2017年07月21日

FC今治 セカンドステージ個人的見どころー

前回で、FC今治のサッカーについて私見を書いてみたんですが、

FC今治のオフェンス面について、ファーストステージを観ていていつも思っていたこと、そしてそれがセカンドステージは改善されるかなぁと思っていたことを書きそびれていたことがありました。

そして、そのことを監督さんらもやはり改善ポイントとして捉えていたのかな!?というコメントのシーンもあったので、「おっ」と思って今記事を書いている次第です。

FC今治の持ち味は、流動的なポジショニングと華麗なパス回し。
パスを横に揺さぶり、時に降りてくるゼロトップ(桑島良汰)に預けたりしながら、ボールをキープします。

そして、「ここだ!」という場面で勝負を仕掛ける!、それが今治スタイルで、その「ここだ!」をファーストステージを通してすこーしずつ、すこーしずつ、磨き上げているところでした。

ここで先にヴィアティン戦の前の吉武監督の試合前に選手に声を掛ける動画を。動画の入り待ちのすぐ後です。
https://www.youtube.com/watch?v=kB06S9q5af0
ここの吉武監督の「パンパンパンパンパン」が僕が「おっ」と思ったところです。

というのは、ファーストステージはフロントボランチ、ワイドアタッカー、リベロ(ゼロトップ)で「パンパンパン」とリズムよく、光速のパス回しで相手を切り裂いて、相手のDFやMFがどうするか判断する暇もなく足が止まったりするシーンがありました。
しかし、その「パンパンパン」で相手守備陣を6〜7割方崩すところまで行っているのに、その後にフィニッシュへのラストパス、フィニッシュ一歩前のパスが「パン」や「パンパン」ではなくて、「ふわ〜ん」「ぽぉ〜ん」というハイボールだったりすることが多かったのが気になっていたところでした。
(もしくは苦し紛れのミドルシュート)

僕の説明分かりにくいかもしれないですけど(笑)、「パンパンパン」で相手を釘付けにしているのに、そこで「ふわ〜ん」としたハイボールをスペースに蹴りこんだのでは、『相手DFがボールに寄せる時間』ができてしまいます。
相手MFが自陣に戻る時間も、GKが構える時間もできてしまいます。

パンパンパンからの「更なる連動性」と言うのでしょうか、その辺りは経験値が必要ですよね。
それを積み重ねる前半戦だったとも言えるでしょうか。

吉武監督は誰が出てもどこからでも連動してどんどん襲い掛かるスタイルが理想だと思いますが、やはり現実的には選手同士の「連携の成熟度」というのは練習や実戦を通して磨かれる要素が大きいと思いました。
FC今治を通して、やはりその辺りはサッカーのTVゲームの様にはうまくいかないもんだよな、と思いました(メソッドがさらに進化・深化すれば多少違うかもしれませんが・・・)

後半戦、相手は上位チームではなかったですし、第1節はどしゃ降りのコンディションでもありましたのでまだ何とも言えませんが、ネット視聴で見る限りはヴィアティン戦は監督の言う

「パンパンパンパンパン」

ができていたような気がします。
僕的の2ndステージの見どころは上位チームに対して「パンパンパン」のその次もさらに「パンパン」といけるか、そこです!
最後のフィニッシュへは、「パンパン」よりもさらに高速の「パパンッ」くらいですね、イメージ的には(笑)

※パンパンはあくまでパスっぽい音ですが、場合によってはパスを受けてドリブルですっと侵入するプレーも含めて多彩な、リズムある攻めを期待したいですね☆☆

日曜日は「ストーンハンマー」という野外ライブイベントとコラボします!
あの「夏祭り」でお馴染みの「whiteberry」の元メンバーがゲストとして西条ひうちにやってきます!音楽ファンも誘ってみましょう!!
※ちなみに僕は「夏祭り」はジッタジンリン世代ではなくて「white berry」世代です(笑
タグ:FC今治
posted by ミライ at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック