2016年10月11日

第13節(再)VS 高知ユナイテッドSC〜四国リーグ終了 勝手に個人的MVP&功労賞!〜

高知戦、無事終わりました!
これにて四国リーグは閉幕です。
高知とは全社の準決勝で5度目、地決1次ラウンドで6度目、最終決戦で7度目とまだ対戦が残っているでしょう!!!!!!!!!!!!

超勝手に!
ポジション別の個人的MVP兼功労賞 です!
個人的ですからね(笑)

GK部門
「中村クラブのおじさんGK!!」
パチパチパチパチ!

ここでの「オジサン」はめっちゃ『敬称』です!あしからず。
今年のユーロでハンガリーの「トレパンGKキラーイ」が話題になりました。

キラーイの写真画像.jpg

中村クラブのGKもまさに「四国のキラーイ」!

四国の川口能活であり、四国のキングカズ的スター!

ファインセーブ連発で四国のサッカーファンを驚かせました!!
チームは最下位になってしまってチームは県リーグへ降格?
しかし再来年、もう1度四国リーグへ舞い戻ってきてほしいです。
そして、50歳くらいまで現役でプレーしてください!と誰かお伝えください(笑)
中村クラブに何もツテがないので^^;
高知対中村クラブの動画
https://www.youtube.com/watch?time_continue=339&v=0zAkBDvA7MI

DF部門 
アルヴェリオ高松 武田直樹選手
何度もこのブログでも触れた、CBでもSBでも見せた圧倒的ポテンシャル!
転勤で四国リーグ離れるのが最終決定となれば、四国リーグの大きな損失です><

アルヴェリオ武田選手サイン.jpg

MF部門
FC今治 上村岬
   &
高知ユナイテッドSC 横竹 翔

岬君。
ジュビロ仕込みの高い技術はさすがでした!
(プレスバックの時の後ろからの危険なチャージが玉に瑕ですけど)
チームをJへと導いてくれ!

横竹選手
攻守に存在感のあるプレースタイル&抜群のリーダーシップで高知USCを全国中から愛されるクラブへ押し上げた立役者!

FW
該当者なし。
全社、地決で誰かが大爆発してJFLへと導いてくれたら追加ですが四国リーグとしてはなしで。

チームワーク賞
スペシャルワンな組織力を見せてくれた「多度津FC」!!

以上!
いよいよ全社ですね〜。

PS
八戸の新スタジアムの様子。
色んなクラブから祝われて、色んなクラブのサポーターがかけつける。
リンク先に飛ぶのってめんどくさいかもしれないけど、ぜひ1度見てみてください!!
特に後半部分。
http://ameblo.jp/forever-reds1104/entry-12208146475.html

そして最後に、、

来年度どのカテゴリーに所属しようが今治がこういうクラブになるにはまだまだそれぞれの立場で昇るべき階段がある

のではないでしょうか。

PS2
越知町コスモス祭りにて。
1つ1つのテーブルに話しかけていく高知ファイティングドッグスの選手&スタッフ。
写真では伝わらないけど、寄っていく側も寄られる側も家族みたい。
20161009_103522_HDR修正3.jpg

20161009_103505_HDR修正2.jpg


今年は最後まで「高知家」というフレーズが意味するところを直に目の当たりにし続けた1年でした。
決してお役所が決めて1人歩きしているフレーズではないのよね、「高知家」

次回、「高知戦の翌日に僕も負けずにとある場所で広報活動しようとした結果!」の巻〜。
posted by ミライ at 17:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
張っていただいたリンク元の者です。この度は当方の記事をご紹介いただきまして、ありがとうございます。たまたまリンクが張られていることに気が付き、お邪魔させていただきました。

私自身、実は浦和レッズの応援がメインで、地元のヴァンラーレ八戸についてはほぼ毎回観戦するものの、ゴール裏の皆さんとはちょっとだけ距離を置きつつ、客観的な立場でチームを見守っている者です。

色々なチームから今回祝福されたのは、JFLならではの特色もありますが、八戸の名物サポーター・ティガーマスクさんの存在が大きいと思います。アウェー遠征のたびに相手サポから慕われている様子がSNS上に溢れており、知名度に加えてお人柄の良さが表れた結果かなと感じます。

ただ、集客という点ではそれだけでは如何ともし難く、クラブやサポーターによる、これまでの地道なPR活動(選手が試合前なのに各戸へポスティング活動をするとか、週末の朝市に熱心なサポーターが集まってチラシ配りをするとか)の成果だと断言できます。4年前の地域リーグ時代、無料の試合ながら雨の時には200人程度のお客さんの時もありましたが、JFL3年目の今年、J3昇格に必要な1試合平均2000人にいよいよ近づいてきたところです。

浦和レッズも、今でこそあれくらいスタジアムにお客さんを集めますが、Jリーグ開幕頃に地方で試合をする際には遠征者も少なく、近くにいるお客さんに「一緒に応援しよう」と声を掛けていたものです。地道さという点では何ら変わりないと思います。

ちなみに、昨年春に当方のブログで、こんな駄文を綴ったことがあります。(→http://ameblo.jp/forever-reds1104/entry-11875658271.html

関係者がマメに記事を読んでくれている訳もないとは思うのですが、今振り返ってみると、内容の半分くらいは今八戸で実行されてるなって感じます。やはりお金も経験も無いチームが知恵を絞って進めていくと、同じような結論にたどり着くのでしょう。大事なのは地道な積み重ねとその継続性ということなのでしょうね。

少しずつでも裾野を広げ、仲間を増やし、クラブに関わる個々人がそれぞれできることをするという視点は大切だと思いますし、私もその点では同意見です。ただし、活動が義務的になってしまうと集団からこぼれ落ちてしまう人も出てくる可能性があるので、そのあたりのさじ加減は難しいですよね。

FC今治を応援されているということのようですね。市川大祐選手がこちらに加入しましたが、適切なタイミングでリスクを掛ける、その判断力はさすが元日本代表っていうプレーをみせてくれています。

お互い、目指す高みはまだ遥か先ですけど、いつの日か高いカテゴリーで対戦できる日を楽しみにしております。突然の訪問、失礼いたしました。
Posted by のりたろう at 2016年10月12日 23:59
コメントありがとうございます。
Twitterでご挨拶しようかなとは思っていたのですがお先にご丁寧にありがとうございます。

>>ゴール裏の皆さんとはちょっとだけ距離を置きつつ、客観的な立場でチームを見守っている者です。

僕も極力俯瞰できるようなポジショニングを心掛けています^^
それはそれでいろんなものが見えて楽しいですよね。


>>4年前の地域リーグ時代、無料の試合ながら雨の時には200人程度のお客さんの時もありましたが、JFL3年目の今年、J3昇格に必要な1試合平均2000人にいよいよ近づいてきたところです。

ティガーさんのカリスマ性もですが、Twitterで朝市で広報活動しているサポーターの姿を見てスゴイなと思いました。
ちょっと、というかかなり励みになりました!

リンク先の記事、僕の想いにかなり近いものがあります!!というか僕も含む一部の今治サポの想いに。
岡田武史さんというトップが凄すぎるがゆえに、リンク先のような想いをある意味八戸サポより持っているかもとも思います。

結局は地道な積み重ねと、その「拡散」もカギだと思います!
仰るように、義務感や過度な巻き込みをしないように気を付けながらです。
サポーターの数だけ楽しみ方がありますからね。
市川選手、クロスの精度はほれぼれしますね。
フィジカルコンディションに不安があると思いましたがJFLでもばりばりやれていて喜ばしいです。

同じカテゴリーでできる日もそう遠くないと思っています!
今治はメディアで流れるニュースは派手ですが、色んな意味での成熟度はほんと駆け出し中の駆け出しです。
また良ければコメントください!

Posted by ミライ at 2016年10月13日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442716922

この記事へのトラックバック