2017年04月30日

0409〜0430。水谷拓磨&野田&向井。

約3週間、空きましたー☆

というか皆さん感じてらっしゃるように、新しいスタッフも入り、事務所移転効果もあるのか?

クラブの発信姿勢が言葉では言い表せられないくらいものすごく良くなった

ので、クラブのことそのものを特に宣伝したり拡散する必要性は以前よりなくなってきましたね☆

青木さんのTwitter速報から気合入ってますもんね☆

後はSNSをやっていない地方中高齢者に対してどうアプローチをかけていくかでしょうか?
最近思うことは、やはり最後は

行政から見て「1民間企業としての存在以上の存在」として認められ、扱われ、接されるようになった時

本当に加速度的に今治に急激に浸透するのかなぁと思います。
ここでの行政からの〜っていうのは、デロイト×スマートスタジアムといったマクロな話ではなくて、1つ1つの小さい普及活動を市が認めるか認めないかっていうミクロな話の積み重ねの話。

色んなところでのクラブやサポーターの普及活動を許可をする/しないは、最後は行政の判断になることが多いですもんね。
去年の市原での地決の時に思ったことでもあります。
今はファン・サポーター・ボラスタ・クラブが一体となってできることから地道にやっていくしかないですね!

ちなみに愛媛FCは動員で今季非常に苦しんでいますが、ある意味「今治」という小さい街をホームタウンにした方が「おらがクラブ感」を持ってもらいやすいところもあるのかな??とも最近思います。

さて、前回更新から何があったかと言えば、

〇 4月16日 away ブリオベッカ浦安戦で今シーズン初勝利!

今治からも結構かけつけて、初勝利の瞬間を目撃できたようです。
公式からYou Tubeで動画もあがっていますね☆



〇 4月23日 天皇杯予選で琉球FCにPK戦

次回は6月の平日ナイターで「ファジアーノ岡山」と対戦。
年休とって見に行こうかなと思ったら、JFATVで放送あるんですね!!
http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/tv.html

〇 4月29日 away 奈良クラブで3−3の引き分け
Twitterを見ていると奈良へは今治サポーターが100人近く駆け付けたとか??



結構熱くなりやすいのかな、今治人!?
凄いなぁ!

という感じでした。

さて、僕はというと4月22日、

沖縄に行かなかったメンバーの練習の様子(地元高校生とTM)を見に行ってきました。

公式戦直前でしたので感想を控えてきましたが、それを少し。
特に気になった選手だけ。

◎ 水谷拓磨の様子がコンディション&テンションがイイ感じでした!

相手が高校生だったから持ち味である彼のアジリティ(敏捷性)が活きたのもあるかもしれませんが、精神的なコンディションも良さそうでした。
元々明るく、みんなから愛されていますが、練習中もしっかり声が出て、終始「いつでも俺は戦闘態勢だぜ!!」というメンタルコンディションに見えました☆

そんな様子が監督にも伝わったのか!?、奈良戦ではいきなりのスタメン抜擢でしたね。
練習を人一倍頑張っている選手が抜擢されてとっても嬉しい気持ちになりました!
奈良に行かれた皆さん、試合での拓磨はどうでしたか??
拓磨、練習は裏切らないぞ、頑張れ!!!!!

◎ 野田樹&向井章人の様子
向井君は相変わらずのキレキレでした。
奈良戦でも出場しましたね。
練習では、目的意識をもって色々なプレーの幅を広げようとしている印象です。
滉大と一緒で、もっと若者らしく遠慮せずフィニッシャー(シュートを打つ役割)に回って欲しいところです。
吉武監督、もっと貪欲にゴールを目指してあげてください!!

野田樹。
元下部年代の代表選手。
練習を2・3月に観た時に

「こいつはモノが違う!」

と思わされました。

なぜなら圧倒的なセンスあふれる縦パス、展開力を兼ね備えていたからです。

が、それだけではJFLでもJリーグでも通じないのだなと最近は感じます。

その理由は2つ。
1つ目は「プレーの継続性
彼を見ていると

「おぉ、そこをスパッと通すか!!さすが!!」

とみている人を唸らせるプレーも多数ありますが、試合全体を通しては技術ミス、判断ミスがまだまだ多いのが現状です。

特にFC今治は、終始ボールをキープして試合を支配しながら相手の穴を窺い続けるサッカーです。
樹君のセンスは間違いないものはありますが、試合全体を通して高いクオリティを保ち続けることができるプレーヤーになること、それが今の彼に求められるかなと思います。

そしてもう1つは「守備スキル」
まず、背は高いのですが、ハイボールへのポジショニング、体の入れ方辺りは見ていて心もとないものがあります。
本人もユース時代から守備が課題と自覚があるようですね。

そして、いつも気になるのが「やや腰高」なこと。
重心が高いまま「フワッ」と相手に寄せるような印象があります。

高校生年代と違い、下からドスンと当たらないと相手に体を入れられてしまうし、彼の足の長さだけでボール奪取できるほど甘くはない世界。

それ以外も含めて、守備スキルは今治の指導者の下で1から作り上げるくらいでやっているのかもしれませんね。
彼が彼の憧れのブスケッツ(スペイン)のような抜群のプレーヤーになるにはまだ月日はかかるかもしれませんが、初めて彼を見た時の「サッカーセンス」を僕は信じていますよ!!

秋には絶対にFC今治を引っ張るプレーヤーになってくださいね!!

そして、FC今治としても水谷拓磨、野田&向井、可児ちゃんといったレンタル組をしっかり鍛えてあげることがクラブの評価に繋がると思います。
ちょっとそこが気になっています、最近。
GWもawayが続きますが、白星をあげて今治に帰ってきて欲しいですね!




H290423桜井.jpg
タグ:FC今治
posted by ミライ at 18:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | JFL2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現地で奈良戦を見て(悪い意味で)気になった3選手について

金子君
奈良戦はパスミスの連発、プレッシャーを掛けられたらすぐにバックパスと精彩を欠いているように見受けられました。
アンカーが機能していなかったためにボールの保持ができず、逆にカウンターを何度も食らって失点を重ねてしまったように思います。
不動のレギュラーだけに連戦での疲れもあるのかもしれません。

佐保君
攻められるシーンが多かった割に目立っていないという感じ。
DFとしての寄せが遅く、競り合いにも勝てておらず、守備を立て直すためにも後半で斉藤君に変えられたのはしょうがないかと。
とはいえ、長尾君に変わって前に行ってもあまりチャンスはありませんでした。
常に全力プレーではあるのですが、空回りと言うか。

玉城君
サイドバックに慣れてきたのか右サイドを突破してクロスを上げるなど攻撃面では良かったのですが、
逆に守備面では判断ミス、パスミスと悪い所が多く見受けられ、がら空きになった右サイドを何度も突破されてピンチを招いていました。
こちらも守備の修正で片岡君に変えられたのは必然だったかなぁ。

吉武監督
佐保君と玉城君を斉藤君、片岡君に変えたのは結果的に起用ミスだったと捉えられても仕方ないのでは。
あと向井君を投入するのが遅すぎますよ!たった5分じゃなくて15分は与えてやってください。
短い時間で何とかしようと3人に囲まれながらも一人で突破しようとしてました…。
彼がボールを持つとスタンドの今治サポが一気に湧くんです。もっと長い時間見たいですね。
Posted by 青吉 at 2017年05月01日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449474434

この記事へのトラックバック