2016年07月30日

来週の試合について&8月の月曜トレーニングマッチは注目ですよ

昨日の南海放送の月刊FC今治はオーストリア遠征、イオンモール今治の「FC今治カフェ」、長友訪問など7月の色々な出来事を一気に振り返ったような編集でした☆

H28月刊FC今治0730.jpg

この画像の通り、直近の試合はこんな感じです。
(っていうか8月は月刊FC今治チャンネルお休みなんですね・・・いい番組だけにショックです)

ここには載っていないですが、8月下旬からは天皇杯の本選も入ってきて、いよいよ格上とのガチ対戦が始まる面白い季節になります!

8月7日は愛媛県ではNHKでも放送がありますね☆☆
「サッカー好き層」へサポーターを広げるチャンスですね。

ちなみに松山大学は前日の8月6日、大学界のビッグトーナメント「総理大臣杯」の1回戦を戦っているんですよね、四国外で。
それには1軍フルメンバーで挑むんですよね??
それとほぼ同じメンバーで日曜日の今治戦も来るのかな・・・????

若いとはいえさすがに移動も含めて疲労は出てくるんじゃないのかなぁ!?
そうなると今治がただでさえ前半かきまわして後半に仕留めるスタイルだから、後半になると大差がつくんじゃないかなぁ。。。
松大はもともと豊富な運動量が持ち味なのでどこまで食い下がれるか注目です。

松大には知り合いもいるので、ぜひいい対決になればいいなぁ。

さて、次に8月の練習試合ですが注目です!!

8月8日㈪ 環太平洋大学 (桜井)
8月22日㈪ 高知大学 (桜井)

中国地方の大学サッカートップ学校の環太平洋大学
四国地方の大学サッカートップ学校の高知大学

ともに全国的に見ても強豪の大学サッカーチームです!!

ここらとのトレーニングマッチは見物で一見の価値ありですよ!!
相手もきっと1軍のフルメンバーで来るはず!

今治のベスメン対環太平洋大学や高知大学のベスメン対決でどんな試合内容になるのか、絶対に面白いですよ!
お金を払う価値があるくらいです!

月曜日ですが、うまく段取りつけて見に行きたいと思っています!!

そろそろ約1か月にわたった「FC今治の試合がない週末」も終わりに近づいてきましたね!
サポーターも夏バテに注意して、勝負の夏・秋を迎えましょう!
posted by ミライ at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯&国体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

サポ獲得論2〜女性サポがやっぱり・・?〜

高校野球は松山聖陵が優勝を飾りました。
まぁ、ベスト8チームが揃った時点で力量的にそうなる予感はしていたけど、甲子園でアドゥワ君旋風が起きてほしいですね。
(三振を獲るタイプじゃないから、1,2試合の登板ではスターにはなれないでしょうが・・・)

昨日の準決勝も見応えありましたよ☆
今治北の一糸乱れぬ応援、素晴らしかった。
東温スタンドはカタリナ戦の方がもっと燃えてたような気がするけど、どうだったでしょう!?

満足感があったわけではないと思うけど、今治北も東温も来年以降は「優勝」を目指して選手もスタンドも熱くなって欲しいです。

さて、8月7日までは試合がなく、オフのイベントもぼちぼち終了しました。
リツイートはしたのだけど、高知ユナイテッドも高知のイオンモールでイベント開くみたいですね。

どんなイベントにしているのか、今治の参考になるといいですよね。
新人研修も兼ねてスタッフの中川悠美ちゃんに見に行かせてみてはどうでしょう??

本題ですが、サポ獲得論です。
先週、愛媛FCのことに触れながらサポ獲得論を書きました。ここ

そこで、
>>昨日は「中高生無料デー」だったんだけど、それとは別に最近のシーズンを見てて思うこととして、、
愛媛FCは女子高生・大学生ファンをうまく開拓できているなぁ
と最近思います。
やはり現代は、
若い女性を顧客としてリピーターに繋げることが1番のビジネス
だと思います。

と書いていたんだけど、これは完全に僕のフィーリングで書いていたんですよね。
そしたら昨日、tweetで

http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-6863.html

のサイトのことが流れてきました。
要は、

愛媛FCは観客動員で苦しんでいる割に、女性ファンの比率は高い!

ってことです。
面白いデータですね。

熱すぎる野球熱が存在するから男性のサッカー好きが少なく、相対的に女性ファンの比率が上がることもあるかもだけど、前にも書いたように女性ファンが女性ファンを誘うようないい循環があると思います。

でも、

この狭い今治・西条・新居浜で女性が女性を呼ぶような流れができたら、あっという間にサッカー好きばっかりの街になる

よね、と妄想は膨らみます。

誰と誰が出会っても、FC今治が共通の応援相手という。
あらゆる人にとって、共通のトピックという。

そうなったら街も賑やかというか、岡田さんの言う「精神的な豊かさ」が街全体に生まれてくるんでしょうね。


下の画像は、この間TVでしていたアナザースカイで長友が語っていたミラノの街です。
(いい番組でした!)

チームの調子の悪い時に街で歩いていると、こんな感じで声を掛けられる、と。
20160702_073553_HDR.jpg

20160702_073607_HDR.jpg

あと、「こんなところを歩いているヒマがあったら練習に行け!」とも言われるって言ってましたね^^;
それは言いすぎでしょうけど、5年後、10年後、、、、今治の人みんなが深いレベルで個人のプレーやチーム戦術について語りだすような街になればいいですねーーー!

posted by ミライ at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポーター・応援・企業関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

【高校野球愛媛県大会】次回からはちゃんとサッカーの話します(笑)〜99.7%の視聴率行ける

サッカーの話は「0」ですが、

FC今治が高校野球文化が根付く今治にどうサッカー文化を根付かせるか

という意味では今日の記事の価値は「0」ではありません。

と、実は自分に言い聞かせているだけです(笑)(笑)

野球どころ今治勢は、トーナメントを順調に勝ち上がり、

今治南VS今治工業

今治西VS今治北

今治北VS今治工業

と今治勢同士の対戦で、上位を争ってきました。

今治南は工業に、今治西は今治北に負けたから仕方ないものの、

ベスト8に今治北、今治工業、今治東


が進出でしたね。
組み合わせの妙があれば、いつの日かベスト8に今治西・北・東・南・工業の5校が入る日も来るかな!?
(南はちょっとしんどいと思うけど・・・)

金曜日、日曜日はそれぞれ「西条ひうち球場」「坊っちゃんスタジアム」に行って真っ赤になりながら高校野球観戦をしてきました。
どれも感動でした!
観戦した全ての試合のことで記事が書けるテンションだったんだけど、今日の休養日でふと冷静になってサッカーのブログだからこの記事だけにまとめることにしました(笑)

そして、ここで野球の詳細を書いても仕方がないので主にサポーター的な観点から書いてみます。

1 土居高校VS聖カタリナ
定年を迎える監督さんに勝利をプレゼントしたい「土居高校」とオール1年生「聖カタリナ」

結果的にコールド負けなんだけど、素晴らしい土居高校の執念。
そして、応援団のフルパワーの応援っぷり。
試合開始からコールド負けが宣告されるまでの1球1球すべてに全校生徒、地域の方々の老若男女が土居高校のプレーに最後まで声援を送っていました!


僕が高校野球を見てきて、

力の差があり点差が一方的に苦しくなっていっても、1球1球手に汗握り、1つ1つプレーに興奮したのは今年の土居高校が初めて

でした!!!
応援もまるで

最初から最後まで1球1球に甲子園優勝がかかったようなテンション

でしたよ。
今年のユーロでアイスランド国内の視聴率「99.7%」が話題になりましたが、が今年の土居高校野球部をドラマ化したら土居地区で視聴率99,7%いくでしょう!

2 聖陵対今治東。
今治東はもっと生徒連れてくるかなぁと思ったけどなぁ。
そして、中盤くらいからの応援の勢いを初回から繰り出していたら良かったなぁ。
アドゥワ君がベンチ前に出てきただけでざわつく今治東アルプスが面白かったですね。
「やっぱり出てくるのかよ〜」的な。

3 東温VS聖カタリナ
東温の意地でしたね。
試合前のエール交換で東温からの激励エールを聖カタリナが正しく応えなかったこと(先に自校にエールを送ってしまった)ことで東温側のアルプス(生徒・保護者)が激しく怒りに燃えたというか、一致団結していましたね。

別にカタリナ応援団に悪気はなかったと思うけど、東温側アルプスに「エール交換も正しくできない、できたてほやほやチームに負けるわけにはいかん!」とギアが上がったような印象でした。
カタリナも一生懸命でした!
春は選抜いけるかな?
1年生チームで行けたら快挙ですね!!

明日の準決勝はどうしよかなぁと思っていたんだけど、、、

月曜日の今治工業VS今治北の延長の大激戦を見て、

準決勝も行くしかない!!!

と決めました!


とりあえず、松山聖陵と今治北の対決は楽しみです!
共に投手2,3枚揃えていますからね!
これまでの対戦校はアドゥワ君のストレートとチェンジアップの組み合わせに差し込まれていたけど、今治北はどうでしょう!?
振り遅れずセンターに打ち返せたらアドゥワ君も焦るはずでしょうし、そこからが試合は面白くなるはず!
そこが観戦ポイントの1つでもあります!

それでは明日、坊っちゃんスタジアムでお会いしましょう!(笑)

(次回からはまたサッカーの話題に戻しますのでお付き合いください。。)
posted by ミライ at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

高知ユナイテッドSC〜ライバルを大切にしないとサッカーの神様から罰を受けると思う

前回、レノファ山口さんに触れたところ、サポーターの方々が温かい反応をしてくださって嬉しい気持ちになりました☆

FC今治はスカパーやスポーツナビや各種ニュースで注目はしてもらっているけど、試合そのものや地元への密着具合の「リアルな感じ」はなかなかまだまだ表に出ないのでこのブログで発信していって県外サポがいっぱい増えたら嬉しい限りです!!

岡田さんの言葉を借りれば

交流人口

ってやつですかね。

さて、その流れで今日は高知ユナイテッドSCについて。
高知についてはこのブログで5回以上記事にしたことがあるんだけど、今日は「サポーター」に焦点。

2日前、全社予選の「高知ユナイテッドSC VS アルヴェリオ高松」を後半だけ見ました。
試合自体は高知の勝利が予想されたし実際その通りだったのですが(高松の熱中症で倒れた選手、大丈夫かな??)観戦しに行った理由としては

高知ユナイテッドSCのサポーターを間近で見たかったから

でした。

去年までのアイゴッソ戦、今年のホーム戦でもちろん高知とあたってはいるけど、その時は必死で今治側のサッカーやサポーターや運営を見ているのでこの日は冷静に「高知ユナイテッドサポ」を観戦しました☆☆

いつもはマスクを被ったヒーロー(!?)みたいな人がいたような気がするけど、この日は声出し部隊(いわゆるコアサポ)は5名くらいだったように思います。
Twitterで教えてくれたのですが、次の日【日曜日】はコアサポの数も増えたようですね!

遠い愛媛の試合で連戦でかけつけるコアサポさんは凄いですね!(どのチームもですが)

高知の応援は

鳴子がいい味を出しているし、高知って感じで団結感がある!
置き型の太鼓がいい感じに響いている

男性リーダーの声も女性の声もいい感じに響いている
メインスポンサー(?)の代表取締役の人自ら全力で声を出して応援している!!

ので、ホントに「12番目の戦力だなぁ」と見ていて思いました!

あの代表取締役みたいな人のバイタリティはかっこいいですね!
今治に欲しいです(笑)

あと、コアサポの女性がいいプレイをした選手に「かっこいい〜」って叫んでいるのも面白いです(笑)
高知の応援って全体的に「明るい」ですよね!!
高知県民らしさなのかな、カラッとしている感じです!
チャントも親しみやすいし、覚えやすいし、ノリが良くて、何曲か帰りの車の中で口ずさんだぐらいです。
(正直、今治のチャントを口ずさんだことは一度もなかった・・・)

高知はアウェーでもユニフォームを着た小学生が応援に来たりしていて、羨ましいですよね。

まぁ、愛媛FCだって10年近く前のコアサポさんたちから紆余曲折を経て今のまとまりがあるし、どこのクラブでもそうですよね。

FC今治もまさに「紆余曲折期」を経ている真っ最中だと思います。
でも、みんな一生けん命に水面下で動いたり種をまいたりしているので、この四国リーグ後半戦や来シーズンはさらに進化したサポーター集団になっているはずですよ〜〜!

明るく応援していきたいですね!!^^

サポさんは一般の方なのであんまり顔とか写ったら良くないかなと思ったので後ろ姿で。
0723高知ユナイテッド13.jpg


最後に!
出場機会のなかった森岡君(去年までFC今治)が試合直後から練習をしていたのが印象的でした!!
0723高知ユナイテッド15森岡君2.jpg

posted by ミライ at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他チーム情報(愛媛FC以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

愛媛FCとレノファ山口について(試合の内容は0)、サポ獲得論!

愛媛FC対レノファ山口がありました。
いや、見に行けるなら見に行きたかったですね。
行けなくはなかったですけど。。

レノファ山口というチームはライトなサッカーファンにとってはなじみが薄いかもしれませんが、

絶対に知っておいたほうが良いチーム

です。
詳しくはウィキペディアで。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%83%95%E3%82%A1%E5%B1%B1%E5%8F%A3FC
トントントンと地域リーグからすごい勢いで駆け上がり、J2までやってきました。
FC今治も描きたい成長曲線を実際に描いた「大先輩」です。

特に2013年からのトントンっぷりは漫画レベルです。

そして!
ただステージを駆け上がっただけでも凄いんですが、まだあります。

1つは攻撃サッカーを貫いていること。
今月のフットボール批評にも特集が載っていました。

今治もオーナーが「カウンターサッカーを落とし込んでいるだけでは日本のサッカーの未来につながらない」と言っており、日本人らしさを活かした人とボールが連動するサッカーを目指しています。

レノファ山口も

「攻撃のスイッチである縦パス」が入った時の「チームの変化」

は芸術的なものがあります。

カテゴリーが上がると、ディフェンス重視になっていったりするものですが、攻撃サッカーを貫く姿勢にはオーナーや関係者の強い意思を感じます!!

2つ目は、サポーターのまとまりです!

山口市、下関市、山陽小野田市、宇部市を中心とする山口県全県

をホームと捉えているようですが、地理的に横広くまとまりづらい山口県民の心をしっかりとつかんで素晴らしいサポーター団、クラブ運営です!!
トントンと駆け上がったのに、この「まとまり」の秘密はなんでしょう??

何かFC今治の応援団の方にとっても「ヒント」が転がっている

んじゃないかなぁと思います。
同じ中四国民の田舎者同士として通ずるところはあるはずです!!

レノファファンが集まる居酒屋にでも行ってみて、夜通しその歴史を聞いたりすれば、きっと今治にも活かせるものがあるんじゃないでしょうか!?
(もちろん、山口は高知と同じで県として初のJチームを目指していたチームだったという意味ではFC今治とは違いますけどね。)

そして愛媛側。
昨日は「中高生無料デー」だったんだけど、それとは別に最近のシーズンを見てて思うこととして、、

愛媛FCは女子高生・大学生ファンをうまく開拓できているなぁ

と最近思います。
やはり現代は、

若い女性を顧客としてリピーターに繋げることが1番のビジネス

だと思います。

例えばカップルがいて、男性側だけがサッカーに興味があって女性を誘ったとしても、「えー、スポーツとか興味ない」と断られることはざらにありそうだけど、逆のケース、女性側から男性にサッカー観戦を誘ったら男性心理としては断りにくいと思います。(基本的に。相対的に。例外は多数あるでしょうけど。)

それに女子高生や若い女性は

拡散力

が素晴らしいです。

Twitterで「愛媛サッカー観戦サークルオレンジーナ」ってところをフォローしているとよく分かるんですけど、

JKや女子大生がTwitterで観戦を呼び掛けているtweet

がよくあります。

この拡散力は絶対にキープしておきたい、というかしておくべきサポーターですよね。

今治は、、、いつも同じ構成のJK数人組を見かけるくらいで、「人が人を呼ぶ」状態には至っていないような気がします。

4年制大学は東予にはないけど、専門学校、短大、高専、そして中学生・高校生などにグランドに来てもらって、その子たちがさらに他のお友達をどんどんと連れてくるような連鎖が生まれれればいいなぁと思います。。。。


そのためには、魅力的なスタジアム周辺だったり、試合前後のイベントだったり、、、試合後の選手との距離感・ふれあいだったりが大切ですかね。
後はオフのイベントでの交流だったり。
女の子はやっぱりイケメン選手には食いつきますからね(笑)
女の「子」と言い難い人でも食いついてるし、現状(笑)(笑)
選手との距離感は今がピークだからねらい目ですよね(笑)

若い男性が少ない地方都市という意味ではFC今治の選手は目の保養的な要素があってもいいと思います!
学生からすれば「アイドル」的な、年配の方からすれば「孫の頑張り」的な。

さて、明日から3日間は高校野球を観戦しまくってきます!(笑)
聖カタリナ、新居浜商業、松山聖陵あたりに注目です!
posted by ミライ at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポーター・応援・企業関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする