2016年11月14日

今治側から見たヴィアティンの脅威その1〜市原リベンジへ〜

大会後はアクセス数が凄い・・。
いつもは時系列で大会を振り返っていますけど、注目のヴィアティン三重戦を先に。
格上が対戦だとサッカーの話に専念できるから幸せですね。

全社の時のヴィアティンの感想、書いていると思って過去記事探していたけど、書いた後にあまりに記事が膨れ上がるから消したのでした^^;
完全にサウルコス応援目線で25分くらいの短時間を観戦していたので細かい印象を持てなかったのですが、
一言だけ、
「バランスがいい」
というキーワードを書こうとしていたことははっきりと覚えています。

そして、Yahoo!sportsのスポナビでおなじみの宇都宮さんのWEB記事。
http://www.targma.jp/tetsumaga/

有料記事ですので勿論載せはしないですけど、
海津監督のインタビューがとても面白いですよ。

ここからはまた僕。
ヴィアティンはバランスが崩れない、んです。
攻撃のメソッドとしてはとてもエレガントとは真逆ですが確実に端的で効果的で脅威で、だから仮にオフェンスでボールを失ってもある程度自分等が想定できる失い方だからDFのバランスを整えやすいんですよね。
そして横パスにはきっちりコースを限定していって今治に横パスしかさせない。
これはどのチームもそうです。
さらにヴィアティンは縦パスに対する寄せ方がとても綺麗
普通、日本代表でも相手の縦パスをDFが背中側からチャージしたらついプッシュファールとかになっちゃいますよね。
でも、ヴィアティンの寄せ方はとても厳しいのに、キレイ
ココがヴィアティンDFの地味な強さだと僕は思っています。




戦略的にはこう見込んでいたのに。^^;
蓋を開けてみると、

ドゥグラス⇒ボランチの高田をCBへ
6坂井の侵入→高さのある岩崎起用

が当たり、坂井の温存も結果として成功。

当然、普段東海リーグを全く見ていないのでドゥグラスの代わりは多少力が落ちるだろうと思ってました。
それがタイプが違うだけで力に遜色のないMF高田選手がCBに登場。

6坂井選手の温存⇒岩崎選手の起用も同じく。
今治も現役Jリーガーの上村君を怪我で欠き、同じくJリーガー水谷たくまを投入も爆発はせず。
ヴィアティンは坂井選手を鼻からベンチに回し、代わりに高さのある岩崎選手を起用。

高田&岩崎

吉武監督にとってはまさに、漫画のスラムダンクで赤木主将が怪我しても控えの木暮君にスリーポイントを決められた時の陵南高校田岡監督の心境ではないでしょうか。

吉武監督の試合後の言葉である『完敗』
誰をどこに起用しても効果的に回るのが岡田メソッドの売りであったのに、ヴィアティンの選手、そして起用する監督にそれが備わっていたのが皮肉なところです。

ヴィアティンとはファイナル第2戦でも当たります。
次回もヴィアティンの方が前日からのリカバリー時間は長いです。

今回、後半は0−0で内容的には押していたと思います。
だからネガティヴにならずに、後半のイメージを持てば

ヴィアティンと今治は全くの互角、五分五分のチーム

と言えるのです。いや、無理やり言うんです!(笑)

後半から小野田と長島を入れました。
個人的に大好きな2人。(笑)
長島&小野田への愛をつづった過去記事はコチラ(約1か月前)

今回の両チームCBのスタメン。
今治のパス回しを警戒して、ドゥグラス⇒高田にしてきたヴィアティンの海津監督。
相手の高さが脅威であることは分かっていたものの、CB金井主将を貫いた今治の吉武監督。

最終ラウンドでの再戦。
金井キャプテンのこれまでのキャプテンシーや経験値をとるか、
ヴィアティンの高さ対策も兼ねて成長も回復力も著しい若武者小野田のCB起用をとるか、

吉武監督の判断やいかに。

そして、長島こうだいを切り札として爆発力に賭ける後半起用か、若武者に一任してスタメン起用するか、

ここも吉武監督の英断が求められます。
(ハリルさんはスタメンで斎藤学を使ったぞ!というのが僕の心の声)

右FW佐保君は佐保君でいい選手。
初期ディフェンスや相手セットプレーの時にDFとして自陣に入るときの戦力、豊富なフィジカル、センタリングの質、どれも貴重な戦力です。
タイプは違うけど岡崎がイングランドで点を取れない時期でも評価が高かった感じです。
今治のサポーターにはそこを声を大にして言いたいです。
水谷のたくまもね。
ただ岡田メソッドの場合、上に上げた以外にも色んな役割が求められるんですよね。
勿論、シュートの機会も。
だからシーズン中盤に悩みスタメンも外れ、そのモヤモヤが抜けきったようで抜けきっていない。
去年でチームを離れた選手にも数名そういう選手はいたよね。

長島滉大はチームにアクセントをつけれるストライカー
去年まではメソッドと言いながら自分の個性を出す選手が結構いたけど今年はメソッドの遵守に全体が束縛されている感じ。
その点こうだいはメソッドも守りつつ、ゴールファーストのプレーができるスーパーストライカー!
いや、個人的愛情も入ってる表現だけどね(笑)

もう1度海津監督のインタビュー(有料記事)に戻ると、とある箇所で
〜ゴール前に行くということですね。
とそこで会話を終了させてもいい流れなのに、

それに、

と追加する感じで今治のもう1つの大事なことにも触れているんですね。

同じサッカー指導者としてどうしても今治のここに言及したい、という海津監督の心情なのかな、と僕は深読みしましたよ。

ヴィアティン側の受け取り方、取材者、生観戦したサッカー好きの皆さん、それぞれに色んな受け取り方あるかと思います。
色んな意見を拝見したいものです。コメント、Twitter等。

というわけで個人的理想の三重戦のスタメン。
最終ラウンド三重戦その2.png

そして、それで行き詰ったら長島滉大を右サイドに回してかき回す、これが今治の「プランB」だ!(笑)
最終ラウンド三重戦その1.png


その1と言いつつ、次、何に触れるかは未定です^^
タグ:FC今治
posted by ミライ at 17:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

「今治前評判」&ALL BLUE PROJECT スタンドを今治ブルーで!

FC今治が企画する「ALL BLUE PROJECT」


地元開催だからできることやね・・・。
ちなみに僕は全社の今治の試合を見に行かずに新居浜に行った下種野郎なので直近のFC今治スタンドの様子がイマイチ分かっていません。

北条ではだいぶBLUEで染まっていたようだけど、ちょっと透明色の合羽でコーティングされちゃったのかな??

送ってもらった写真を見る限りそんなイメージ。

僕は金曜日は仕事で見に行けないですが、3日間、ひうちのスタンドが青一色で染まればいいですね!

ただ、ふと思ったんですけど、冬物衣料で青色って意外とない人も多いんですよね。

「青色」って寒色だから冬物衣料にはあまり使われないのかも。

そんな人は、下に何色でも長袖(温かい恰好)を着て、その上から青色のTシャツを着てもいいのではないでしょうか!!

青色のTシャツがない?

母校が今治西高なら青嵐、北高・南高なら青龍、東なら渦潮のグルTを今治の知り合いから借りてこればいいんです!!

(きっと僕んちもタンスの奥にあるはず・・・)
(あと、上の学校以外のはイマイチ把握しておりません・・)

後、青色ってね、赤や緑と違って

水色から普通の青色から群青色からバリエーションが色々あるから大変

ですね。^^;
理想は群青色なのかな???
ま、とにかく何百もの青色でスタンドを染めましょう!!
衣料じゃなくてもグッズでもいいんです!

PS
界隈で知名度がある吉田鋳造総合研究所の中の各氏による今治の前評判です。
http://gzeppelin.sakura.ne.jp/randomnotes/rn0514.html
やはりSRC広島の作田選手の写真が気になるのは共通のようで(笑)
後は一点の突っ込みどころもないくらい的確かな〜と。
今大会、チャレンジャー精神しか持ち込まないですよね〜。

金曜日の午後から広島VS三重!!
今治は全力でスカウティングに当たるでしょう。
見に行けないので、今治目線での試合の感想をココ、Twitter、LINEあたりで教えてくださいな!!
2,3戦目の観戦の幅が広がる♪♪

いよいよ開幕ですね。
目まぐるしい日々が始まります。。

1478316523470.jpg
タグ:FC今治
posted by ミライ at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

鈴鹿UNFC壮行会&第2戦SRC広島の相手キープレイヤー

鈴鹿アンリミテッドの壮行会。
熱い広報とノリのいいコアサポが今後も熱を発散し続ければ、きっと数年後にはレノファ山口や松本山雅、浦和レッズのようなチームに育っていく気がします。







今治でやるとしたらどうなるでしょう??

まだイオンモールができて間もない今治と鈴鹿の違いや

イベント広場的なスペースの面積の差、
イオンへの来客数の差、
サポーター数の差

など色々あるかもしれませんが、

イオンモール今治とはこれからも友好関係を築いてほしいものです。

仮に今治でするとしたときにイベントコート的なところで難しければ、駐車場の一画でもイイのでは。(そっちの方がむずいか?)

FC今治カフェは土日祝日を外して開催してますしね。
というか、イオン側に土日祝日を外されている、という意見もありますがね。

その辺はイオンモール側の今治ならではの経営戦略もあるでしょうから、お互いが歩み寄って欲しいところです。


さて、地域CLでたぶんカギを握るのが2戦目のSRC広島
僕が保有するチームの情報はありません。

今治と同じく、結構力入れて上のカテゴリーを目指していることは間違いありませんし、古豪松江、全社優勝の三菱水島を抑えて中国リーグ1位のチームです。

チームとしては、今年の天皇杯のページ紹介が分かりやすい気がしました。
http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2016/team_detail/34.html
とまぁ、ココでありきたりな紹介をしても仕方ないので。

本来は見てないチーム・選手のことを経歴だけでごちゃごちゃ言うのは好きじゃないという前提は理解して頂きたいんですがやむを得ず。

CBの松岡選手
広島皆実で高校選手権を優勝し、その時の大会優秀選手。
強豪明治大学の元主将であり、JFLの経験者。

ボランチの主将、篠原選手
http://www.nichibi.co.jp/futsusugo/sugoikoto/fs047/
サンフレッチェユースからトップチームに昇格した元J1戦士。
その同期に高知USCの横竹選手、愛媛FCの内田健太がいることからそのポテンシャルはただものじゃないことが予想されます。

そして。
FW横井選手に注目しています。
SRCの絶対的エースストライカーです。

お顔はコチラの公式からhttp://src-hiroshima.sm-ast.com/member.html
(作田選手のテンションが気になる(笑))

そこで。
横井選手をよく知る某サッカー関係者に2週にわたってお話を伺いました。
以下が言える範囲でその内容を要約したモノ。

〜〜〜
SRC広島の横井選手は中国リーグ通して好調で後半はチームも調子よく気合入っている。
簡単に言うとトータルで何でもできるFW。
前でためて起点になることもできるし、高校時代はドリブルも個性があった。
スピードもあるが、ずば抜けたスプリントというよりは1つ1つのプレースピード。
そして何よりも得点を取る「嗅覚」が優れている。
〜〜〜

他にも今大会にまつわるSRC広島の面白い話も聞けましたのでお会いした方にはお話しします!

さっきの特徴、誰かに似ていませんか?
僕が思ったのは、今治のエースストライカー長尾選手
2015シーズンにヨシが四国で点を重ねたように今シーズン横井選手も点を重ねています。

調べてみると学生時代は今治の長尾選手と同じリーグで切磋琢磨した間柄であることが分かります。
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?101824-103384-fl
横井選手が年齢では2つ上かな?
このURLでは長尾君も横井選手も同じページに名前が載っている!!

というか赤崎秀平、谷口彰吾、近藤貴司、上村岬と豪華な顔ぶれが載っているね^^;

身長、体格も似てるし、
スピードがあって、前でもためれて、エースストライカーでもある、

そして得点を取る「嗅覚」
長尾君の良さってなかなか言葉で表しにくいものがあって、それがまさに「嗅覚」です。

狙えるところにポジションを取る、ツータッチ目でシュートを打てるところにファーストタッチを置く、ドリブルをする、パスに飛び込む、裏へ飛び出す、
その他諸々を総合したもの
が「嗅覚」と言えると思います。

長尾君と横井選手、かなり似ている選手なのかもしれません。

ヨシが決めるか、横井選手が決めるか、

FC今治 VS SRC広島の勝敗は両エースストライカーの意地にかかっているかもしれません。

ディフェンス面ではアンカーの金子やフロントボランチの上村・岡山あたりが相手のカウンターに焦ってプレスバックしてきてファールをしてエリアに近いところでFKを与える展開にはしたくありません
そうなるとピンチでしょう。

オフェンスはこれまで通り、いや、これまで以上に思い切りやってくれー。
ヨシゴール、見せてくれ!

平均年齢.jpg
タグ:FC今治
posted by ミライ at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

FC今治の練習は非公開が増えていくから気を付けてね!

FC今治の練習について。
3日(木)は祝日ですが、3日(木)〜5日(土)までは練習は非公開、日曜日はオフ、月曜日も非公開です!水曜日も。(来週の火曜日と木曜日はOK!)
http://www.fcimabari.com/team/schedule.html

ここや僕のTwitterの影響がどれほどかは分かりませんが。
気合入れて練習見学行ってやるんだ!!って人はいませんでしたか??

公式のアナウンスをチェックし忘れてつい桜井に行ってしまいそうな人には拡散してあげてくださいね。

非公開なのにサポーターが桜井に行ってしまって、マネージャーの古賀さんや他のコーチの本来の業務の妨げにならないようにしてくださいね。

それだけは何としても避けたいのです。

選手に、コーチに、練習に集中させてあげましょう。

きっと分かっているやろ?大丈夫やろ、あの人なら公式サイトチェックしとるやろ?

という人にも念のために拡散してあげてくださいね。
念のため、と前置きをすれば言われた側も嫌な思いはしないはずです。

話題を変えて。

市原のホテル、東京行のバス予約完了!


予約完了したら、いよいよ臨戦態勢って気分になりますね(笑)
その前にまずは第一ラウンド!!!!

予約ぽちっと!イェイ!というタイミングでクラブから応援ツアーの発表がありました・・。
既に自力でホテルと交通機関抑えた人結構いるのでは・・・と心配はしていますが。
最少催行人数が1名ってのに驚きはしたけども。。。^^;
http://www.fcimabari.com/news/2016/000429.html

あと、どうでもいい話題。

全社に行った人はおなじみの愛媛国体サポートソング、愛媛が生んだ歌姫水樹奈々の

えがおは君のためにある

のCD。
かくがくしかじかで去年のいつ頃からか僕の手元に。
国体CD1.jpg
国体CD3.jpg
国体CD歌詞カード.jpg
国体CD中身.jpg

収録されているバージョン数が半端ない!

これ何気なく見てみたら、非売品やん!!

ってことは水樹奈々のマニアからしたら、ヨダレが出るほど欲しいんでしょうね(笑)

なんかうまい活用(譲歩)方法を検討中。。

PS
日曜日は練習見学に行きました。
とある選手のとあるプレーから練習の緊張感・強度が上がったように見えました。
上のカテゴリーを知る者の経験は大切だ!
これからは非公開中心で、僕のスケジュールではもう、見れないでしょう。
信じるのみ!!
タグ:FC今治
posted by ミライ at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする