2015年10月09日

10月4日VS llamas高知戦(最終節)

やりました!FC今治、四国リーグ1位通過です!!
とりあえず試合の内容です。

以下は公式HPよりです。
2位の高知Uトラスターとは最終節を残した時点で、勝点で並び、さらに得失点差もわずか1差という中、llamas高知FCとの試合は絶対に負けられないプレッシャー中での戦いとなりました。
前半開始3分に17番高橋選手のシュートで先制点を取り、快調な出だしと思われましたが、相手の堅い守備に苦しみ、追加点がなかなか入りませんでした。しかし、後半38分に左サイドを抜け出した10番岡本にスルーパスが通り、ニアゾーン近くから折り返しに走りこんだ23番乙部がシュートし、ゴール右隅へ。待ちわびた追加点を入れ、最終的に2-0のスコアで勝利しました。

です。
相手が完全にブロックを作ってカウンターで点を狙いに来ていました。
こちらの枠をとらえたシュートも何本かあり、どれかがが入っていたら同点の超ぴりぴりしていた展開になっていたかもしれません。
「追加点入るだろう入るだろう、けど入れられたら同点だぞ、頼むぞ・・・」という空気が流れ続けました。

追加点は岡本選手のきれいな抜け出しと正確なセンタリングがほぼ全てでした。
松山城南高校(愛媛FCユース)出身のやんちゃBOY感あふれる選手ですが、やはりセンス抜群で好きな選手です!

この岡本選手を後半の中盤から投入しましたが、もう10分か15分早くてもよかったのでは!?
スタンドからもそんな声が。
ケガなのかな?戦術的な理由なのかな?
夏くらいには岡本選手がTVで「チームの方針を理解しきれていない」と苦悩を漏らしていましたが。。
サウラに変えての岡本選手でしたが、岡本選手の投入により攻撃に前への突進力と厚みが生まれて非常にアグレッシブなチームに変貌しました!
ジョーカー的な存在でこれからも使われるのか、それともサウラのポジションでスタメンもあるのか。
サウラのポジションなら上下の運動量や組織ディフェンスも強く求められるから、今回みたいなジョーカーみたいな使い方になるのかなあ。
調子によっては長尾選手に変えてワントップでもいいですね!

山田選手を欠く苦しい試合をものにし、四国リーグ1位通過決定!
引いた相手に対する崩しという課題は残りましたが、最終節を勝利は気持ちいいものです。
以上が試合の内容でしたが、次は今回のアウェイ戦のバスツアーの模様やスタンドの風景をつづります!
試合にボールボーイは必要だ。
posted by ミライ at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427524612

この記事へのトラックバック