2017年01月30日

新体制発表会1 新スタ名を必要以上に深読みしてみる

新体制発表会の、取るに足らないことをわざわざ取りあげてみるシリーズです。
決して眉間にしわを寄せて書いているわけではなく、気軽に妄想・推測しているシリーズですのでそこのところをご理解を。

まずはスタジアム名!
スタジアム名については当初2〜3行で終わらすつもりが、考え始めると意外と「妄想」が止まらなくなって以下の長さになっちゃいました(笑)
決定された名前は

「ありがとうサービス.夢スタジアム」



通称は「夢スタ」。


岡田さんが就くまでのオーナー会社である「ありがとうサービス(今治市)]が建設し、FC今治に貸与(金額等の詳細は非公開)するという形の今回のスタジアム。
そういう背景から考えて「ありがとう」もしくは「ありがとうサービス」が入ることは確実でした。

「夢」の一文字は、FC今治の会社名「今治.夢スポーツ」の一部も兼ねていることが今治サポ以外の人にとっては連想しづらいですかね?
でも、入ってきましたね。

僕の周辺サポの予想では、

ありがとうスタジアム
今治ありがとうスタジアム
ありがとうサービススタジアム
今治ありがとうサービススタジアム
が多かったですね。

それでも、クラブの会社名の一部も入った今回のスタジアム名はクラブ運営の覚悟の表れともとれるし、素敵な名前に決まったなぁと思います。

ただ、今回の通称「夢スタ」の決定に多少賛否両論あるようですので、タイトル通り「必要以上に深読み」を勝手にします(笑)


って単語は「素晴らしい言葉」であると同時に、ややもすると「仰々しくて壮大すぎる」というか、抽象な印象も持たれてしまうかもしれないワードじゃないでしょうか。

まぁでもきっとこれから

FC今治がカテゴリーを駆け上がったり、地域に欠かせないクラブに進化していくごとに現実味が増してくるワード

なんでしょう。
そう思いましょう、えぇ。
まだ続きますが、これが今回の結論です(笑)


僕の周りの今治サポやSNSや色んな場所での他サポの反応などを見ていても、

「通称はありスタじゃないんだ」「通称ありスタで良かったんじゃないの?」

的な反応が多いようです。
確かに「音の響き」や「語源の言葉が『ありがとう』であること」を考えると、

「ありスタ」が親しみがあってよかった

のかな?
響きも可愛らしいですよね、「ありスタ」


クラブ、サポーターが「お互いにありがとう」という気持ちも込めてね

まぁ、何かにつけて、(何かにつけて言うとってちょっと悪口っぽく聞こえちゃいますかね?(笑))

格好よさを優先する傾向にあるFC今治らしいかな、「夢スタ」。
クラブのコンセプトも、
『世界の大海原に向かって大航海』という(感じの)FC今治だもんね。

そんなこんなで、周りにヒアリングした限りでは通称「ありスタ」派が多かったかもしれないけど、クラブコンセプトに近い「夢」の一文字を『敢えて』選んだのかな?

別の角度から考えると、クラブにとっては、ありがとうサービスの一部分の略が使われる「ありスタ」よりも、自分たちの会社名である『今治夢スポーツ』から一文字「夢」を用いて「夢スタ」にした方が地元今治において何かとメリットが大きくてリスクも小さいのかな?という判断をしたのかな?という気もします。

上に書いたこれらは全て僕の考えすぎで(笑)、

単純に漢字一文字で意味を持つから「夢」の方を選んだのかもしれません(^^;
漢字って外国人には受けるだろうし、インターナショナルなクラブを目指すクラブにぴったり的な。

「ありスタ」に若干の名残惜しさが(^^;

まぁそれなりに色んな人にヒアリングして、慎重に決めたスタジアム名&通称と信じたいです。
一部のお偉いさん方の密談で決まったんじゃないよね、きっと。

もちろん、もう決まったスタジアム名をしっかり受け止めて、広めていきたいと思っていますよ。
↑↑ ココだけ勘違いしないでくださいね!
以上。

さて、3日後には愛媛FCとTM。
お隣クラブでお互いにTMと言えどそれなりに勝敗も意識するかな!?
吉武さんはわざわざそんなこと考えないかな??
今治は勝てば周りも喜んでくれて儲けものですけど、愛媛FC的には逆に負けられないでしょうね。
見に行ける人、うらやましいいいいい!

「ありスタ」⇒「アリスターオーフレイム」の画像で締めを。
このセンス。
あまちゃんのセリフじゃないけど、「分かるやつだけ分かりゃーいい」
yjimage j.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック