2016年04月23日

サポーターとして選手への接し方〜プレーヤーズファースト〜

試合当日Twitter⇒ブログで試合の全体的な感想⇒細かい感想1⇒細かい感想2

というリズムで来ましたが、ふと思うことを。

選手からもTwitterでフォローをもらっていることはとても光栄に思います。
そして、TRやTM,また地域リーグだからこそですが、公式戦の直後でも選手とはよく話ができます。

が、

試合直前には声をかけません。
僕なら試合前は集中状態を保ちたいから。

試合の後や普段話せる機会でも気は遣いたいです。
ナイスなプレーの時は「○○良かったですよね!」と手放しで気兼ねなく言います。

大事なのはそれ以外の時。
そういう時は、

「○○はどうだった?」
例えば、今日のディフェンスはどうだった??
マッチアップはどうだった??
切り替えはどうだった??

などと。
つまり、まずは選手がどう思っているかだったり、その事実をどう表現したいかを大事にしたいなぁと思います。

腹で思うことがあっても、たとえ信頼関係ができているとしても、口にしたくないこともあると思いますから。

つまり、

プレーヤーズファーストで接したい

ということです。

ただ、、、単に「お疲れさま〜」だけではそれはサポーターではないですよね。

J1のサポーターや、それこそ海外のサポーターなんてすごいですよね。
それこそFC今治が作りたがっている「サッカー文化」って感じですよね。

要するに!
選手の思いを聞いて、
それを受け止めてから、
1サポーターなりに感じたことを聞いてみたり、伝えてみたりしたいなぁと思っています。

それはメンタル的なことでも、サッカーの中身のことでも。
中身って言っても

積み重ねでしかどうにもならない部分は何も言いません。

まぁこれは指導者の一端としては当然ですが。
その辺は選手が日々一生懸命やっていることをリスペクトしなきゃなりません。

そして、僕についても。
さっき言ったように、そしてよくメジャーリーグに行く野球選手なんかもよく言いますが、

メディアやファンと選手が刺激しあえる関係が理想

だなぁと思います。

誤解のないような表現をしようと思い、誤解だったり変な曲解が出そうなところは表現を慎重にしたり、重ねようと思います。

それでもコメントがあれば、返事を真向に返すつもりです

つまり、真っ向勝負です!
(と言っても明らかな言いがかりはスルーしますけど^^;)

結局のところ、JFAが唱える「リスペクト」の精神をサポーターも持ちたいですよね!

僕はFC今治をしまなみ時代、つまり稲田前キャプテンや高田君などが支えてきたころから知っていますが、
歴史を大事にしつつ、今、目の前の選手の「プレーヤーズファースト」の気持ちは貫きたいですね!

よくサッカーの指導をするときに用いるのですが・・・

山本五十六
やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

FC今治の応援団の方もホント一生懸命に盛り上げようとくれようとしています。
端っこの席まで走ってきて、手拍子を客に煽ったり!!

応援団の人ほど力にはなれないけど、FC今治のサポーターが増えるように、とりあえず自分なりに頑張ろう!
明日は香川県!
VS多度津FC!

タグ:FC今治
posted by ミライ at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437035995

この記事へのトラックバック