2016年03月07日

3月6日(日)西日本社会人サッカー大会3位決定戦を振り返って・その1「名将、策に溺れていないか」

高知で見てきました。
結果後の吉武監督のコメントです。

>>また、けが人も多く登録可能18人のところを17人しかメンバー登録できないという台所事情から、みんなで一丸となって戦うことも目標でした。

初戦でケガ人も出たようです。
そもそも交通事故を起こした車に乗っていた3選手は罰として今回の大会に連れて行っていないような気がします。(いたのかもしれないけど、姿は見ていないorベンチ入りはさせなかったか)

出されたスタメンは以下の通り。

スタメン:21今川28桂5宮本13田野2片岡20小野田18桑島良4岡山19乙部31福山22高田
サブ:3金井11桑島昂16高橋17土井23斉藤25坂本

さて、僕が前夜までに掲げていた観戦テーマ

1 上村選手(初確認)と桑島良選手の化学反応
2 佐保選手(初確認)のプレーっぷり
3 長尾選手・長島選手のアタッキングの連携っぷりの再確認

いや、スタメン・ベンチ発表時点で見事に1つもかないませんでした。
テンションがた落ちでした。

とは言ってもはるばる高知に来たので、観戦テーマを

2月に1度確認した
1 「田野・宮本」CBコンビ
2 岡山選手のボランチっぷり

に切り替えることにしました。
2月の今治東とのTMでの感想はコチラ
DF編 http://fcimabari-supporter.seesaa.net/article/433366202.html
MF編 http://fcimabari-supporter.seesaa.net/article/433403526.html

その結果、基本的には3人とも1月・2月に見たときの感想と変わらずです。
田野選手はまだ怪我明けもあるのかな?と思うところもあったけど、なかなかの安定感。さらに成長を!
宮本選手はチームに合流した当初よりは自信をもってプレーしていて、さすが元年代別代表だけあって基礎技術はしっかりしています。

思ったより競り合いも強く、展開のパスは非常に精度が高いため、組み立てを安心して見られます。

岡山選手は、以前の記事で「キレがある」「安心して見られるDF能力」と評しましたが、感想は変わらずです。
鋭い出足、粘り強い寄せ、素早い判断力。
公式戦でも「不動の存在感」を見せてくれたことで、ホッとできました。
午後には愛媛FCをTV観戦しましたが、岡山選手は愛媛FCの藤田息吹選手のようなイメージでしょうか。
そうなって欲しいところです。

SBにFWの高卒ルーキー桂選手。
明らかに自信なさげにプレー。
乙部選手や小野選手から指示を受けながらプレー。

この采配は、以前からイメージしていたものなのか。
それとも急造なのか。
翌日の愛媛FCとの試合にも中野選手・田野内選手が出なかったことから、SBの人材が金井選手・片岡選手くらいしかいなかった。
金井選手に何かあったら困る、かつ、何かあった時でも攻めれるチームを作りたい。
そんな意図なのか。

ある程度チャレンジできる精神的コンディションじゃないとこの起用はあまり意味がないんじゃないか。
それとも、そういうメンタルになることも見越して、そこへの指導も見越しての起用なのか。

ただ貴重な実戦機会に、この采配はどうなのだろう。
長期的なビジョンに基づいた、シーズン後半もイメージした裏打ちのある作戦とだけ、今は信じたいです。
桂選手。前半33分ころに見せた、乙部選手とのポジション入れ替えからのアタッキング。
あれを何回もチャレンジすればいいんだと思いますよ、SBから持ち上がったりスペースに駆け込むことの怖さの気持ちはわかるけど、そこがSBの面白さだよ〜!(個人的な感想です)

FW 福山選手。
本来GK登録のこの選手のFW起用。
これも同じく。
確かに「高さ」は武器になるかもしれない。

でも、まだまだ空中での体の使い方、ポストの時の体の使い方は軸ごと押されているときもある。
落としのパスも、素人の僕らがやるみたいな、ややバウンドをさせてしまうパスも目立つ。
受けに行く動きも少なく、最終ラインにボールが入っているときに、オフザボールの動きがあまりにも少なく、チームとして出しどころに困る。

など、この2か月で吉武監督は福山選手にどこまでを落とし込み、これからシーズン開幕〜シーズン終盤までにどこまでを落とし込むイメージなのか。

桂選手もですが、福山選手のFW起用も、「あまりにも落とし込む時間がないのでは!?」と思ってしまいます。
ま、学生サッカーと社会人サッカーは練習量も違うので、僕の心配が杞憂に終わることを祈っています。

地決の苦しい時間、アディショナルタイム、最後の攻めのオプションとして起用された福山選手のヘディングゴールでJFL昇格へとなれば感動的ですね。

今日は愛媛FC(おそらく相手は控えやユース組)と試合をして0−1の敗戦。
上村選手は軽傷と聞いていたのですが、この日も後半から試合に出てきたようで、ひと安心です。
中野選手は大丈夫なのかな・・・。

追記:今回の3連戦、地域決勝を見据えて、攻撃のメソッドの確認と吉武監督が言っていますが、四国のライバルチームに手の内を見せないという面もあると思うんです。監督のコメントはフェイク、じゃないでしょうか。
ま、あくまで全て外野からの予測なので、真実やいかに。。
この記事へのコメント
私も宮崎戦見てました、今治はパスの軌道が綺麗ですね、さすがです、長尾、中野、福山FW起用は完全に今治と高知の試合時間がずれた為、見せない作戦やと思ってました、実際高知首脳陣も見てましたよ、交通事故の件に近い事は昨年のアイゴッソ対今治の春野決戦の数週間前にもアイゴッソ内で起こっていて懲罰で3名がベンチに入れず春野決戦はFW不足で結果は逆転負けでした。

高知も松江戦はメンバー落として前半の30分で3失点、後半は超攻撃的布陣でのぞむも得点をあげられずまだまだ課題の残る試合でした

Posted by 土佐丸 at 2016年03月07日 15:49
コメントありがとうございます。
記事に書くの忘れていたのですが、ぶっちゃけ、「見せない作戦」やと思っています。
吉武監督のコメントもフェイクというか。

高知も松江に予想外のスコアだなと思っていたところでした。
お互い、シーズン前の情報戦からバチバチやってるってことですね。
Posted by ミライ at 2016年03月07日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック