦している立場なんだから温かく見守ったらえぇやないか、と。
そうすることでネット、SNSで検索して初めてたどり着いてくださった人にも
「ポジティブなイメージだけ」
を与えられるしね。

でもやっぱり、ファンが全員『何もかも両手万歳発信』していたら

サッカー文化が根付く&地元に愛されるクラブになる

というクラブの目標(夢)が逆に遠のくような気もしました。
だから僕は僕で嬉しかったことは嬉しかったこと、「?」と思ったことは「?」と正直に発信しようと思い直しました。
そういうスタンスの奴もいてもいいかな、と。
なので、毎回、反論とフォローをお待ちしています(笑)
後、僕があまり発信できていない、明るい感じの雰囲気をたくさん発信してください!!!!!
引用させてください!(笑)

さて、まずはキャンプの前にファン向けイベントとして「公開紅白戦」を開いてくださったことに感謝。
新加入選手の紹介もあり、プレーも試合形式で見ることができて、開幕までサポーターの妄想も今後膨らみやすくなるでしょう。
僕も色んな人から「〇〇選手は〜な感じだったよ!」と選手の印象を聞けてとても良かったです!!!





ただ、それと同時に今回のイベントは色んな部分で「賛否両論」もあったようでした。

この日の公開イベント、聞くところによると集まったファンは約100人のようです。
開幕まであと1か月、まだまだ僕らもサポーターを増やそうとしなければ・・・。
(ホーム開幕戦は僕も初観戦者を新しく何人か連れて行きますよ!!!

吉武監督の生解説は、ファンのサッカー観を深める、という意味で「ファン向けイベント」の意味合いが強い今回のイベントとしては良かった面もあると思います。



それでも、結構「否定的な意見」もあるようでした。

選手のトレーニングを兼ねてするようなことじゃない!!!

と。

監督が

マイクをそのままオンで使って選手に指示を飛ばしていたシーンもあった
と複数筋から聞きました。
僕は直接見たわけじゃないので感想を書くのは自分の主義に反するんだけど、

「それってどうなの?」

と思いました。
ピエロじゃないよね、選手は。
クラブ興業は確かにサービス業ではあります。
選手は、子ども〜お年寄りまで愛されるようにピッチ外でもそれなりに振る舞ってほしいです。

でも、その前に選手はアスリートだよ、と。

僕は今回行けなかったけど、このことは特に今回参加した今治サポーターの間で巻き起こった、

賛否の「否」

の部分のようです。(僕も開催前から危惧はしていましたが)





後は前半のDJの、現場にフィットしていないうるささ、の声もありました。
このことは去年からここでは何度か話題にしているのでパスします。
(勿論、好みの方もいるでしょうし)




最後に。
この公開イベントの直後は、下部組織の公式戦でした。
しかし、事前告知では「別団体が使用予定」とのみの告知でした。
当日、そのことを知ったファンの方たちの心中や、いかに。
つい、先日の発表会で岡田さんの口から語られていた

「今治モデルの普及」「地域密着」

とは・・・。




勿論、今治は今治の現状がありはするから一概には言えないけれど。
さて、昨日からキャンプ!
いい練習積んで、けがなく帰ってきて欲しいですね!

選手からの発信は嬉しいですね!


金子君のファンサービス精神は素晴らしい!

トレーニングマッチがんばれ^^
昨日1日で読んだ本。晴耕雨読万歳。
岡田×羽生の本.jpg
タグ:FC今治

2017年02月03日

明日(2月4日)はFC今治の公開紅白戦!

公開イベント(紅白戦)を見に行けない僕。(´;ω;`)
30分×2本ってホント一瞬でしょうけど、皆さん楽しんでね!

両チームのフォーメーションが4−1−2−3とした場合の争いはこうなるかな?という予想を。

ちなみにキャンプ前の公開イベントとはいえ、フォーメーションや得点経緯の細かいところはSNSで言わないのがマナーかなと思いますが、その辺の告知はいかがなものでしょう。当日かな。

1つ目の僕的ポイントは楠美君(J2東京ヴェルディから移籍)。
最優先の選択肢は去年までの金子君のポジションの候補かな?
いわゆる、「アンカー」と呼ばれている、DF4人の前にいるチームの舵取り的MFです。

両チームのアンカー対決! 『楠美VS金子』 が見られるかな??

金子君の去年の経験値は大きいですし、真面目な努力家で大舞台に強いメンタルを持った選手でこれからも伸びていけるタイプの選手だ!と僕は思っています。
だからこの争いは簡単には決まらないはずです。

楠美君はまた、金井・宮本・小野田・斎藤辺りとセンターバック(CB)を争う存在でもあるのかな?と思います。

楠美君がセンターバックに入った場合。
センターバック対決! 『楠美VS金井・宮本・小野田・斎藤』 が試合途中から見られるかな??
ただ、対人では宮本君は十分強いし、オノもシーズン終盤に自信をつけただろうし、斎藤せいじ君はベテランの意地があるし、やはり簡単には決まらないと思います。

楠美君がどれほど力を発揮するか、レギュラー争いの1つのポイントです!

2つ目のポイントは上村岬君
岬君は去年まではチーム1の圧倒的なテクニックでオンリーワンな存在でした。
それが故に、彼はチームの状況に応じて色んなプレースタイルを選択していたように思います。

アウェーKUFC南国戦(アウェー)では、フロントボランチの本来の位置から少しだけ真下に降りて中盤のすき間に顔を出し、相手をかく乱。
高知ユナイテッド戦(ホーム)では、アンカーの近くでチームのバランスを崩さないようにプレー。
市原の地域CLでは、右FWながらフロントボランチの横くらいにしょっちゅうポジションを取り、縦にガンガン攻めた左サイドとは違う、真ん中気味からの崩しを意図していたような気がします。

そして今シーズン。
鈴鹿の絶対的司令塔でパスもシュートも形を持っている(気がした)小澤君。
他にも運動量とディフェンスに優れる「おかず」こと岡山君。
テクニック溢れる玉城君。
攻撃的センスの塊の可児ちゃん。
強烈な左足と突破力がある(はずの)三田君。

FWでも桑島・長尾・長島。

とライバルがうじゃうじゃいます。
(水谷琢磨は今年はSBで勝負かな。)

みんな平等に応援はしていますが、岬君には「去年の大黒柱の意地」は見せ続けて欲しいと切に願っています。
岬君がどんなプレーをやろうとしているか、注目です。
個人的には彼が地域CL(市原)で見せた、

『真ん中にポジションを取り気味の「ワイドアタッカー」』が彼が輝いて生き残る道かな、

と予想しています。

僕は行けないけど、もし行けたら的な個人的注目点でした!
皆さんそれぞれ楽しみを持って楽しんできてください!!!

2017年02月01日

新体制発表会2 LIVE中継・ネームプレート販売。

取るに足りないシリーズ2。
いつか後で振り返られるように・・・。
大事な発表について、その時直観的に思った感想を…。

新体制発表会の中継はFacebookliveでありました。
クラブによって、色んな媒体、ツールを使っていてその差が面白かったです☆

ちなみに今治はYouTubeのアカウントもあります。
もっと日常からYouTubeアカウントを活用して欲しいという要望はサポーターの間にまあまああるように感じますし、既にクラブにも伝えられていることです。

FacebookやTwitterなどのSNSは、現在今治のスタンドを中心的に支えてくれている多くの中高齢サポーターは登録していない、というか年代的にSNSに登録・利用することに抵抗がある人も多いはずですよ、ということも。(これは僕からの意見でしたが)

Facebooklive VS YouTubelive 

僕は詳しくないので誰か詳しい人に教えて欲しいところですが、
通信の安定さ、liveの質的に元々Facebookliveの方が優れているのかな?
後から見て気づいたけど、Facebookliveは画面の下部分に視聴者が付けた「いいね!」などのリアクションやコメントが音符のように流れてくるような感じになっているんだね。

Facebookだとliveを見てもらってその流れでクラブのFacebookページに感想などを投稿してもらえるし、公式HP(ファンクラブやネームプレート販売ページ)へのリンクしてもらいやすさ的にもFacebookの方が良かったのかな。
↑これが一番濃厚な理由かな!?

それか、Facebookで「普段からFacebookの発信を見てくださっている方のためにliveを」という考えだったのかな?
割と普段からそういう考え方大事にしてますもんね。

まぁ、何か結論めいたことを言いたいわけではなく、どうだろうなぁ、という思い巡りです。

続いてネームプレート販売。
岡田オーナーの肝いりの案であることは知られていることです。
以下が公式より

「ありがとうサービス.夢スタジアム」の入口側(バックスタンド側)中央に設置される個人ネームプレートを販売します。
ネームプレートの売上金額は、スタジアムの設備充実の投資費用に充てさせていただきます。
スタジアムが存続する限り、半永久的に設置します。

というのがクラブの打ち出し方でした。

僕的にはどうせだったら、

スタジアムの設備充実のために寄付のご協力をお願いします。

ご支援いただい方には、メッセージ入りネームプレートを埋め込む権利を贈呈いたします。

っていうストレートな感じでも良かったな、という気がしますがいかがでしょうか。^^;

というのは以前から新スタジアム建設に関して、とあるサポーターと

『広島カープの樽募金的なことしたら、市民が関わっている感が出るし、市民のクラブへの愛着も強まるよねー。せんかなー??』

と、思案していたことでした。
たった10円や100円の何気ない気持ちでも、後から意外と縁を感じて、

「あの時募金したし、ちょっと行ってみるか!」

となるのではないかと。
僕らがイメージしていたのは、コンビニのレジのところにある「募金箱」的なイメージだったんですが、今回のネームプレートって、樽募金の

「1人当たりの寄付額がでっかくて、その分、本人に返ってくるペイも明確に存在する版」

ってことですかね。

今回のネームプレート、壮大な案ですよね。
少ない文字数で想いを表現するのが大変な業ではありますが、非常に誇り高いことですよね!!

と、言っておきながら。。
そういう『一般論』と、今治気質を持った今治市民の受け止め方は少し違う可能性もあるかもしれませんし、全く相違ないのかもしれません。
神のみぞ知るところです。

最終的に関係者が慌ててプレートを買い取るような事態にならず、多くの地元市民がプレートに申し込むことを切に願います!!!
そのためにもクラブは勢いよく白星を積み重ねて欲しいですね☆☆☆

それと合わせて来週からは今治も宮崎キャンプ。
どでかい企画もいいですけど、日常的な選手の様子の発信(写真や動画やレポート)がもうちょっと充実されることを願っています!!

スタジアムの近況1・2
スタジアム1.jpg

スタジアム2.jpg