2017年08月10日

8月上旬アラカルト&今治に2トップはあるか!?

8月2日
スタッフの中島君と、FC今治に3人いるスタジアムDJのうちの1人である岸本ヒロキさんと、ファジアーノ岡山サポーターのゼロファジさんさんのツイキャス(インターネットラジオ)を聞きました☆
中島君は説明がとても流暢で内容も深く、正直言うとこれまでFC今治関連で聴いてきたあらゆる講演会より充実した内容でした!
近い内容をtweetもしたのですが、

中島君があちらこちらでFC今治の方針や取り組みについて講演会(or著名人とトークセッション)を開いたら興味・関心層も、ファンも、支援者(スポンサー)もいっぱい増えるのでは!?

と思わされました。
東京、松山、高松、高知、徳島、岡山、福山、尾道、そして東予地方各市・・・とね。
どうですか!?

僕もいくつか質問しましたが、後で振り返ると「あぁ、これはイマイチな質問だったなぁ」と思うこともありましたので反省です。
ラジオを聴く習慣はなかったんですが、あっという間に時間が過ぎていきました。
ぜひ!2回目を希望します!

8月3日
松山市のサイボウズオフィスで
愛媛大学×愛媛FC×FC今治 共同イベント」
【スポーツまちづくりサロンinサイボウズ松山オフィス】
 
https://twitter.com/i/web/status/892747943404548097

に参加。
愛媛FCからは熱血漢の小玉さん、FC今治からは我らが青木さんが各チームのボランティアについての説明をしてくださいました☆

その中で愛媛はボランティアのメンバーのは毎年入れ替わりがあってほぼ同じ数で推移しているのに対して、今治はここ2年で倍増(でしたっけ?)している、というのが印象的でした。
でも、愛媛と今治はボランティアの定義が微妙に違っているのと、あと、FC今治はボランティアって言葉は使わずに「サポートスタッフ」という言葉になることが違いますね。
聞いていると愛媛は広報部隊もボランティアのような扱いになっているため、敷居が低く、参加者にとっても参加している感も気軽に得やすいのかな?

ところで今治はファンクラブ会員を「sailors」、サポートスタッフを「voyage」と銘うっていますが、今治の「ファン・サポーター全て」を包含するようなコトバがあっても良いのかな?とふと思いました。
sailors(乗組員)を使ってしまったからなかなか残ってないデスケドね。^^;
1つは浮かびますが・・。

さて、かつて「将来の日本代表候補」とまで呼ばれた牟田雄祐選手が京都サンガSCから加入しました☆
ファン待望の大型DFですね!
ただ、今治の4−1−2−3というフォーメーションはアンカー(DFラインの前に1人構えるMF)の脇が空きやすいという構造的な弱点があるため、牟田選手の加入=失点の大幅減とは簡単にはいかないかもしれませんよ!?

というわけで、個人的に観たいフォーメーションです。
いずれも金井さんがもうちょっと時間がかかるという仮定。
もし金井さんが復帰できるなら、オノを左のウイングフォワードでやっぱり見てみたいです。
まずは今治の4−1−2−3のその@
IMG_0540.JPG
韓国遠征を経てがらっと変わっていることを期待しますが…中野雅臣君がまだ適応に時間がかかりそうならば、というフォメです。
そのAとして、雅臣君が適応したら見てみたいフォーメーション☆
雅臣君 右WF.JPG
そして今治の4−1−2−3のそのB
これも手術明けの長尾善公選手がどこまでプレーできるか次第だけど、善公を右のウイングフォワード、上村・三田君をフロントボランチに。
個人的にはこれが見てみたいです!^^
長尾右WF.JPG
そして、これは今治ではあり得ないのと思うけど、今のメンバー、今の状況でベストっぽいフォーメーションを勝手に考えてみました。(そのB)
4-4-2.JPG
良汰・善公の仲良しお調子2トップ
右に攻撃力のある三ちゃん、左にテクニックのある可児ちゃん、
バランスをとりつつも隙を見つけて前に突撃できる玉城・上村がダブルボランチ。
そのBの変形系とも言えますが、失点も防ぎつつ、複数得点の予感も勝手にしています(笑)
どちらかと言えば良汰がゼロトップ、善公がストライカー的な動きでしょうけど、今治らしく自由に動き回って欲しいところ。善公がサイドに流れたところを三ちゃんが斜めに走ってきてエリアに侵入する!とかね。
完全なサッカーゲーム脳ですけど、みんなのポテンシャルが発揮されそうな気がするんですよね^^(笑)

お盆を挟みます☆
皆さんの好きな選手・フォーメーション・作戦・采配談義、どんどんお待ちしていますね!!!

韓国遠征を経て何をつかんで帰ってくるでしょうか!
金井さんの怪我からの復帰具合は?
中野雅臣君の適性ポジションはどこだ!?
牟田君のコンディションは!?
長尾善公のコンディションは!?
野田・向井・長島あたりは殻を突き破れるか!?

8月20日はそんなことを楽しみに観戦します!
8月13日はバリチャレンジユニバーシティの一般公開向けイベント&おんまく花火ですよ!^^
posted by ミライ at 18:32 | Comment(2) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4-1-2-3システム(4-3-3システム)であっても、2のインサイドMFが1のアンカーと並列に近い位置まで下がりトレス(3)ボランチ的に守備時にはバイタルをケアしスペースを消す方法があります。
又、4-1-4-1システム(4-3-3システム)的に3の両サイドのウイングがインサイドMFと並列の位置まで下がりブロックを形成すればスペースを消す事が出来て守備が堅固になりはずです。これはシステム的に守備時の人数の掛け方、スペースの消し方の考え方なので、やろうと思えば出来るはずと思います。
Posted by SOUL at 2017年08月14日 23:22
SOULさん
いつもコメントありがとうございます☆

そうですね。
次にフォーメーション談義をするとしたらその辺に触れたら面白いかな?というところでした☆☆

まさにおっしゃるとおりですね。
今治はフロントボランチのうちの片割れが降りてきてバランスをとることが見受けられるように感じますが、その辺りはこれから引き続き注目してみます。
上村君や楠美君がその辺りのバランス感覚に優れるイメージです。
また、最近読んだ本では、アンカー脇かつCBの前のボールの処理で、CBに前方向の奪取能力が備わっているならばCBにとらせにいかせてアンカーが最終ラインのカバーに入る、その力がないならアンカーが寄せるという、チームによって違うアプローチもある、と書かれていて面白いなぁとお思いました。
また、色々と教えてください。
Posted by ミライ at 2017年08月17日 09:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: