2015年12月03日

FC今治のH27年オフ退団選手@【山田、市川、赤井、稲田主将ほか多数】

岡田オーナーの就任。10年でJ1を目指す。岡田メソッドの定着。2か年計画。
この流れが言外に意味するものは

「血の入れ替えが少なからずある」

ということは事前に予想ができたものでしたが、いざ発表がでると寂しいものです。
まず、山田卓也選手。
彼のフィジカルは、、あえて雑な表現で表すなら、

はんぱなかった!

地域リーグでは、まるで漫画のように対人戦で100戦100勝なのです。
空中戦、球際、やっぱ代表ってすげえと思わされましたし、勉強になりました。
そして、超正確なロングフィード。
時には大きなサイドチェンジ、時にはFWへのワンチャンスパス。
FC今治の大きな武器でしたし、後輩たちにとっても目標になったと思います。
あぁ、来年はあの大きな展開ができるフィードを誰が蹴るのだろうか。。
正直、不安です。
42歳を迎え、スピードや反射神経やスタミナでは隠し切れない部分もあったと思いますが、私はこの愛媛で

元代表の山田卓也選手のプレーが見れて本当に財産になった!!

と思っています。
私だけでなく、今治の、愛媛の、四国のサッカー人にとって大きな影響を与えてくれたと思います。

そして市川選手。
故障に苦しみ、出場試合数は多くなかったかもしれませんが、福井戦に見せた

正確無比なセンタリング!


これまた、これが元代表の才能の片りんだなと思わされました。
後半にはやや足ももつれ(苦笑)、退団後はどうするかわかりませんが、彼が18歳で代表に選ばれた時から応援していた身としては今後の活躍も本当に願っています。

そして赤井選手。
プレースタイルは愛媛FC時代から言わずもがな。
故障に苦しみ大変だったと思いますが、彼の存在っぷりを引き立たせるのが、チームメートの彼に対す言葉。

「赤井さんは、チームのために厳しいことを言ってくれる。」
「リハビリに懸命に励んでいるし、チームのために嫌われ役も買ってでられる」

色んなメディアから、チームメートのそんな言葉がたくさん出ています。
アマチュアチームであり、色んな性格や夢を持つ選手が集まるチームで

赤井選手のリーダーシップは絶対に必要だった!!

と思います。

本当にお疲れさまでした。
3人分で文章がいっぱいになってしまいましたね^^;
チームを長年率いてくれた稲田主将らへの感謝はまた話が広がりそうですので後日とします。。。


山田、市川、赤井退団記事.jpg
FC今治H27退団記事.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430640007

この記事へのトラックバック