2016年10月06日

国体&新入社員〜2つの謎というほどでもないけど謎〜

国体。
8人目のキッカーは四国リーグではコーチ登録の工藤さん。
国体では選手兼監督としてベンチ入り。

結果を後だしじゃんけん的にどうのこうのじゃなくって、プロセスが気になっています。

蹴っていないのは
GK今川と佐保と岡山。
6人目以降は基本的に信用が厚い選手から蹴らすはず。

佐保と岡山にプレッシャーのかかる場面でのPKを経験させるよりも、この日の勝利のために工藤コーチのコンディション&キックの精度をとったということですかね?

延長終了後、佐保と岡山がとても満足にPKを蹴れる状態じゃなかったのかもしれません。
ファンはご存知の通り、岡山君は豊富な運動量で限界ギリギリのところまで走るタイプですしね。
(と言っても、延長入れても90分だから普段の前後半と同じ負担ではある)

要するに、

何とか蹴れるなら地決を見据えて佐保と岡山を先に蹴らせた方が経験を積ませられる。
(地決でもこの2人の足がヘロヘロの状態で9,10人目で回ってくるかもしれないから)


という考えと、


勝利を優先して工藤コーチを選択。
この日勝てば、翌日に3連戦目を経験できるという意味で絶対に勝ちたい試合だから。


という考えがあって、結果、工藤コーチを選んだのかなぁと思っています。
それだけ

3連戦を何としても積ませたい

という思いがあったのかなぁ。
監督のコメントもその想いが強く出てましたしね。

工藤コーチのキック精度&メンタルと疲労溜まった状態での岡山・佐保のキック精度&メンタルの比較。
これは現場のスタッフでないと結論出せるもんじゃないですもんね。

「謎」と言いながら結論を僕なりに出していますね(笑)
結局のところ、試合を生で見ていないので何とも言えませんし、言う気もないのですよ。
たまに言っていますけど、直接見ていないものをどうのこうのは言いたくないのです。
が!!聞いてみる価値はありそうです。

もう1つ。
ラジオを聴いていると10月から地元育ちの大卒の新入社員「中川君」が入ったようで。
若手中川コンビにかかる期待は大きいですね。

めでたいと思うけど、これからの採用の方は

川崎フロンターレの名物企画マンみたいな実績のある人

をヘッドハンティングするのかな?
そうでないと、ただでさえギリギリのところでスタッフさんは頑張っているのに、

社業と若手社員の育成との両立が大変そう。。。


とあくまでこれは老婆心のように勝手に思っているだけです^^;
だって僕も世間では「こんなん一般常識じゃがー!」と怒られている側ですからね。
中川君がバリバリの大型ルーキーかもしれないですよね。

個人的には、

平均年齢が高い今治サポ&今治市民をぐぐぐっと『明るく』『強烈に』引っ張れる&引きつけられる&まとめられるリーダーシップ

を期待したいなぁ。

FC今治に入社できるくらいだから大学で圧倒的な場数を踏んでの入社でしょうしね。

さ、今から代表戦!
勝ってもらわな困る〜。

H28優勝決定後グーグルの.jpg

posted by ミライ at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯&国体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442574606

この記事へのトラックバック