2017年06月27日

0621 VSファジアーノ岡山 0625 VS FC大阪戦

ファジアーノ岡山戦はJFAチャンネルで見ましたが、実に死闘でしたね!!!!
現地に行った人はまさに一生ものの思い出が作れたっぽくて羨ましい限りです!
ファジアーノとの試合後のエール交換とかは鳥肌ものだったでしょーーー、きっと。






日曜日の試合も負けはしましたが、非常に充実した1日でした!
画像を全然撮らなかったので、他の方のSNSや皆さんの想像力で補ってください^^;

まず、試合開催にあたって愛媛FCとコラボできたことがまず今後の愛媛サッカーにとって凄い一歩だと思います。

愛媛ファンがFC今治のチケット「半額」に食いついていっぱい来てくれるかな?とも思いましたが、やはり1日2試合観戦するのはなかなか大変ですもんね、実際問題は。
でも、愛媛のユニフォームを着た方が、「初めて見に来ましたがとっても面白くて温かったです!」と言っているのを聞くと、確実にイイきっかけになったんだなぁと思いました★

こういうのをきっかけに、シーズンオフに、スポンサー付きの「愛媛FC対FC今治」のカップ戦が開かれればなお最高ですね☆
(実際にはFC今治が県外キャンプのためなかなか日程がつきそうにありませんが・・・)

さて、会場に入ると、ボランティアスタッフやクラブスタッフの笑顔が印象的でした☆☆
SNSを見ていると、「今治=スタッフの笑顔やもてなし」っていう印象が広まっているようでとっても自慢ですね!





会場内のあちこちには「次回ホーム戦の告知」がラミネート加工された用紙でいたるところに掲示されていて、こういうのイイ取り組みだな!って思いました☆

今年、FC今治はホーム戦の運営についての感想を「マッチデープログラムのQRコード」から気軽に投稿できるようになっているんですけど、そういうサポーターの声を次々と反映させた結果、対戦相手にも喜ばれるような雰囲気が出来上がりつつあるのかな!?とワクワクしています。

元々今治市は商売人の街だから、きっとお客様(や対戦相手)に満足してもらうような仕掛けは得意だと思います。今後の観戦がますます楽しみです!!

そして、色んな方がTwitterでつぶやいていたけれど、

スタンドの通路やベンチや階段をスタッフやボラスタの方々が拭いていることに感銘を受けました☆

僕が間近で見たのは、中川さん(♀)が一生懸命に拭いていたところ。
観客の方も「ありがとう、ご苦労様」とねぎらう言葉をたくさんかけていて、いい光景だなぁと思いました☆


試合が始まる前には、FC大阪のサポーターがこちらの声出しの人たちと交流している様子も☆☆
そしてFC大阪から鳴り響く、どでかい声と、どでかい太鼓。
色んなアウェーサポーターを迎えてきましたが、日曜日の大阪のサポーターさんたちほど「サンシャイン池崎」ばりに背中をそってでっかい声でチームを鼓舞しているサポーター団は初めて見た気がします☆
関西魂でしょうか、これが(笑)




試合前の今治の「いーとーまきまき」の「レッツゴー今治×2」のチャントに対して、間髪入れずに同じ「いーとーまきまき」のメロディで「ゲットゴール大阪×2」をやり返してきたのはとっても面白かったです☆☆
大阪はサポーターもたくさん来ていました☆
今治も結構アウェーまで遠征するサポーターも多いように思うけど、大阪サポのユニフォーム姿の多さにはびっくりしました☆

そして、前述のサポーターの、「楽しんでいる感」とも言いますか、「なんかいい雰囲気」ですよね。

9月には大阪で試合がありますが、「アウェーの地でのサポーターの雰囲気」って、次回、同じ相手をホームで迎える時に「相手サポを呼び込めるかどうか」に繋がってくるんだなぁと思えた1日でした☆☆
自分も次にアウェーに行く時はほんの気持ち楽しそうな雰囲気でおろうっと♪(^^♪

試合後は、サポーター&ボランティアの方がスタンドのゴミをくまなく拾って「来た時よりも美しく」の気持ちも忘れず、残りのボランティアの方々はサポーターたちを笑顔でお見送りをしてくださっていましたよ☆☆

FC大阪のサポーター・今治のサポーターの方が色々つぶやいてくださっていたので、Twitterをされていない方は今回を機にTwitterをされてみてはどうでしょうか?
登録しても特に面倒くさいことはありませんので、ご心配なく!
FC今治の公式アカウントの情報や、スタッフさんのマニアックでディープなtweetなど、結構楽しめますよ!






ということでこの試合の個人的感想は次回。
0625試合前アップ 今治ダンス.JPG

タグ:FC今治
posted by ミライ at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック