2016年05月21日

今治蹴球人 近藤貫太その?〜慶応大学3年だけどサッカー部1年生・・?〜

前節のとりあげていない選手の感想を・・と思っていましたが違う話題にします。
前節の各選手の頑張りも称えたいんだけど、、、とりあえず明日も頑張れ!(笑)

でも、FC今治に興味がある、このブログを見ている方には今治市出身の近藤貫太君は知っておいて欲しいのです。

どんな選手かと言えば、2015年の12月に僕のブログで取り上げています。
http://fcimabari-supporter.seesaa.net/article/431833701.html
今治が生んだドリブラーのFWで元愛媛FC選手です。

このたび貫太君がゲキサカの取材に取り上げられました。
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?189613-189613-fl

慶応大学3年であるが、サッカー部(慶応ではソッカー部という名称)では1年生。

1年生のグループとして扱いを受けるということなんですかね。
そして、Cチーム。
僕の大学サッカーの知識は1どころか0なのでどういう世界か分かりませんが、いつか慶応のトップチームで活躍してほしいものです。

本人は強い海外志向が以前からあったようですね。
頭も昔から良いことが今治市内では有名でしたし、意思の強さはピカイチ。

ただ、意思の強さと個性とチームへのフィットって本当に紙一重のバランスですよね。

今治の上村君も話せば話すほど色んな意味で「芯の強さ」を感じさせてくれる選手です。
それがチームにフィットしたとき、彼の才能は開花するんだと思うし、それが「FC今治」というチームであってほしいと心から願っています。

結構、ハートの部分では貫太君と上村君、被る一面もあるんですよね、個人的には。
後、オフェンスがひたすら大好きな過去のプレースタイルも似ていますね。
現代サッカーはやっぱり守備のスキルが求められるんだよなぁ。

上村君の随所で光る「おっ」と思わせるボールさばき。
天才的なFK。

でも、まだまだ上村岬は今のパフォーマンスがMAXでないと僕は思っています。
もっと試合を支配できると思うんです。
決勝ラウンドで、

僕らがもっと「ブルっ」と震えるような圧倒的なパフォーマンス

それを必ずやってくれるはずです!!!

話がそれちゃいましたが、貫太君の現在の夢は何でしょうね。
今は慶応のトップチームかな。

>>「戻してくれたチームへの感謝を感じていますし、信頼関係を築いていかないといけない」。そう話した近藤は、再びJリーグを目指すのか?という質問に少し考えてから口を開いた。「サッカーをやっている以上、後々は考えていきたいとは思っています。でも今はそこにいくのがゴールではなく、慶應のために戦った結果、そういうことがついてきたら、その時に考えたいです。今は慶應の勝利のために何ができるかということだけ考えて日々やっているので」とぶれずに語る。

とありますし。
そして、卒業のタイミング、今治がJ3昇格を果たしていれば最高です。
そして、近藤貫太君が期待のルーキーで入ってきてくれることを今治市民一同、お待ちしているのです!!!

タグ:FC今治
posted by ミライ at 19:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 他チーム情報(愛媛FC以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日入団した渡邉亮太君もそうですが、地元の逸材はFC今治でプレーしてくれると嬉しいですね。
近藤君の他にも藤枝MYFCの司令塔、越智亮介選手や栃木SCの菅和範選手もいずれ戻ってきてくれないかな〜。
プロ契約してもらうためにも早くJに上がらなければ。
Posted by at 2016年05月22日 17:46
越智選手、菅選手、きっと来てくれると・・・僕は思っているんですけどね。
2人とも今治愛がある人間なので(詳細は控えますが・・)
Posted by ミライ at 2016年05月23日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438120763

この記事へのトラックバック