2017年01月28日

新加入Steven Lenhart(スティーブン・レンハート)はMLSの人気選手だった!

新体制発表会。
全体的な観点からはだいたい皆さんと同じ感想で、何か取り立てるようなことは特にないんですよね、実は。
ただ、細かいところでは色々思うところもたくさんあるので、来週以降、追々触れていきたいです。

先週のTMを見た時に発見した練習生「スティーブン」
公式 http://www.fcimabari.com/team/player/steven_james_lenhart.html

その時はまだスティーブン・レンハートというフルネームを知りませんでしたし、僕はMLSファンでもないので、彼の顔を見ても「MLSで活躍した元有名選手」とは当然思いませんでした。

昨日から今日にかけて、インターネットやYou Tubeで漁っていると、なかなか面白い情報が出てきて楽しんでいます。
かなり時間を費やしています^^

全部を挙げるとキリがないので、「steven Lenhart」で検索をかけて英文のままで読んでみたり、翻訳ソフトにかけて読んでみたりしてください☆
動画(YouTube)の方がプレーもキャラも分かっていいかも!
2012年に大活躍していますね。その後は膝の故障に苦しんだようです。

1番最近の記事は「SBnation」ってとこのコレかな?

TMを見れなかった遠方の人にとっては、
SOFIFA17
にある彼の能力値が彼の能力を想像しやすくて良いかも♪

そして、Twitterでは、彼の前所属していたクラブのサポの方が色々紹介してくれました。
ほんっとありがとうございます!






この方の紹介してくださった記事や動画を見ていると、彼の人物像やプレースタイルが分かりそうですね。



動画を見ていても、彼の人気は凄いものだったことが分かりますね。
ファンサービスにはかなり期待できそうです!
話しかけてみよっと!
この下のブログでしたら、日本語ですので安心して読めますし、彼のかつての人気のほどが分かりますよ。
http://blog.livedoor.jp/litti12klinsi06/archives/1650468.html

彼のキャラクターがチームとどう化学反応を起こすか、吉武さんの人心掌握術が試されるところですね!
そう言えば、TMでも高校生の副審や選手相手になんかめちゃまくし立ててしつこくなんか言ってたな(笑)
高校生は困惑していたけど^^;

ウチ的には桑島の良太や上村の岬君と気が合うか、それかお互いに反発しあうかも(笑)
ケンカしちゃいかんぞ!(笑)


実際に日曜日にプレーを見た感想としては、
〇 足がめちゃ長いからリーチが長くてドリブルのリズムが他の選手とは明らかに違う
〇 体が大きくて懐が深いからボールをキープできる
(屈強な選手が集まるMLSでも彼のそれが武器になるくらいだもんね)
〇 オフェンスに関しては動きの繰り返しをしっかりやる
〇 ディフェンスは一応やるけど、普段、今治の小柄な選手たちの早い切り替えを見慣れているのでボールロストした時の切り替えは遅く感じる。(大柄な体ってもあるだろうけど)
  実際、スティーブンの初期ディフェンスの遅さは他の選手も肌で感じている感じ。
〇 今治の選手のシュートが相手キーパーの届かないところに狙いを定めて丁寧に狙ったシュートが多いのに対して、スティーブンのシュートは「とにかくゴールの枠内めがけて足を思いっきり振りぬく」というイメージ

要するに、

とにかく豪快なオフェンス能力

が持ち味の選手です。

TMをみた限りでは彼が見せた気質の荒いメンタリティや攻守の切り替え力的に「契約に至るかなぁ?」と僕は懐疑的な目で見ていました。
まぁでも、アメリカの1部リーグである「MLS」で見せた彼の長所を日本のJFLでも発揮できれば

JFLのどのチーム相手でも「フィジカル無双」

できそうですもんね。

彼が後半からのオプションになるか、レギュラーFWになるかは

どこまで今治のサッカーにフィットできるか

がカギでしょうね。
「骨をうずめる覚悟」と言っている彼ですので、人生かけて必死でトレーニングに取り組んでくれるでしょう!
皆さん注目していきましょうね!

そう言えば今日、彼のファンと思われる外国の方がクラブの公式アカウントに返信tweetをしていたので僕がそれを引用tweetをしたら後で「いいね」をもらったんだけど、無事にクラブにメールを送ることができたって意味かな?(笑)(笑)


というわけでちょっとまとまりのない文になってしまったけど新加入のスティーブン選手についてでした☆
この記事へのコメント
待望の長身FWですが、この2年間まともにプレーできてないとすると過度な期待は禁物かな。
万全の状態ならJ1でも通用するだろうけど、どこまで膝の状態が良くなっているかですね。

動画を見る限りでは米国人らしくピッチ外では陽気なナイスガイですが、試合中は熱く激しい性格のようで
審判の判定や相手選手との接触で熱くなってイエローカードを連発しないかも少し心配。

とはいえ、90分間フル出場は厳しいとしてもブロックで引いて守られた時に切り札として投入できるのは
宇都宮氏の言っていた第2のオプションとして強みになることは間違いない。
同じようなタイプが多い今治の選手と違って、大雑把だけど、難しい体制からでも強引にキャノンシュートを打ち込む彼のようなタイプは試合の流れを変えるキーマンとしてはアリ。

中野、片岡のクロスや上村、小澤の正確なキックから相手DFを弾き飛ばしながらドンピシャで合わせるスティーブンを想像しながら開幕を待ちたいと思います。
Posted by 青吉 at 2017年01月28日 23:44
状態さえ良ければ少なくともオプションになるのは間違いないですよね!
イメージ的には名古屋にいたケネディのようなイメージでしょうか。
膝を酷使させないためにも、1シーズン、切り札的なオプションでもいいような。
Posted by ミライ at 2017年01月30日 07:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック