2016年06月19日

第10節 VS llamas高知 その1 前半途中までの感想〜秋まで時間がない〜

公式より
http://www.fcimabari.com/team/game/result/SL16010.html
前半 0−1
後半 0−2

得点
43分 FC今治 26番 佐保 昂兵衛
60分 FC今治 18番 桑島 良汰
74分 FC今治 26番 佐保 昂兵衛

交代
46分 IN 8番 上村 岬
OUT 14番 長島 滉大
46分 IN 18番 桑島 良汰
OUT 7番 堀江 修平
79分 IN 23番 斉藤 誠治
OUT 6番 中野 圭

1番 岩脇 力哉 GK
2番 片岡 爽 MF
20番 小野田 将人 MF
5番 宮本 和輝 DF
6番 中野 圭 DF
15番 金子 雄祐 MF
10番 水谷 拓磨 MF
4番 岡山 和輝 MF
7番 堀江 修平 MF
26番 佐保 昂兵衛 FW
14番 長島 滉大 FW

このスタメンを見て、

「上村君が出場不可の時のゲームメイク」

が試せるということに大きな意味があるなと思いました。
彼が地決前にもし怪我でもしたら、FC今治はどうなってしまうのか。

そして、

「水谷琢磨君のプレー」

にも注目が集まりました!

前半は
片岡・小野田・宮本・中野圭の4バックに
アンカーに金子君にフロントボランチに岡山・水谷
右に佐保、左に長島、前に堀江 でした。

FC今治は首位を固めて2位に勝ち点差をつけて以来、前半と後半は別チームのように選手やフォーメーションを変えています。

最近いつもですが、前半は、ホントに形ができていませんでした。
監督のコメントはこちら。(一部)

>>水谷選手についても、時間が経つにつれてチームにフィットしてきた点も収穫です。但し、ゲーム自体の出来は、今シーズンの良いゲームの中には入っていないゲームでした。
特に前半は我慢比べのようなゲームでした。中をがっちりと固めた相手に対して、十分に相手を広げることができず、サイドからの攻撃に終始しました。もっとプレイの精度を上げてサイドに相手を広げ、上下に引き出すような縦パスを入れて攻撃を組み立てる必要があります。後半については、相手に疲れが出たのと選手交代で、ある程度相手を上下左右に広げた攻撃が出来ましたが、よりプレイの精度を上げる必要があります。

これまで何度か選手たちのコミュニケーション不足を指摘しました。
今日も相手のリャーマスは選手全員が声を張っていましたが、前半の今治はかみ合わないまま時が進んでいきます。

現在、キャプテシー抜群の金井さんが怪我で故障。
金井さんの故障とは関係なく、上村君はここ1か月くらい試合運びのことだけでなく、チームのメンタリティーのことについても

「大丈夫だって!!」「集中!!」

と叫ぶようになってきていました。
単なる慣れかもしれないけど、これは上村君の大きな成長だと捉えていました。

その上村君もベンチ。

監督のコメントにあるように、前半は左右の揺さぶり一辺倒で、とある今治のサポーターは

久しぶりにサッカーを見てて眠たくなった

とぼやいていました。。。

確かにです。

ただ、堀江君と長島君と水谷君はコミュニケーションをとっていないわけではなかったように見えました。
ボールが途切れた時など、堀江君が再三再四、長島君に指示(要求、修正)しているように見えました。

しかし、残念ながら3人+サイドの連携はほぼ改善されず。

春先の主力組もそう言えばこんな感じだったなぁ・・・と思い出しました。
佐保君とか当時(開幕前)を思えば、今は非常に頼りなるアタッカーです。

佐保君と片岡君の2人の個人間連携はもはやウイイレの能力値で表すと「99」くらいまで達しています(笑)

中野圭君と長島滉大の連携も少しずつ上がってきました。
ただ、後半の中野圭・小野田コンビの方が連携はまだ上手です。
ここは経験を重ねて高みを目指すべし、滉大!

後、

フロントボランチ、トップの控え組とサイドバック、ウイングの連携、

ここが大いに課題が残ります。
もちろん、水谷君はこれからなんだけどね。
上村君、金井君がいないという想定されるうちの1番最悪の事態のオプションが今日の前半だったわけですね、よく考えたら。

秋までにいかに改善できるか!!!
誰かが怪我をしても、いいサッカーができるか、このままだと黄色信号です!!!

今日の前半で言えば、

引いて固めてきた相手に対してフロントボランチと堀江君の動き出しやポジショニングが

全く怖くなかった

のです。
監督のコメント通り、チームとして縦パスを入れる&入れてもらえるような動きをすることで

フィニッシュ(ゴールへのシュート)へとつながる動き(相手の最終ラインとの駆け引きで怖さを与えることも含めて)

アクセントを入れて相手のDF,MFを引き付けてサイドに余裕を持たせる

攻撃に厚みを加える


ことがもっとできたはず。
バイタルエリアで前を向けるポジショニング、動き出しももっとできたはずだし、何より3人の各自が動いたことによりできたスペースに他の2選手が連動して飛び込んでいかなかったこと、ここが残念でした。

学生サッカーみたいにオーソドックスなスタイルなら監督の

おーい、攻撃に怖さがないぞぉ

の一言である程度、相手最終ラインの前後への動き出しなど、動きの改善(結果はともかく)が見られそうですが、今治のサッカーだとそうも簡単にはいかないのかもしれないし、そこはピッチレベルの選手でないと分からない感覚なんでしょうね。
素人には分かりませんので、あくまで外野から見た感覚ですね。
水谷君が初試合という部分も差し引いて考える必要もあるしね。

以上、前半の感想でした。
先制点は滉大君の縦への突破から。
途中でも言ったように、前の3人を中心とした攻撃陣(広く言えばアンカーやサイドも入れて8人)、コミュニケーションを全くとっていなかったわけではなかった、けど

結果的に相手に怖さを与える連携のある攻めへと45分内で修正できなかったこと

は大きな課題が残ったと思います。

次回、後半と各選手について。
水谷君は他の選手に聞いても「アジリティ」がすごいらしく、確かにアジリティによるキープやボール奪取能力は地域やJFLのカテゴリーではトップクラスかもしれません。

ただ、上村君みたいなファンタジスタ系でもなく、チェンジオブペースができるようなゲームメイカーではないっぽい気もしました。

もう少し水谷君のプレーを見れたら、見る側の妄想(フォーメーション)も色々膨らんで、秋に向けて楽しめそうです!
来週は北条で試合だ!

2016年06月17日

11月25日〜11月27日は千葉県市原市でJFL昇格を祝いたいからその旅程を計画中・・・。

ちょっと前回の記事で誤解を生むところがあったので、コメントで追記しています。
誤解を生むかもしれないところは慎重に言葉を重ねないと・・・・猛省です・・・・。

去年の地決
http://www.jflnews.com/tiiki/index2008.html

今年の地決の日程
http://www.jffms.jp/news/629

足元をすくわれてはいけないので、一次ラウンドも全力で応援することは間違いないのですが・・・
最近、

今から4か月後の決勝ラウンドの妄想をよくします。


千葉県は市原市、舞台はゼットエーオリプリスタジアム!

初日は金曜日ということで仕事柄、サッカー観戦で年休はとりづらいので断念します。
(去年も年休取れず、一次ラウンドの最終戦しか見に行けませんでした。><)

恐らく応援バスツアーが組まれるとは思うけど、金曜から観戦(木曜の夜行バス)組のバスと、土曜から観戦(金曜の夜行)組のバス、に別れてツアー組んだりするでしょうか???

でも、今シーズンの現状だと、いくら昇格をかけた3連戦と言えど金曜にバスが埋まるほどは人が集まらないかぁ、さすがに。。。
金曜は仕事って人、他にも多いでしょうしね。

だから、ツアーを組むとしたら採算的に土日の2試合観戦のみかな??
どれくらいのサポーターが市原市まで来てくれるかにもよりますか。
そう言えば決勝ラウンドの先輩方(サウルコス福井など)はどうしてたんでしょうね。


まぁ、スタッフの人もそんな先のことを考えるのはまだまだ先でしょうけど、頭の片隅で気になるところです。

昨日と今日、金曜の夜行バスでのツアーもないという前提で、ネットで

関東までの夜行バス



ゼットエーオリプリスタジアムがある市原市のビジネスホテル

を検索しまくりました(笑)

ついでにその辺の観光地やディズニーリゾートなどへの距離や時間も・・・

夜行バス比較ナビってとこで調べて・・・
http://www.bushikaku.net/search/ehime_tokyo/imabari-niihama_/

ホテルも調べまくって

市原市の某ホテル

に泊まろう!と決めました!

土曜の観戦後が千葉・市原の観光タイムですね。
何しよう。

日曜日の試合後は・・・その結果次第ですが、グランドでチームとともに祝杯といきたいですね!

あくまで!!
残りの四国リーグと、一次ラウンドを絶対に油断せず応援し続けることが大切!!!!!

仕事もそうなんですけど、先に先に見通しをつけたい派なので、今回、考えてみただけです!

全力で四国リーグ&一次ラウンドの突破を!!!!!!!!!!
posted by ミライ at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

第9節 【番外編】フラッグ問題と・・・好きな選手とサインが欲しい選手は必ずしも一致しない!?

新加入の水谷君が次のアウェー戦で早速出るなら高知まではるばる見に行こうかなぁ・・・と思っているボクです!
悩み中です。
みなさんは??

さて、前節のFC徳島セレステ戦の運営では、前々節と前節の告知チラシを持参すると選手のサイン入りフラッグがもらえる企画がありました。
そこでちょっとした問題もあったようで。
公式より。

>>5日12日に告知チラシを持参いただた方に選手サイン入りミニフラッグをプレゼントさせていただく企画を実施したところ、おかげさまで多くの方々にご参加いただき、用意していた130本すべてお持ち帰りいただきました。
ありがとうございました。
ただしこちらの想定不足により十分な数量を確保できておらず、約20名ほどの方にお渡しできない状況が発生致しました。
2週連続チラシを持参いただいたのにご期待に応えられず誠に申し訳ありませんでした。
つきましては、先日お渡しできなかった方々に対して以下の対応をさせていただきたく思います。
・・・
と続いていきます。
http://www.fcimabari.com/news/2016/000270.html

フラッグがいっぱい欲しくてチラシをたくさんもらってたくさん持参した人はいなかったのかな?
とふと思いました。
直接チラシを持ってきた人だけに1本フラッグを贈呈、つまり、1人に1本としたらどうだったでしょう?

かくいう僕も連れの分のチラシと合わせて2枚分を1人で持参して受付まで行ったクチです。

受付のボランティアの方も「誰が何番」か把握されていなかったので、てんやわんやでしたね。
途中で何番と書いた付箋を巻き付けたり工夫されていたけど、番号と名前を両方書いた方が良かったような気もしました。
普段ならそういうことは気軽に言う方なんだけど、てんやわんやっぷりにこちらもちょっと口を出すのさえためらっちゃいました。
ボランティアの方々に少しだけ「○○選手は何番ですよ」と教えてあげるのが精一杯でした。

さて、選手のサイン入りフラッグが2人分もらえるということで、ふと思いました。

あれ、誰にしよう??

と。

ただただ好きな選手を選ぶか、そもそも好きな選手は誰なのか。
好きって言っても、

僕が草サッカーする時のガチなポジション的に好きな選手と

その一歩手前の気持ちよくサッカーをしたい時のポジションで好きな選手と、

色々だなぁと思いました(笑)

というわけで自分でも想いに想いを巡らせて、

1人目は・・・

上村岬!


やはりチームの大黒柱ですからね、1番の心臓というか、今年のチームを応援していくうえでやはり1番のキープレイヤーですからね!

貢献度への感謝と将来的にビッグなプレイヤーになるんだぞ!!という期待も込めてです。

1人目は意外とすんなり決まって2人目をどうするか・・。
キックオフパーティや試合前後で選手と交わした会話を走馬灯のように巡らせました・・・。

ガツガツ男臭さMAXでチームの要の岡山君・桑島良汰君
この2人はキャラもプレーもチームトップクラスに好きなんだけど、サイン入りフラッグが欲しいかと言えば別だなと思いました(笑)

この2人にはJFL昇格決定の試合後に汗まみれの顔面と汗まみれの手で握手してくれたらそれでイイなと思います。(笑)

ボランチの金子君やDFの宮本君、SBの片岡君も迷いました!
金子君のチームを鼓舞するキャラは良いし、宮本君は十分Jでもやれる力あるくらいだと思うし、片岡君は去年から絶賛成長中だし。

迷った結果、やはり若武者の躍動感と伸びしろを信じて決定しました!!
それは・・・


高卒ルーキーの長島滉大!!



1月か2月のトレーニングマッチの初ゴール(左からのセンタリングをヘッドで決めたやつ)から応援しているし、話しても実にさわやかなナイスガイです!

今もチームの貴重な戦力として輝いてくれていますが、FC今治の練習や実戦を通して成長してもらってエースストライカーへと成長してもらったらと思います!!!

というわけで今回は僕の好きな選手の発表という誰も得しない記事でしたが、次回もめげずにご覧ください(笑)

posted by ミライ at 19:38 | Comment(7) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

CMF・SBができる水谷琢磨選手(清水エスパルスより)の補強!既存の選手の心中やいかに!?

公式サイトより入団発表
http://www.fcimabari.com/news/2016/000266.html

今シーズン、調子が良い中野選手の経歴やプレーについてまったり書こうと思っていたらビッグニュースでしたね。


空いていた背番号10、


誰なのか、いつなのか、と話題になっていましたが、まさかの20歳のレンタル移籍でしたね。

去年は元日本代表の山田卓也選手、市川選手と豪華なネームバリューでしたが、今年は吉武監督の愛弟子でしたか。

水谷琢磨選手。
ゲキサカより
http://web.gekisaka.jp/player/?28245-15907-jp

本職はセントラルMFで、代表ではSBもできる。
顔出しやパスさばきが持ち味。

2012年の記事でしたが、面白いものを見つけたのでどうぞ。水谷選手についてです。
http://football-navi.com/archives/12421

記事を読み進めるごとに、

FC今治のサッカーにぴったりな選手

と思いませんか?

まぁそれはそのはず。
この記事そのものの舞台が吉武監督率いるチームですからね。
FC今治メソッドの原型なわけです。

成長期に吉武サッカーを経験しているという意味ではチームにすっと入れそうな気がします!

さぁ、そこで心中穏やかじゃない選手たち!
そう言えばFC今治のポジション用語って独特ですね。参考(http://chantsoccer.com/posts/730

ボランチ(アンカー) 金子選手。
フロントボランチ   岡山選手。

サイドバック候補、全員!


フロントボランチに水谷君を持ってきて、アンカーに岡山君を降ろしてくるという采配もありそう。
それが故の前々節の金子君のサイドバック起用かな??

水谷君も岡山君と同様に身長かなり低いけど、アンカーもできるかな?
たぶんできそう、インテリジェントも高そうだし!

地決3連戦を見据えて、層が薄いDF陣にとっても朗報!
金井さんを休ますオプションでセンターバックに中野選手が入る時の左サイドバック争いが激しいですが、未だ決め手に欠ける現状。

そこにも水谷君というピースが当てはまりますね!!!!

プレーを見ずにとやかく言うのは好きではないので、

今はただただ楽しみ

という感じです!

フロントボランチで上村君とコンビを組んで躍動してくれたら、、、

もはや地域リーグレベルじゃないプレー

が見られるかもしれませんね!!
posted by ミライ at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

第9節 VS FC徳島セレステ その1〜全体的な感想、かなり怒り〜

千葉。とにかく千葉。千葉に間に合うか。千葉で通じるか。
11月の千葉での地決・決勝ラウンドを見据えて観戦しています。
だから、このブログはわざと厳し目に感想を綴っているんですけど、今日はそんなスタンス関係なく、残念な部分がチームに露見されました。
ライトなポジティブファンの人はここで「戻る」をクリックしてもらった方が良いかもですので悪しからず。。

21今川29竹本20小野田6中野2片岡15金子5宮本8上村19乙部7堀江17土井
サブ:13田野18桑島良22高田23斉藤24菅原26佐保31福山

41分 IN 26番 佐保 昂兵衛
OUT 19番 乙部 翔平
41分 IN 18番 桑島 良汰
OUT 17番 土井 拓斗
58分 IN 23番 斉藤 誠治
OUT 20番 小野田 将人
72分 IN 22番 高田 大樹
OUT 29番 竹本 伊吹

スタメン発表時
>>全社予選を見ていない僕にとって竹本君の公式戦を見るのは初めてなので楽しみ。乙部君と土井君はとにかく結果。人生かけてがんばれ。5対0が予想スコアー。。

結果は6−0。
前半イーブンで足が止まった後半に得点ラッシュという四国リーグ内でのいつものパターン。

開始直後。
3−4−3のフォーメーションにびっくりさせられました。
5−4−1ともとれますが。

前半25分、打開しようと乙部君と堀江君がポジションを入れ替える。(ベンチの指示でしょう)
しかし事態は変わらず前半27分、吉武監督がベンチから

「4枚に戻せ!」

と指示を出して、実験終了。
収穫はあったのでしょうか。
エジソンじゃないけど、うまくいかなかったことが収穫でしょうか。

その後、ほぼいつものペースへ。
まぁ、それは別にいいんです。

秋を見据えて、様々なフォーメーションやポジションを実験することが非常に大切です。
最後は地獄の3連戦ですからね。

Twitterで
>>乙部君と土井君はとにかく結果。人生かけてがんばれ。

と言ったものの、前半終了直前に途中交代。

これが意味するところは・・・厳しいものがあるのではないでしょうか。
あと少し我慢すれば、ハーフタイムというところなのに変えるのはかなりの気持ちがこもっているわけですからね。

チーム全体を振り返ると今日の試合の何が残念って

最初の20分、100%のメンタリティーじゃない選手が数人いたこと

です。

いや、そう見えてしまったことです。

思わず
>>昇格に向けて一丸になっていない感じ。
人数が膨れ上がりすぎていること、サッカー人生、サッカー選手としての意気込みに個々で差がありすぎる。秋、大丈夫かな。
とつぶやいてしまうほどに。

そう見えたと言っても、

1 ホントに心の準備不足で、甘く、何となく試合に臨んだ選手

2 頑張る気持ちはあったけど、真っ白になったり、プレーへの悩みから体が動かなかった選手

がいたとは思います。

でも「2」の選手でも、人生かけてレギュラーつかむんだという心の内側の闘志でルーズボールや球際、アクション(動き出しの繰り返し)、声を前半から飛ばしすぎるくらいで示して欲しかったです。

そういう立場の選手って90分というよりは

頭からフルで飛ばしていって能力を監督にアピールすることの方が大切

だと思うんです。

また、とある選手は

今日のフォーメーションで俺の動きってこんな感じでいいんだっけね?

くらいの感じで試合直前直後からふわふわした表情で締まりがありませんでした。
始まっても、オフザボールの時にあまり集中力を感じさせず、他の選手とニコニコしてたり。

メンタルにムラはあると言っても、度がすぎる!
いくらキミに才能があっても、上のカテゴリーで闘おうとしているチームの選手のメンタリティーじゃないぞ!

と腸煮えくり返りそうでした。

ポジションチェンジを経て結果も残したので、サポーターから見たら「よくやったね〜」かもしれないけど、

「若さ」じゃ今日の彼の許されない立ち上がりのメンタルは絶対にダメ!!!

土井、乙部の交代や期待の竹本選手についても、
>>妥当な交代。残念だけど。
竹本、後半途中に変えられるのかなぁ、このままだと。
もっといどめ!

としましたが、やはり竹本君も後半途中交代。
前半途中からは高卒としてはグッドなスピード・アジリティを示してくれたけど、彼も試合の入り、慣れないフォーメーションとはいえ、もう少し心のギアを上げれたはず。

チーム全体としても後半得点ラッシュのようで、ディフェンスは何の連動性もないプレスが最後の15分は見られました。

1人がプレスに行っていても簡単にさばかれて、そのパスの貰い手には誰もチェック行っていない、

要するに「連動していない」状態です。

それが1回だけかなぁと思ったら、ラスト10分で数回も。
同格相手ならやられてるよ。

最後には片岡そう君まで連動性もなく前から突っ込んでいって、ワンツーで抜かれるという。

んで、残念だったのは、片岡君がワンツーでキレイに抜かれて笑っていたこと。

チーム1くらいサッカーにひたむきな片岡君なのに。

オーストリアに行くのは結構なんだけど、各地域の首位チームと当たるのが秋の地域決勝。

これからJのサテライトとのTMも増えるようだけど、1戦1戦大事にして頑張って欲しい!

今日良かったのはチームを支えてきたベテラン中野選手、斎藤選手、高田選手がいいパフォーマンスだったこと。
ベテランの意地を感じました☆
若さって勢いがあっていいんだけど、やはり真の強豪にはベテランも必要!!

特に斎藤選手はゴール、おめでとう☆
嬉しさと自信でますますプレーが良くなっていったらいいなーー!