2017年02月03日

明日(2月4日)はFC今治の公開紅白戦!

公開イベント(紅白戦)を見に行けない僕。(´;ω;`)
30分×2本ってホント一瞬でしょうけど、皆さん楽しんでね!

両チームのフォーメーションが4−1−2−3とした場合の争いはこうなるかな?という予想を。

ちなみにキャンプ前の公開イベントとはいえ、フォーメーションや得点経緯の細かいところはSNSで言わないのがマナーかなと思いますが、その辺の告知はいかがなものでしょう。当日かな。

1つ目の僕的ポイントは楠美君(J2東京ヴェルディから移籍)。
最優先の選択肢は去年までの金子君のポジションの候補かな?
いわゆる、「アンカー」と呼ばれている、DF4人の前にいるチームの舵取り的MFです。

両チームのアンカー対決! 『楠美VS金子』 が見られるかな??

金子君の去年の経験値は大きいですし、真面目な努力家で大舞台に強いメンタルを持った選手でこれからも伸びていけるタイプの選手だ!と僕は思っています。
だからこの争いは簡単には決まらないはずです。

楠美君はまた、金井・宮本・小野田・斎藤辺りとセンターバック(CB)を争う存在でもあるのかな?と思います。

楠美君がセンターバックに入った場合。
センターバック対決! 『楠美VS金井・宮本・小野田・斎藤』 が試合途中から見られるかな??
ただ、対人では宮本君は十分強いし、オノもシーズン終盤に自信をつけただろうし、斎藤せいじ君はベテランの意地があるし、やはり簡単には決まらないと思います。

楠美君がどれほど力を発揮するか、レギュラー争いの1つのポイントです!

2つ目のポイントは上村岬君
岬君は去年まではチーム1の圧倒的なテクニックでオンリーワンな存在でした。
それが故に、彼はチームの状況に応じて色んなプレースタイルを選択していたように思います。

アウェーKUFC南国戦(アウェー)では、フロントボランチの本来の位置から少しだけ真下に降りて中盤のすき間に顔を出し、相手をかく乱。
高知ユナイテッド戦(ホーム)では、アンカーの近くでチームのバランスを崩さないようにプレー。
市原の地域CLでは、右FWながらフロントボランチの横くらいにしょっちゅうポジションを取り、縦にガンガン攻めた左サイドとは違う、真ん中気味からの崩しを意図していたような気がします。

そして今シーズン。
鈴鹿の絶対的司令塔でパスもシュートも形を持っている(気がした)小澤君。
他にも運動量とディフェンスに優れる「おかず」こと岡山君。
テクニック溢れる玉城君。
攻撃的センスの塊の可児ちゃん。
強烈な左足と突破力がある(はずの)三田君。

FWでも桑島・長尾・長島。

とライバルがうじゃうじゃいます。
(水谷琢磨は今年はSBで勝負かな。)

みんな平等に応援はしていますが、岬君には「去年の大黒柱の意地」は見せ続けて欲しいと切に願っています。
岬君がどんなプレーをやろうとしているか、注目です。
個人的には彼が地域CL(市原)で見せた、

『真ん中にポジションを取り気味の「ワイドアタッカー」』が彼が輝いて生き残る道かな、

と予想しています。

僕は行けないけど、もし行けたら的な個人的注目点でした!
皆さんそれぞれ楽しみを持って楽しんできてください!!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック