2016年09月24日

第14節 VS KUFC南国 試合前日

今日は土曜日。
明日勝てば地域CLへの出場権GET。
そしてメディアでは「岡ちゃんのFC今治が何とかかんとか〜!」とニュースになるでしょう。
そしてここへのアクセスも増える、と(笑)
これを読んでいる現在、日曜の晩という方もいるのでは?

でも、大半の今治サポは内心は冷静です。
明日の晩は観戦仲間で祝杯予定のものの、このブログでずーーーーと言っているように、

初めから勝負は11月、ゼットエーオリプリスタジアム!!

です。
春からの経緯は全ては11月のために。
全てはそのために!

JFL昇格は使命。必須命題。
必ず昇格せねば、事業縮小の危険すら
豪華スポンサーが離れてしまう
このプレッシャーを跳ね返せ!

勿論明日の会場ではテンションあげて喜んだりしますけど、あくまで11月が勝負。
そう言えばスタッフが小学生向けに色んなイベントを企画しているけど、明日の今治市は多くの小学校で運動会実施日。
そこだけが気になるけど、、大丈夫かいなぁ。。

今治もですが、サウルコス福井、アルテリーヴォ和歌山、松江シティ、それぞれのチーム、日曜日の夕方、どんな運命が待ち受けているでしょう。。

というわけで、初めてたどり着いた方はブックマークよろしくです!^^
この1つ前の「高知決戦その1〜4」を連続で読めばこのブログの雰囲気も分かるかと!

冷静なので全く別の、しかも、深みのない戯言に。
最近、コンビニでこんな本見かけません??

フットボールクォーツ 名将たちの言葉(EIWAブック英和出版会社)

この本の1Pの見開きに

「もしも試合に負けた後でも笑っている自分に気づいたら、それは私が現場を去る時だ」

というコメントがあるんですね。

そのコメントの出典として、『勝ち続ける男 モウリーニョ』(カンゼン)

とあります。
カンゼンとは今回の問題を提起した「側」の会社です。
でも、カンゼンも色々グレーな部分もあるようです。

僕はモウリーニョがずっと好きです。
このブログのTwitterのアカウントの後半部分、これモウリーニョの名前。
それくらい昔から好き。

その言葉には含蓄があるわけなんですけど、上記の言葉は初めて聞きました。
目にしたときは、

「おお、こんな言葉も残しているんだ!さすが!」

と思っていた矢先に今回のエアインタビュー問題。

そこでネットで今回の言葉を日本語、英語あたりで検索してもまっったくヒットしません。
一応、英語関係する仕事してるから頑張ってみたのに(笑)

いつ、どんな場面の発言何だろう。
カンゼンがモウリーニョやその周辺人物に直接取材したときにGETした言葉なのか???
だったら確かにネットに出なくても不思議ではないですが。
でも、日本のメディアがそうそう簡単にビッククラブの監督や周辺者に取材はできないと思うんだけどなぁ。。

疑問が尽きません。

『勝ち続ける男 モウリーニョ』を読んでみようと思ったけど、僕の疑問があっさり解決されたらお金がもったいないので断念。
(東予中の本屋にも全く取り扱いがないし!!!!)

誰かこの本持っていたらいつ、どの場面の言葉なのか教えてください(笑)
もしくは貸してください!

もし、このモウリーニョの言葉もねつ造なら、ちょっとしたジャーナリズム。
勿論、ちゃんとした根拠がある言葉であって欲しいんだけどね。

そうではあると思うけどね。

さて、明日はすかっと優勝決めて、晩は観戦仲間で某場所でみんなで祝勝会や!!!!!
そこを楽しみに明日を待ってるよ(笑)

そして桜井グランド最終戦。
高ちゃん、せいじくん、青木さんの涙は見られるでしょうか!?

H28桜井最終戦チラシ.jpg

posted by ミライ at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442211638

この記事へのトラックバック