2016年10月29日

エヒメ全社の影響&地域CL組み合わせ!

全社はホントに愛媛で開かれて良かった。
確実に去年までより今年の春、春より夏、夏より全社前、全社後から今で比べると今治の色んな人が発信するようになったなぁと思います☆
気軽に発信できるような空気感になってきているんだと思うし、嬉しいですよね!^^
(発信しなきゃマズいぞという危機感からの人もいると思うけど)

みんな薄っすらは思っていただろうけど、今回の全社、

サッカークラブって上から色々与えられて、まるで昔のお百姓さんがお上に何か与えられて「ハハーッ、ありがたく頂戴いたします〜。」って頭下げるようなもんじゃないな

って今治サポの多くが心から確信を持てたような大会だった気がします!

ついでにこのタイミングで言うなら(前から言いたかったけど)、FC今治で検索してこのブログが上に来ちゃうのが絶対に良くないと思ってます。

もっと、

熱く燃え上がる声出しの皆さんやあらゆるサポーターや地元の店の頑張りやクラブの普及活動や選手の笑顔や試合の興奮、サポーターとの一体感などの魅力を前面に出した発信媒体(Twitter、Facebook、インスタ、ブログ)が上に来るべきだ


と。

数年後、JFLならそういう媒体が上5つくらいにあってその下に僕のがこっそり。
数年後、J3、J2ならそういう媒体が上10個くらいにあって、その下に僕のがこっそり。

本来そーいう立ち位置でいるべき内容だと思ってます。
上のカテゴリーのサッカーチームってそんな感じだもんね。

Twitterも立派な発信媒体なので、

〇〇さんのTwitter、
△△のTwitter
□□団体のTwitter

をチェックだ!って明るく気持ちよくなれるTweetをチェックするのが楽しくて、このブログの存在が消えてしまうのが究極の理想です。
(ま、フォーメーションや戦術の『サッカーの内容談義』は不特定多数の人としたい気持ちはあるけど)

そもそもはココも最初のきっかけは自分のサッカーの勉強のために選手や学生がやっているようなサッカーノートのつもりで始めましたしね。
字が汚いのと、ノートって汚れやすいし朽ちやすいし、なくしたらオシマイだし、USBメモリに入れたとしてもそれごとなくしたらオシマイだしってことでWEBに。

というわけで組み合わせが決まりました。
前日の気持ち☆


ってなわけで今日の組み合わせは抽選のお姉さんしか印象にありません^^


スミマセン(笑)
ヴィアティン対サウルコスはサウルコス目線で見てて、そのまとまりきれない姿が印象に残ったのでヴィアティンは全体的にフィジカルが強い&攻守にバランスがいいのかな?くらいのぼんやりしたイメージしかありませんので^^;

やるしかないもんね。
今治は必ず昇格!って言ってるクラブなんだから!

鈴鹿とはファイナルで会いましょう!
お嬢様聖水&二宮かまぼこ&シューズ.jpg
タグ:FC今治
posted by ミライ at 17:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

全社そのA。4日目〜コミュサカのサラダボウル!〜

準決勝2試合目を観戦。 
 
開幕前の想定では高知ユナイテッドとFC今治が火花を散らして当たるだろうということで取りづらい休みを何とかとった25日午後。
日ハムの中田翔じゃないけど、高知をコテンパンにぶっ潰せ!という予定でした。

その結果は、

そして




こうなりました。(笑)

試合中は高知のDamaさん、東京23FCのnagiさん、今治のサポーターたちが同席し、男気溢れるつくばのコールリーダーの応援を肴に準決勝をわちゃわちゃ言いながら観戦。

岡田さん・高司さん、吉武監督、今治の選手ら、東京23の羽中田監督も階段を挟んで隣に陣取る。

試合後はつくばサポを挟んで逆サイドにいたいわきのmasaruさん、ヴィアティン軍団さんらともご挨拶。

まさに、コミュサカのサラダボウル

そしてコミュサカを語るうえで外せない人(サポではない人)ともご縁とお話が。(実は1番の出逢い・・・)

僕が参加したのは地元愛媛にもかかわらず日曜日1日(新居浜)と昨日の半日(ひうち)という短い時間だったのに、、、色々ありすぎて、書ききれません。
それを書くのがTwitterじゃなくてブログという媒体だろが!とツッコミが入りそうですが。。

他地域、他チームサポと色んな話、ディスカッション、ご縁、本当に素晴らしいものでした!
これで締めくくらせてください(´;ω;`)

来年は福井全社!
もっと盛り上がりますように!
そして今週の土曜日は地決の抽選!

PS
あ、昨日のサッカーに触れるなら、三菱水島の連携の成熟度が素晴らしかった!
やってても選手もきっと楽しいだろうし、実際強い!
選手間も完成された部活チームみたいな良い空気感だし、練習に6人しかそろわない時もあるとか、GKは夜勤明けで出場、GKが輪番で仕事ってホント??って思わされます!
そして11番の選手はスター性抜群!

個人的にはコミュサカMVPを受賞した二宮蒲鉾のお陰で縁ができた三重の2チームを観戦日程的にじっくり見ることができなかったのが心残りですが、地決での対戦という運命でしょう!!!




いわきFC地決サポ円陣.jpg
タグ:FC今治
posted by ミライ at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

全社その@〜サウルコス、東京23、いわきFC、VONDS、アミティエ

全社編と言っても日曜日の新居浜の4試合と、明日のジョイフル本田VS三菱水島を見るのが生観戦ですのでそれ中心に。
各チームの応援まとめ、サポーター編については後日。
FC今治のクラブ周辺のことばっかりここ3か月くらい書いていたので、久しぶりにサッカーの話題だわ(笑)

いわきFC,あのミラクルバイシクルシュートの同点ゴール。
動画はコチラ
観戦当日はタイプの違うサポの応援スタイル、劇的な展開などの「その場のライブ感」で、「いわきやべぇぇ!うぉぉぉ!」だったけど、

今朝、いわきについて冷静にコメントしたのがこちら。



この議論には140文字じゃとても収まらないのでDMでもメッセージ頂けましたが、宇都宮徹壱さんや他のライターはどう捉えるでしょうか。
ただ、FC今治ってやっぱ普段の戦場が四国にあるからか、実態として誰も直接見ている人って少ないんだなと思いました。
それに今回2試合したのに、FC今治の岡田メソッドについての反響、少なくないですか???
いわき、いわき、いわき。
まぁ、好カードがほとんど新居浜に偏ったからマニアはそっちへ行ったという事情が大きいのでしょうけど。。

対戦した関大2008、ジョイフル本田さんはどう思ったでしょう。
宇都宮徹壱さん以外のサッカー通はどう捉えたでしょう。
ちなみに新居浜会場には全国の地域リーグに詳しいマニアみたいな人がごろごろいました。
だいたいそういう人は同じところに席取るんだね^^;
後ろでフムフムと頷かせて頂き、僕みたいな浅い観戦歴人間には相当勉強になりました。

全社が終わったころからみんな、何か今治の方針について賛否両論、発信してほしいなぁ。
そういうのは書籍だったり、サッカー批評、フットボール批評、ZONEあたりのサッカー誌だったりかもだけど、それでもいいから。
いわきについては再度触れると思います。
こういう意見も出るでしょうね。↓


あくまで今治のは、日本人が世界で勝つためのスタイル作り(をしながら昇格も同時に)・・・。

ここから各チーム編。
まずサウルコス。
宇都宮徹壱さんの記事で出ている女性。


実は僕も新居浜会場でまずパッと印象に残ったのは、その同じ女性だったんです。
醸し出している雰囲気とか服装とか。
宇都宮さんという著名なライターがわざわざ一般女性を「美人」と取り上げて記事の一部に載せた気持ち、分かりましたよ。

サウルコス、四国民の僕は去年の地決のFC今治対サウルコス戦ぶりに観戦。
東京23を観戦する関係で、試合前の応援と後半途中から見ました。
幕、応援ともにさすが北陸の雄であり、地決の常連です。

監督解任など、色々あって選手もメンタル的に自信を持ってのプレーが難しそうでした。
苛立ちもチラホラ。
メンバー構成も普段と違う部分もあったようです。

そして、「違和感」を感じた箇所。。
敗退後、白い歯を2回見せた某選手。

もしかしたら普段から明るく振る舞う選手でチームメートを励ます意図があったのかもしれません。
それが許される、もしくは期待されている選手で、サポとでも選手間でもそういう関係の選手なのかもしれません。

でも、あの敗退決定直後の挨拶の場の前後での白い歯はとても違和感がありました。
間近で見ていて、サポへの挨拶が終わってベンチへ戻る時に振り返って見せた2度目の白い歯と視線は明らかに宇都宮徹壱さんの記事に出てくる「美人女性」へのような気がした。(労い、感謝の意かな)

選手間、サポと選手間への人間関係を全く把握していない他サポという前提で勝手に書いているんだけど、それでもあの笑顔には未だに違和感が残ります。

福井新聞にこんな記事が出てたというコメントを見ると一層に。



遅れましたがサウルコスサポさん、御土産ありがとうございます!
福井サポ土産.jpg

何も応えられなくてスミマセン(´;ω;`)
まだまだサポ素人だわ(´;ω;`)
二宮蒲鉾で調達してじゃこ天差し入れすればよかった。><
貰ったチャント表をしっかり覚えます!^^

他にも他サポさん、声かけてくれてありがとうございます!
何となくコイツかな?と視線だけくれた方、何となく感じたのでありがとうございました!(笑)

東京23。
応援は日本代表みたいな感じ。
でも、前後半の入りに2〜3分同じチャントを繰り返す歌うのはいいなーと思いました。
雰囲気は四国民からすると「あわわ、都会の人だー」という感じでびびっちゃいました。

サッカーの印象。


でも、この後アミティエに逆転される。

バイタルで普通に前を向かせる、サイドバックの所で普通に高い位置で持たれるので相手に決定機を数多く作らせていました。
でも!なんか違和感なんです。
あんだけ攻撃のステータスが高いならば、DFは本来もっとできるはず。。
爪を隠しているような印象・・。
あの攻撃のバリエーションに、DFが気持ちを1段ギア上げると、地決では手を付けられないほど暴れまわりそうです。

ジョイフル本田を見た人の感想を合わせると、

関東のチームってどのチームも体を投げ出すようにディフェンスしてくる

んですね。
それが「スゴイ売り」ではなく、基準というか当たり前になっている感じ。

他のリーグとは格が違うのかも、これからは。。

VONDS。
全てがJFLかJ3レベル。
プレーも、応援も。
技術もフィジカルもオールラウンダー。
前からのチェイスって今治の持ち味でよくやっているよね〜とか井の中の蛙的に思っていたけど、今治のチェイスよりよっぽどもっと鬼が迫ってくる感じ。
15番良かった。

アミティエ。
パワーを追加した水谷琢磨(激しさとキレが持ち味:清水エスパルスからレンタル移籍中)がごろごろいて、それがボールをとったらすぐにまずゴールを取るためにどうするかを考える「クセ」がついている感じ。
いや、「クセ」って言ってもサッカーはそういうスポーツなんだけどね、日ごろ今治のポゼッションサッカーを見ているとそう表現しちゃう。。
でも、守備が連動していてなくて、単発で「うぉりゃ!」って感じなので、失点を重ねてしまったイメージです。

というわけで広く、浅くでした。
ちなみにこの記事、今日(第3日)の試合より前に書いて保存していた内容でした。

今日は仕事でした。。
ここから仕事終了後。

三重ダービーですか。
今回の全社の1番の収穫は

三重県のイメージが変わった

こと。(笑)
関西なん?中部なん?といじられる県というイメージしかありませんでしたが(大大大失敬)、めちゃノリがいいということが判明しましたね(笑)
そして今治のエース上村岬の出身地でもある。

地決で鈴鹿対今治となれば、

「練り物販売者・購入者ダービー(通称ニノカマダービー)」

ですな。
タグ:FC今治
posted by ミライ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

全社とFC今治とFC今治サポーター〜繋がり〜

今回の全社、


ホスト県出場チームとして温かく迎え入れるという振るまい(表現)がベースの気持ちとして絶対的に存在しつつ、

その裏の意として

他チームのサポーターがひょっこり第二サポ、第三サポでもいいから今治サポーターになってくれたらな

という気合を表現の裏に秘めてクラブ公式もサポーターも発信すれば良いのかなと思っていました。


今治サポの恐らく共通の一番の危惧、今治、西条、新居浜、松山東部あたりを圏域にコンスタントに5000人集められるか?ってこと。
岡田さんが半日おれるスタジアム周辺作り、街作りをすれば圏域外からもどんどんとやってくるで〜!と言っているけど。
それには来年夏にスタジアムができる直前になって初めて県外サポにはアピールしていくのじゃなく、今から地道にアピールしていかなきゃと思うんですよね。

最初のホーム2、3試合くらいは豪華ゲストによる記念イベントもきっと開いて満員になって、メディアが手放しで岡田さん礼賛記事を一斉に書くのが予想できます。
でももう、日本を代表する豪華アーティスト・パフォーマーが3組も4組も来たって少なくとも個人的には、個人的にはですけどもう・・・お腹いっぱいです。(勿論新規ファン獲得のきっかけにはとても大事なことですよ)
それよりも地元の幼稚園の鼓笛隊、小学校のマーチング隊、中高の吹奏楽部・ダンス部が揃って何かしてくれる方がよっぽど長く記憶に刻まれるんじゃないかな。

話を戻すと、今回の全社もアピールの絶好のチャンスですね。
きっと、

あ、愛媛ってあのよくメディアにでてくるFC今治ってチームがある県か?

って関心持っている県外サッカーファンはたくさんいたはずです。
全社の閉幕まで、その、ほんのうっすら関心を持ってくれている層を一気に巻き込む、引き込む、サポーターまで取り込む、そんな気概が大切で結果的に失敗したとしてもいいから、それこそある種「バリチャレンジ」じゃないかと。

今からでも、

市役所やイオンにはFC今治情報を多少掲示してますよ〜今治の人もですが今回県外からお越しの人も興味あれば足をお運びくださいね〜

って呟くだけでも意味あることだと思う。
ただ、勘違いしてほしくないのは、スタッフにはとにかく身体を壊さないことだけを今は願っています。
だから、だんだんと2年前より去年、去年より今年の春、今年の春より夏、夏より今、と、スタッフの忙しさを知るたびに、

サポーターがもっと発信していく必要があるのかな!

という感情が強くなってきました。

そしてそういう感情はサポーターの間でも最近強くなってきているのかなと地元での雑談を通して感じています☆

そして事態はこんなことにね(笑)(笑)


鈴鹿アンリミテッドのTwitterはこの前後も楽しいね!

あと、ヴィアティン三重もノリいいね!


繋がりを広げるにはこういうのがやっぱり大事なんだなと想像以上に衝撃でしたね!
あと三重県人って社交的ね?^^

というわけで自営業じゃない、僕なりのおもてなし情報をここで1つ!

※ひうち会場周辺1km以内(特に産業道路沿い)はまあまあいいポケモンが結構な頻度で出まくりますよ!!
・・・
・・・
ドヤっ!(*´∀`*)

明日が仕事だから開幕の雰囲気に乗り遅れるのが無念・・・。
僕もノリノリでいたかった(笑)
タグ:FC今治
posted by ミライ at 19:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

全社会場へのアクセス&応援諸注意事項その5&全社に来るならコレを。

EFA(愛媛県サッカー協会)が応援規定をUPして、いよいよSNS上でも全社の雰囲気ですね!!!

ここまで、

新居浜市国体推進室の担当の人と応援規定について話す&返事を得る

ブログで紹介する

新居浜市がHP上&PDFで応援規定をあげる

ブログで紹介する

EFAが全会場分を網羅してUPする。 NEW!

という流れ(笑)
単なる予定通りの業務スケジュールだったんかもしれないけど(その割には直前すぎる気もする)、ナイスコンボなのかもしれません。
協会の人が見てくれたのかな?^^;
トラブルのない大会に終わればいいですね、県外サポのためにも!!

その5は書くつもりなかったんだけど、どうしてもTwitterを見てて1点だけ気になる点があるので。。

ちなみに、その1はおもてなし情報でコチラ
その2はおもてなし情報でコチラ
その3,4は応援規定に関してコチラコチラ

新居浜のグリーンフィールドですが、駅や臨時駐車場から現地までについてに関して一言。

マップやナビで見た直線距離と、実際に移動する体感距離は全く別物ですよ〜〜〜〜!!

ってことが言いたいです。
ひうち付近は平坦な道だしナビで見たままだと思うけど。

河川敷の臨時駐車場から5分くらいで高架下を通る急なアップダウンがあり、丘の上に立つグリフィーまでには最後上り坂もありますよ。

新居浜会場に行く他地域のサポーターさんへ。
高架下の急な坂
https://www.google.co.jp/maps/@33.9552611,133.3026513,220m/data=!3m1!1e3
距離自体はとても短いけど、、車が斜めになっている角度からお察しください。

グリフィーの坂
https://www.google.co.jp/maps/@33.9523536,133.313411,913m/data=!3m1!1e3
グリフィーは山を切り開いた丘の上にあります。
最後の方は手ぶらじゃないままで歩くとゼーハー言うのではないでしょうか。
学生は自転車をタチ漕ぎでウォリャーと言いながら丘の中腹の自転車置き場までたどり着くのが彼らの青春だけど、大人にとって下から会場まで歩いていくのはちょっとした一苦労ですよ。

(地域リーグに慣れていたらそんなの余裕かもしれません。高知の春野だって下の駐車場から多少歩きますしね。)

それに高架下辺りは歩道もとても狭く、初見者ではちょっと不安に駆られるかもしれせん。
試合前に疲れちゃぁ、元も子もないですよね。

横断幕などの荷物も多少あるなら、素直に

ジャンボタクシーを借りればいい

と思います。
恐らく僕の経験上で言えば、新居浜駅からグリフィーまでがジャンタクで高くて1500円〜2000円で行けるはずです。
ジャンタクにサポーター10人で乗るとしたら、1人150円〜200円ですよ。
激しい坂を2回歩くよりよっぽど能率が良いと思います。

新居浜なら「光タクシー」は確か2台所持しているはずです。
他は知りませんが。

と!!!
一昨日までにここまで書いていたんですけど、調べるとタクシーでも最後の上り坂手前で止められてしまうようですね^^;
これ。


なのでサポの数や手持ち荷物などで判断は変わるかもですね。^^;

ここからは2点、ポップな話題!
愛媛に来たらこれにチャレンジしてみては!
1つ目。
「東予の誇れる産業遺産(たから)コンテスト」
1476860932996.jpg

1476860933940.jpg

俳句部門と写真&エッセイ部門があります。
面白いのはこういうタイトルなのに、恐らく応募者が少なくなったらマズイという危惧からでしょう、こそっと

「産業遺産以外の題でも東予地方に関することならなんでも良い」

というところですね(笑)
全社やグリフィー、ひうち、FC今治について俳句やフォト&エッセイを作って入賞を狙ってみてください!!

2つ目。
四国おもてなし感動大賞!
1476860935023.jpg

1476860931957.jpg

これも狙ってみてください!
例えば、今治の商店街の看板娘がこんなことをしてくれたよ!みたいなね!(笑)

PS
FC今治カフェ行った人はTwitterでUPしてね〜。
タグ:FC今治
posted by ミライ at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする