2016年11月28日

FC今治昇格決定。その1。挑戦は続く!

ホントは現地スタンドの歓喜、PVがあったイオンの歓喜、それらを伝えるメディア記事をドラマチックにお伝えするのが最優先にすべきなのかもしれないけど。^^;
監督が「喜びを表現するのが苦手」とコメントしたように僕も得手不得手があります(笑)
ずかずかと道場破りのようにアウェーの空気に乗り込むのは大好きなんですけどね(笑)

まず、色んな方向への感謝は心の内にはあるんやけど、文字で綴っていたら切りがないし、読み応えもアレでしょうから簡潔に。




約束の2年で最初にして最大の関門を突破できたのは来期の、そしてそれ以降のスポンサー獲得的に非常に大きい結果となったと思います!
やっぱFC今治って結果残せる奴らやん!ってイメージを強烈に残すことができたでしょう。
これは10年20年という長期ヴィジョン的にも、でかいです。
ひょんなことから今回、各地域を代表するサッカーマニアである10名を超える諸先輩方に貴重なアドバイスと共に、色んな心配も頂きました。

その場でもお答えしましたが、地元への地道なスポンサー営業、僕ら外の人間から見える範囲だけでも相当頑張ってますし、着実に成果出してますよということは声を大にして言いたいです
ただ、色んな兼ね合いでサカツクや不動産ゲームみたいに大きい規模のことがコロっと色々すぐに変わるもんではないんですよということも合わせてね。

それに、(岡田さんだけでなくその後継者スタッフ達も含めた)クラブの方針に賛同してくれる県外企業と地元企業の出資の2軸、両輪がそれぞれの企業規模に応じて回るっていうのが

『これからの時代の街クラブの1つの生き抜き方の提唱』

であってFC今治のやり方。
理想論は別として地方クラブの生き抜き方は1つじゃないってことですね。
あと、先達の話を聞いて、松山市(愛媛FC)・今治市の関係性にあたる前例がないに等しいことも再認識でき

改めて前代未聞の挑戦だな

と思いました。
(長野、青森の2都市は歴史的に文化的棲み分けが愛媛よりくっきり)

何はともあれ、サポーターはサポーターとして適材適所でがんばるのみ。
濃ゆい先達の皆様、またお会いしましょう(笑)

サッカー的には、地域CL一次ラウンドで『自分たちのサッカー』を貫いて惨敗してから
どういう話し合いがあったんでしょうね。
ただ言えるのは、しっかりミーティングしたんだと思います。

決勝R初戦の鈴鹿戦のあとに吉武監督が『選手にもよく聞いて明日の闘い方を考えたい』
と言っていたのも四国リーグを追ってきた身として妙に印象に残っています。(公式には拾われていないけど)

一部の選手たちは一次ラウンド後も、自分たちの力を発揮できればまぁ大丈夫だと思いますよ、という雰囲気でした。
そりゃ決戦の前だからそういう雰囲気を意図的に纏った部分もあると思うけど、サポが思っているよりは明らかに余裕と自信があったんですよね。
自分たちの高い能力と積み重ねてきた練習を信じてきた結果ですかね☆

大好きな戦術のお話。(笑)
@ 初戦の水谷琢磨を相手の司令塔小沢選手につけたマンマーク(気味)起用。

A 2戦目(ヴィアティン戦)のファイブ(スリー)バックと斉藤選手の藤牧選手対策起用。

今シーズン、ファイブバック(スリーバック)は公式戦で何度か試そうとして、うまくいった試しはないような気がします。(J相手とのTMの中身までは不明だけど)

確かホームの高知ユナイテッド戦も最初の数十分くらいで吉武さんが
こりゃいかんいかん、全く機能せんぞ!!って感じでめちゃ慌ててフォーバックに戻した記憶があります。
(ほんとに機能していなかった(笑))
見ていないけど聞くところでは全社2回戦もだよね?
そこからよくここまで仕上げました・・・。

B 同じくヴィアティン戦の上村岬君の交代
現地の人はその場面を目で見てたから知ってることだけど、岡田さんが吉武監督を呼んで交代を指示。
実際に吉武監督の指導バックボーンやこれまでの采配を考えると、仮に岬君を交代の選択肢があってもあと10分か15分くらいはプレーさせていたような気がします。

全社から今回に至るまでの準備、采配、どこまで岡田CMOが関与したでしょうね。
今後のインタビューの結果として多少は言葉の行間から読み取れるとしても、最後の最後の所は煙に巻かれると思います。
明かされるとしても5年後や10年後?もしくは二人とも無言を貫く可能性も高いかもです。

ふと、書きながら頭によぎったけど、
今年のFC今治の天皇杯(カマタマーレ戦)や地域CL一次ラウンドが岡田JAPANの南アフリカW杯直前のキリンカップで、今回の最終ラウンドがW杯本選に相当したと思うと、
『おぉっ!』と思うところもありますね。

余談ながら鈴鹿が三重に破れたのは、今治が一次ラウンドで三重に負けたのを重ねているような試合展開でした。。
鈴鹿の監督さんが自身で認められているように最初の今治戦の采配から歯車が回らなかったような印象です。
(でも作り上げたスタイルは素晴らしかった)
サポーターも衝撃的でした。
試合中、試合後、表彰式での鈴鹿サポーターの振る舞い、絶対に忘れません!
広報のクラブ愛はもう説明不要ですよね(笑)


今日。


最後に今日のまとめ。
しまなみ時代からの選手である斉藤せいじ君の大活躍、高田君の活躍が見れての優勝。
OBも、OBコーチも喜んでいるでしょう!
なんか、昨日の試合で高ちゃんへの周りの選手のサポートが手厚かったなぁと思ったのは僕だけなのかな?
感動でした。

選手個人にスポットをあてて書くとキリがないのでまずはこの辺で☆
H28地域CL後.jpg
タグ:FC今治
posted by ミライ at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

明日から地域CL!

個性を存分に発揮しているキープレイヤーたち+海津監督采配のヴィアティン
 VS 
戦術意識、選手のメンタルの統一感では4チームのうちNO1と個人的に思う三菱水島

小澤パスサッカーの鈴鹿(4チーム中この秋唯一未観戦)
 VS
岡田メソッドのパスサッカー

正直言えば明日の初日が1番面白い対戦だとは思うのです。
相撲で言うところのがっぷり四つって感じで。
それを見れない悲しさはあるけれど、明後日から市原で全力で応援してきます!

明日からの3日間だけをターゲットに戦ってきたこの1年!!

1 岩脇力哉  ビッグフェイス&ビッグセーブ!
2 片岡爽君  努力の塊!
  3 金井さん  オールラウンダー&キャプテンシー
  4 岡山おかず 無限のスタミナ&ファイティングスピリット
  5 宮本ミヤ  絶対的な対人能力
  6 中野圭君  総合力&冷静な判断力&ヘディング
  7 堀江もん  気迫あふれるプレス
  8 上村岬君  ジュビロ仕込みのファンタジスタ!
  9 長尾よし  持って生まれたストライカーセンス
 10 水谷タクマ 世界で通じるアジリティ
 11 桑島昂平  キレある切り返し&フォアへのセンタリング
 13 田野君   抜群のコーチングとヘディング
 14 長島こーだい 世界へ翔けろスーパーストライカー
 15 金子カネコ  チームの舵取り屋&圧倒的すべり芸
 16 高橋康平君  吉武監督も認めるサッカーセンス
 17 土井たっくん スプリント力&ムードメーカー
 18 桑島りょーた ハイレベルなキックの質&サッカーセンス
 19 乙部君    キレある切り返しからの弾丸シュート
 20 小野田オノ  アタッキングセンス&ポリバレント
 21 今川君    コーチング&献身的な姿勢
 22 高田たかちゃん 抜群のスタミナ&豊富な経験値
 23 斎藤せいじ君  圧倒的パワー&豊富な経験値
 24 菅原悠平君   高い基礎テクニック
 25 坂本航輝    的確なコーチング&フィジカル
 26 佐保君     フィジカル&ワイドアタッキングセンス
 27 下村かずま君  吉武監督も認めるサッカーセンス
 28 桂太希     藤本先生仕込みのドリブラー
 29 竹本伊吹    スピード&シュート
 30 田野内     スピード&攻撃センス
 31 福山ふくちゃん チームに欠かせない愛される男
 32 渡邊良太    組み立てセンス&今治魂

みんなのいいところを結集して、、
勝利目指そう!
とにかく望むのは、、全員が1つになってくれ!ということ!

FC今治が、もしくは今治市が好きな人。
来れる人は市原市へ大集合、来れない人はPVが開かれるイオンモール今治へ大集合!
社長もかつてこう言ってるので(笑)

矢野社長1.jpg

来週の月曜日を笑顔で迎えられますように・・。
タグ:FC今治
posted by ミライ at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

4日後に開幕、地域CL最終決戦。嵐の前の静けさ?【雑談】

最初に言うとたいしたことは書いていません(笑)

各チームの週末のTMはコチラ。
これ載せたいだけ^^;





今治は去年プリンスリーグ四国から落ちてEリーグ一部を舞台に戦っている今治東高校を相手に、前半2−0、後半4−0で合計6−0。
相変わらず選手を目まぐるしく代えていろいろ試していたようですが、

45分×2で6−0は苦戦していたのかな?

と受け取らざるを得ませんが大丈夫でしょうか。(相手は1,2年生中心だよね?)
見ていない試合についてごちゃごちゃ言いたくないという僕なりの原則があるので単なる杞憂に終わることを願ってこれ以上はお口チャックしておきます。

ここからはどーでもいい日記。。
昨日は午前中、知り合いのプレー目当てに愛媛県リーグ一部を観戦。

土のグランド、スタミナ切れを起こすベテラン中年プレーヤー、チームのエースや大黒柱がめっちゃ輝く、プロではないレフェリングが故に荒れる試合展開&ちょっとしたプチ乱闘などなど。。

県リーグには県リーグの魅力があります。というかアマチュアリーグ全てにそれぞれの。

個人的には東予リーグよりうまいチーム、もしくは遠征が苦痛でないチームが県リーグで闘い、
さらに上手いチームや遠征が苦痛でないチームが四国リーグで闘うってイメージでサッカーに関わってきました。
FC今治は上の上のカテゴリーを目指す壮大なクラブになっちゃいましたけどね。

でも東予リーグも県リーグもチームの平均年齢が上がってきたなぁと最近つくづく思います。
若手のつもりだった僕もいつの間にか30歳を越えてましたし(笑)

にしても、喧嘩っ早い、口が悪いっていうのを「あそこは〇〇(とある東予の市名)人だからしゃーないわい」で済ましていたら、永遠にそこの地域の道徳観は変わらないんじゃないかなーとも思ったりもした昨日でした。

午後は結局、愛媛FCは見に行かず清水エスパルス対徳島ヴォルティスをTV観戦しました。

エスパルスはFC今治の水谷琢磨がレンタル移籍してくる前のチームだし、Jリーグ開幕当時、ヴェルディ川崎の次に好きなチームでした(笑)

琢磨は今治サポのメイン層であるおばちゃん・おじちゃんに好かれるというより僕くらいのキャラクターの層に好かれるタイプなのかなぁとも思う時があります。
(おばちゃんは圭君とか大好きですよね。笑。)

ユースの時の華麗な代表歴、プロからレンタルでやってきた「背番号10」ってイメージが先行しすぎなところがあるのが現状でしょうか。
でもね、決して優等生キャラじゃないんやけど(笑)、話せば話すほどオモロイ選手なんでね、オフザピッチでもチームメートやサポーターにもっといじられて人気が開花して欲しい選手です!!!!!
よく見ると可愛い顔してますよ(笑)

滉大だったりオノだったり琢磨だったり、
未完成の素材が成長していくのを見るのがやっぱり1番楽しい!

琢磨にとって清水のJ1復帰は嬉しかっただろうけど、MF金子翔太君という琢磨の1歳年上である21歳の選手が躍動してゴールを決めた姿をどんな気持ちで見ていただろう・・・と思ったりもしました。

琢磨がピッチで伸び伸びプレーできるかが何気に市原3連戦のカギを握る一面もあると思っているのでご注目を!!

情熱大陸 山口蛍.jpg

いよいよ最終ラウンド開幕の足音が・・・。
posted by ミライ at 17:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

西条市でひらかれた今年の地域CL1次ラウンドとFC今治。

いよいよ地域CL最終ラウンドまで1週間を切りました!

今日のTMの雰囲気はどうだったんでしょう・・。

明日は愛媛県1部リーグの試合を午前中に観ることは確定で、午後から愛媛FCを見に行こうか迷い中。
協会登録者用のタダ券があるというのと、木本監督が退任決定でスタジアムやサポーターがどういうおもてなしをするかを見てみたいというのが理由。

最初はタダ券の誘惑だけだったのでどーしよーかなーと。
市原遠征に向けて松山への往復のガソリン代すら節約しとこっかなー、みたいな。

結局、アクセス問題って言うのは道路や駐車場や立地もですけど、そこまでの単純な距離にかかるガソリン代のこともあるよねー。
FC今治が新スタジアムに西条・新居浜から人を集めるなら、そのガソリン代+チケット代(今は0円)の価値を提供せな難しいわけですねー。


地域CLの西条ラウンドの観客は1200人。
場所は今治から東へ31.6キロ、所要時間50分の西条市ひうちでした。
(何となく調べた結果)

クラブは、サポーターはこの数をどう受け止めたでしょうね。

四国リーグのホーム戦開催とは場所も違うし、広報に費やせる質も量も違うのは当然のこと。
結果よりもどう受け止めたかが、大切かと。

ちなみに、数キロ先の西条農業高校では西条市産業文化祭が開かれ、

午前11時くらいの時には河川敷に車1500〜2000台くらいあったんですよ。
1479544187150.jpg

西条市は祭りの土地柄か、

何かあったらとりあえず行く。

って感覚が割とある土地柄なのかなぁと思います。

特に行ったところで結果的に満足するものがないとしても、

毎年開かれるアレがあるけん、とりあえず行くか?

みたいな。
ちょいワルな軍団が園芸コーナーとか美術作品とか絶対見ないだろ、とこっちは思うけどもそういう層の人たちでも顔をとりあえず出す。
屋台でイカ焼きでも買ってまったりベンチに座って食べて、30分でもすれば、「そろそろ帰るかー」みたいな。


だからFC今治にとって、今回の全社や1次ラウンドは大切なキッカケになりえたと思います。

西条市役所の広報専門委員さんがスタンドを取材していことからも、来月の西条市の広報誌かウェブ媒体には取り上げられるのでしょう。

今回、クラブが西条・新居浜のフリーペーパー「ホージャ」や「マイタウン新居浜」に告知記事を載せたのは、隠れたファインプレーだと思っています。
1479544187874.jpg


芝生席中心に初めて今治の試合を見た西条・新居浜市民もいたように感じます。
スタンドでも、試合終了後の会場アナウンスで初めてFC今治が決勝ラウンドへ進出できることを知った方もいてびっくりしました。

そういった方が今回、サッカー観戦の楽しさに気づいてくれたらいいですね!
負けはしたもののサッカーの試合としてはゴールも複数回入ったわけだし、相手サポーターも熱心だったし、こっちもメインもバックも一生懸命だったから十分にそう思ってもらえる雰囲気だったとは思います。

この3日間まいた種が、来シーズンに繋がりますように。

新スタジアムを5000人埋めるためには、近い将来、西条市こそが実は鍵を握るはず!

今治市+西条市で           山雅のある松本市
今治市+西条市のうちの旧東予市圏域で レノファのある山口市

くらいになるはず。(今治市は内陸部で換算)

何はともあれ、、未だに明日愛媛FCを見に行くか迷い中―(笑)
なんだかんだで見に行っちゃうかなー。
いや、どーしよかなー。
タグ:FC今治
posted by ミライ at 17:47 | Comment(7) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

ヴィアティン補足、鈴鹿、水島〜その1的なその2

前回の記事を振り返ってみると、采配にフォーカスしすぎていたな、と。

というかヴィアティンの基本戦術はシンプルなので、「既知のものだ」って考えがありすぎて逆に全く触れていなかったですね。。

でも、

今年初めてサッカーに興味を持った今治の方も見てくれているからというのが1つ、

東海の人に「コイツ、ヴィアティンのした今治対策を分かっていないんじゃないか?」と勘繰られたくないのが1つ(笑)、
というわけでタカオニア氏の端的なコメントを引用して、超簡単に触れておきます。




あれ〜?
タカオニアさんが御自身のtweetに返信する形で追記されていることも端的に分かりやすく解説してくださっているのに、このブログへの引用がうまく反映されません><
サッカー好きな人はクリックして、確認してみてください!僕も同意見なんです!

以上!

そして昨日の愛媛新聞の記事。
1479282522281.jpg


どれもその通りだなあという文が続きます。
カマタマーレ戦と似ていたという選手コメントがありましたがまさに。

ある程度の個々のディフェンススキルとある程度の成熟した連携を基にした『コンパクトな2ブロック』を組まれたら、限りなくジ・エンド。
8月の天皇杯のカマタマ戦なんて今治がビハインドなのに、アディショナルタイムでエリアの外で右から左へ左から右へボールを回している(回させられている)のみで、観戦者のフラストレーション半端なかったからですね^^;
最終ライン・中盤から両ウイングへのパスの供給成功確率と縦パスへのチェックを基準に判断すると、DFの寄せの範囲や厳しさは

カマタマーレ>>>ヴィアティン>高知USC>>>>>>>>四国リーグその他チーム

という感じかな。

ここまで来たら岡田さんが言う、チームが岡田メソッドを「守・離・破」する部分の「破」の瞬間が最終ラウンドの最後の最後で見ることができると信じるしかありません。

再戦の展望を、前回のコメントに返事する形で。
Posted by 青吉 at 2016年11月14日 22:01
>>三重戦は完敗でしたが…
最初の2失点はミスからのものだったし、
もし今治が先に決めていればここまでの点差は開かなかったんじゃないかなと。

※宮本は実力はチームNO1と思うんですけど、吉田麻也みたいにたまに致命的なミスがあるのが痛いですね。。
 実力は素晴らしい。

〜略〜
>>CB小野田もいいんですけど、高さには高さを、強さには強さをで斉藤君の先発もアリだと思ってます。
小野田は攻撃のオプションとして使いたいので
右のワイドアタッカーに滉大、左に小野田、
フロントボランチに岡山でなく桑島良という超攻撃的布陣はどうでしょうか。

※CB小野田も気の抜けたポカをしそうで怖いですしね(笑)
 小野田君は攻撃でというのは彼の将来を考えても同意です!
 良汰と岬君のダブルフロントボランチは僕の中では理想です。
 春先かシーズン前にあった気がするけど、ほんっとに見ていて楽しいですので。
 後半ビハインド時のオプションとして採用して欲しい!
 せいじ君か怪我が回復してくる田野君か、もう1人のCBの存在や調子もカギを握るはずですね。

Posted by SOUL at 2016年11月15日 09:46
>>守備に関して言えば、攻撃時のボールを奪われた時のリスクマネジメント、想定、対策等についての意識が希薄していたと見えました。悪いボールの奪われ方をした時のリカバリー対策が急務だと思います。まずは失点をしない事。
一番、目についたのは攻守の切り替えが三重戦では完全に走り負け、圧倒されていた事がとても気になりました。今治の勝利を願っています。今治JFL.を願っています。

※2015シーズンで攻撃のメソッドの型のイメージができ始めたので今年は守備のメソッドの構築だ!という吉武監督の言葉から始まった2016シーズン。
リカバリー対策、リスクマネジメントは結局、取られたら少しでも早く取り返す、ということ頼みになりつつ。
それが四国リーグだと運動神経で取り返せるけど、地域CLでは果たして・・・。

最終日、水島戦もそうなる展開か?
全社の準決勝を観戦しましたが、水島は強いし、何より連携がいいよ、選手同士の。

初日の対戦相手の鈴鹿は全社でも見れませんでした、というか逆サイドでいわきFCを見ていました^^;
最終ラウンドも初日なので見れません。。
一番見たい対決なのにね。。

率直に言うと、、パスサッカー同士で負けたらしゃーないわ
って感じです。

今治はチャレンジャー!!
ココ大切!
タグ:FC今治
posted by ミライ at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする