2016年10月17日

JFA指導者研修&全社の応援に関する諸注意事項その2

小雨ぱらつく中、JFA(日本サッカー協会)の指導者講習に参加しました。
東予地方は今治以外すべてお祭りど真ん中のため参加者は非常に少なく、ここに組んでしまったのか組まざるを得なかったのかはわかりませんが、うっかり組んでしまったのなら協会(EFA?JFA?)の大きなミステイクですね。

FC今治のコーチスタッフも複数いました。
個人名は出しませんが!

一緒に受けた研修(実技&講義)も楽しかったし、今治のスタッフやJFAに聞きたかったことをたくさん聞けて有意義な時間になりました。
優秀な指導を受けなきゃ「ポジショニング」や「見る技術」はなかなか自分では伸ばしにくいですよね。

そして、JFAの研修の最後の方で流す「ビデオ」がサッカーの素晴らしさを凝縮していて毎回感動なんですよねぇ。
「リスペクト」をテーマに
審判と審判、審判と選手、自チーム相手チーム問わず選手と選手、サポーターとサポーター、選手とサポーター、監督と監督、監督と選手などなどがピッチで、スタンドでお互いのリスペクトシップを交換する場面がどんどん流れてくるんですよね。

文字だけじゃ想像しかねると思うけど、とにかく感動なんですよ!^^;

僕のブログもたまに(?)辛口なことを言っているかもですけど、全ては

日本サッカー協会が提唱する「リスペクトシップ」を周りに対してしっかり持たないと今治はどこかでつまづく、思ったよりも軌道に乗らないよってことを一貫してきて言っているつもり

です。
選手もサポーターもクラブスタッフも他の形で運営に関わっている人みんなも。

リスペクト.jpg

PS
前の記事にある通り、『応援に関する諸注意』を「PDF」か「HP上の文言」で載せるメリットを市の担当の方に僕がお話をしたからか、そもそもUPする予定だったかは分かりませんが、

新居浜市がHP上でもあげてくれて、横断幕については丁寧にPDFで載せてくれています!
パーフェクト!
ちゃんと柵の高さも載せてくれてるしね☆
サンキューです!

http://www.niihama-kokutai.jp/info/news/000276.html

新居浜の対応してくれた人は腰の低い感じだったからいい対応してくれるかなとは思っていました!!!

いよいよ全社の足音が近づいてきましたね!
最近おもてなし的な記事が多いですよね(笑)たぶん次も。

ついでに。


ちなみに愛媛の方、19日20日にはイオン今治でFC今治カフェの2回目があるようですよ。
タグ:FC今治
posted by ミライ at 17:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先ほどから気になって少し調べてみたのですが、
来場者に対して何らかの告知をしている自治体が少ないのが気にかかります。
見たところ、応援にまで踏み込んだのは新居浜市だけ。
あと宇和島市が駐車場の告知をしています。
北条は、初日は2面並行でやるのに、
松山市からは特にアナウンスが出てないんですよね…
下のふわりに迷惑がかからなければいいのですが。
Posted by デンバー at 2016年10月17日 21:49
県協会からアナウンス出たようですね!
圏内人口が多いから県から出したのかな。

北条は確かに応援のアナウンス出した方がいいかもです。
新居浜は愛媛の中ではサッカー好きが多い街ですからね。

公務員さんを動かすには地元の人がコツコツと各市を動かしていかないといけないんじゃないかな!!!!
Posted by ミライ at 2016年10月18日 08:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック