2016年11月21日

4日後に開幕、地域CL最終決戦。嵐の前の静けさ?【雑談】

最初に言うとたいしたことは書いていません(笑)

各チームの週末のTMはコチラ。
これ載せたいだけ^^;





今治は去年プリンスリーグ四国から落ちてEリーグ一部を舞台に戦っている今治東高校を相手に、前半2−0、後半4−0で合計6−0。
相変わらず選手を目まぐるしく代えていろいろ試していたようですが、

45分×2で6−0は苦戦していたのかな?

と受け取らざるを得ませんが大丈夫でしょうか。(相手は1,2年生中心だよね?)
見ていない試合についてごちゃごちゃ言いたくないという僕なりの原則があるので単なる杞憂に終わることを願ってこれ以上はお口チャックしておきます。

ここからはどーでもいい日記。。
昨日は午前中、知り合いのプレー目当てに愛媛県リーグ一部を観戦。

土のグランド、スタミナ切れを起こすベテラン中年プレーヤー、チームのエースや大黒柱がめっちゃ輝く、プロではないレフェリングが故に荒れる試合展開&ちょっとしたプチ乱闘などなど。。

県リーグには県リーグの魅力があります。というかアマチュアリーグ全てにそれぞれの。

個人的には東予リーグよりうまいチーム、もしくは遠征が苦痛でないチームが県リーグで闘い、
さらに上手いチームや遠征が苦痛でないチームが四国リーグで闘うってイメージでサッカーに関わってきました。
FC今治は上の上のカテゴリーを目指す壮大なクラブになっちゃいましたけどね。

でも東予リーグも県リーグもチームの平均年齢が上がってきたなぁと最近つくづく思います。
若手のつもりだった僕もいつの間にか30歳を越えてましたし(笑)

にしても、喧嘩っ早い、口が悪いっていうのを「あそこは〇〇(とある東予の市名)人だからしゃーないわい」で済ましていたら、永遠にそこの地域の道徳観は変わらないんじゃないかなーとも思ったりもした昨日でした。

午後は結局、愛媛FCは見に行かず清水エスパルス対徳島ヴォルティスをTV観戦しました。

エスパルスはFC今治の水谷琢磨がレンタル移籍してくる前のチームだし、Jリーグ開幕当時、ヴェルディ川崎の次に好きなチームでした(笑)

琢磨は今治サポのメイン層であるおばちゃん・おじちゃんに好かれるというより僕くらいのキャラクターの層に好かれるタイプなのかなぁとも思う時があります。
(おばちゃんは圭君とか大好きですよね。笑。)

ユースの時の華麗な代表歴、プロからレンタルでやってきた「背番号10」ってイメージが先行しすぎなところがあるのが現状でしょうか。
でもね、決して優等生キャラじゃないんやけど(笑)、話せば話すほどオモロイ選手なんでね、オフザピッチでもチームメートやサポーターにもっといじられて人気が開花して欲しい選手です!!!!!
よく見ると可愛い顔してますよ(笑)

滉大だったりオノだったり琢磨だったり、
未完成の素材が成長していくのを見るのがやっぱり1番楽しい!

琢磨にとって清水のJ1復帰は嬉しかっただろうけど、MF金子翔太君という琢磨の1歳年上である21歳の選手が躍動してゴールを決めた姿をどんな気持ちで見ていただろう・・・と思ったりもしました。

琢磨がピッチで伸び伸びプレーできるかが何気に市原3連戦のカギを握る一面もあると思っているのでご注目を!!

情熱大陸 山口蛍.jpg

いよいよ最終ラウンド開幕の足音が・・・。
posted by ミライ at 17:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地決では、先に失点しない事を意識してそれを実行する勝つ為の守備戦術も考え体現しなければならない事を強く感じます。
Posted by SOUL at 2016年11月23日 12:34
鈴鹿のパス回しがどれ程か分かりませんし、高知も讃岐もパス回しのチームじゃないのでどうなるか想像つかないですね。。
仰るように守備をどう想定して、いざ始まったときにどう修正するかも大切ですね!
Posted by ミライ at 2016年11月23日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック