2016年06月24日

中野圭選手 サッカーライフ

ウィキペディア(中野圭)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E5%9C%AD

J1(当時)山形への入団時の中野選手についての記事http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1253755495/l50

去年はFC今治で最多出場時間だった中野選手。

2014年はJFLベストイレブンということで納得の安定感。

このブログでも、

全てがハイクオリティ 抜群の安定感&信頼感

と持ち上げてきました。

安定感がありすぎて、あまり触れていないくらいですよね^^;

やっぱりミスが少ないし、ミスしそうなプレーも少ないし、判断も的確!

だから、安心して見れるのかなぁと思います。

要するにサッカーの基本技術すべてがレベルが高い!


と思います。
J1に入団しているように、十分な能力を持っていると思うんだけど20代前半・中盤はJの舞台で出場機会を確保できませんでした。。

やっぱりJはJで更なるフィジカルや更なる個性が求められる世界なのかなぁ・・・。
そう思うと、今の選手たちが次やその次のカテゴリーで通用するのか、不安な気持ちになります。

サイドバックが本職と思うけど、異次元のスピードや運動量というタイプでもなく、キレキレのドリブルというわけでもなく。

でも!全てがハイレベルの質を誇ります。
そして、頭がいい!
本人も読みを活かしたプレーが持ち味と言っています。
だからJFLでもベストイレブンとれたんだと思います!!

攻撃センスもある中野選手。
こういう全てが平均的にレベルが高い選手は、FC今治のサッカーでうまく躍動できるというような気もしますね!
片岡君もそうですが。

今年も得点を量産しているとおり、チャンスと思ったらいつの間にかするすると上がってシュートを打っている印象です!

やみくもに、ではなく、要所要所で。

そして、現在は金井選手の穴を埋めるべくセンターバックへ。

正直、細身の体系やサイドバックのプレーだけを見てきた経緯から「大丈夫かなぁ?」と思っていたけど、

ほぼ問題なし!

得意のいい読みと相手に勝ちを許さないきっちりとした競り合いで、いいボール奪取を見せてくれています!

さて、何でわざわざ中野選手を取り上げたかというと、この間のテレビ放送で

国体の指定強化選手&中野選手は定時制の教諭

という紹介をされていました。

「教諭」ということは・・・公務員。

ということは、

今後プレーができてもJFLのカテゴリーまで、ということは最短(今年、JFL昇格、来年J3昇格を果たした場合)で来年いっぱいで現役を退いてしちゃうの??

と、勝手にショッキングな気持ちになりました。

「J昇格」を置き土産に、「教諭」職に専念するのでしょうか・・・。
公務員は給料をもらう副業はできないんじゃないのかな!?

ニュースを見てだけ勝手に思ったことなので、何とも言えないし、現実はなんか違う制度があるのかもしれないけど、「もし」と思うと・・・もっと中野選手のプレーを目に焼き付けておかなければ!!

と思う今日この頃です。
posted by ミライ at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック