2016年05月10日

決戦は次の日曜日

レスターの主力は数年前までアマチュアの選手もいたんですよね。
FC今治の選手にとっても励みになりますよね!!!


さて、最近の結果ですが共に全社の県予選です。
5月4日 VSベンターナAC 10−0
5月8日 VS久枝FC     2−0

久枝戦は見に行く予定でしたが、何となく

「内容的に悪い展開になるイヤな予感」

がしたので北条まで足を運ぶのはやめました。
あえて、その内容が悪くなるの予感するところを目に焼き付けにいくのが真のファンかもしれないけど。

その結果、吉武監督からのコメントはこんな感じ。

>>>今日の試合は今年の試合で一番悪い内容の試合でした。

なんでしょうね。
FC今治のメンタルというか。。。

決戦は次の日曜日。
高知ユナイテッドSC。

中盤のつぶしあいがどうなるか。
注目は向こうの韓国人MFやサイドハーフの選手ですかね、元Jの。

こちらがどう迎えるか。
岡山君と桑島良汰君の運動量とぶつかりっぷりでどこまで獣のように刈り取ることができるのか。

その2人のダブルボランチに、上村君がトップ下に堀江君がFWという最強布陣で前半は挑むでしょう。
フロントボランチが2枚というケースも最近は多かったですが、高知戦はバランス重視で行くはず。

右は佐保君で、左は予想に苦しみますが、前半から後半途中まで高橋康平君なんてどうでしょう。

これまではポゼッション率60〜80%近い試合が多かったけど、高知のプレスをかいくぐれるほどのものなのか、FC今治の今シーズンのクオリティは。

新生高知のチーム。
Jリーグと違って情報が少ない地域リーグ。
このブログにコメントを定期的に頂いている「土佐丸」さんには感謝です。

が、やはり蓋を開けてみないと分からない怖さ。
これが地域リーグ観戦の魅力でもありますね。

全く予想のつかなさ!!!

地域リーグのうちがこの「ぞくぞく感」はある意味ラストですね。

流動的な崩しから堀江君が抜け出して、シュート!!

流動的な崩しから片岡君がサイドをえぐって、センタリングをあげて、良汰君や上村君がダイビングシュート!!


そんな妄想をあと4日していきましょう!
かといって、失点も十分にあり得ます。

予想としては

勝つなら「3−2」負けるなら「0−2」

と思っています。
観客動員数的にはという話になると・・・なんと愛媛FCがこの日夕方の試合のマッチシティに今治市を選んでるんですよね!!!
これは確信犯的なことなのか、偶然なのか・・・。
個人的には確信犯説を持っています(笑)

まぁでも現在の今治ファンは高齢者や小さい子連れなど、愛媛FCのファン層とは被らない層が中心だから心配ないかな?
頑張れ中川さんら!(ら=青木さんなど(笑))
posted by ミライ at 15:57 | Comment(6) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

【メディア情報】愛媛新聞×3〜スタッフ中川さん画像で釣る(笑)

中川さんでアクセス釣るってしてますけど、(笑)をつけてるようにあくまで冗談ですからね(笑)

ビブス姿のスタッフ中川さん(左)
FC今治記事H280428ビブス.jpg
右は噂の○○さん!?

愛媛新聞にオーナーの記事がありました。

サッカーを通しての街づくり、サッカーという無形の価値を喜びとして市民が共有してほしい、

この想いに共感するからFC今治を応援しているわけです、僕は。
H280505岡田オーナー記事1.jpg

その2
H280505岡田オーナー記事2.jpg

さて、次の日曜日は全社の準決勝!
北条という松山の今治側の地域で試合があります!
見に行くかは未定・・・。
この間の水曜日も鳴り物や声が禁止の競技場なのにかけつけたFC今治愛あふれるサポーターもいっぱいいたみたいですね!

コアなサポーターさんには頭が下がります!
posted by ミライ at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポーター・応援・企業関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

【番外編】熊本地震チャリティフットサル【愛媛FC】

高知ユナイテッドSCがリャーマス高知に8−0で圧勝。
同じリャーマス相手に半月前、苦し紛れの後半終盤の1点しか取れなかったFC今治との5月15日決戦(今治)はどうなることやら。

こちらはFC「今治」、相手は「高知」ユナイテッドのチーム。
こちらはチャレンジャー、という気持ちを忘れず、0−2、0−3の敗戦すら覚悟しておいた方が心の持ち用としてはいい気がします。。。
もちろん、心の底ではクラブの取り組みと勝利を信じていますが・・・。


さて、昨日、松山三越屋上で熊本地震の復興支援フットサルに参加してきました☆
子どもから中年男性、女性まで、とても楽しい時間でした☆☆

愛媛FC選手のグッズのオークションもあり、大盛況でした☆
写真はこんな感じ☆
DSC09256.JPG

DSC09262.JPG

思ったのは、今回のイベントは選手からサイン入りグッズなどこそ提供してもらっているものの、

企画・運営は全てサポーター、つまりサポーターによる、サポーターのためのチャリティイベント

です。
FC今治も、青木さんや中川さんにいつもおんぶに抱っこだけじゃなく、

サポーター主導の色んな企画があってもいいのかもしれないな、

と思いました☆
そういう企画・運営得意な人はいるかな、FC今治のサポーターで。
力を貸すのは僕はいつでもできますよ☆
posted by ミライ at 15:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛媛FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

第5節 VS アルヴェリオ高松 その2〜厳しいのは期待の裏返し〜♪♪〜

新スタッフ中川さんの記事が受けたようで、中川さんに関する記事だけアクセスが跳ね上がっていました(笑)
若い女性の画像効果って素晴らしい(笑)
もう1度癒されたい人はこちら

前回の続きです。
これまで試合後は1人1人について書いていましたが、特に印象に残った選手を取り上げる方が見やすいかな?と思ったので気持ちそんな感じにします。

今回、中盤・前線で取り上げない選手、岡山君、佐保君、良汰君、小野田君、それぞれの納得度は違うようですが、チームの要として十分なパフォーマンスを発揮してくれました。
小野田君と中野圭君はポジションを入れ替えても、前節と違っていい連携を見せてくれました。
完成形に近づいているのではないでしょうか!

後半から選手が変わって、最初の25分は全くサッカーになっていませんでした。
MF菅原
FWの位置で出場。
前節の試合前練習からよーく観察していたんだけど、持ち味が見えず・・。
この日、後半フルに出場したけど、それでも持ち味は見えず・・・。

テクニック?スピード?センス?

前節の試合前練習では判断力に課題を残していたように見えたけど、それって中盤としては厳しい、

フィジカル的に他の選手を圧倒するものでもないようだし・・。

かなり、かなり厳しいことを言っているのは自覚しているのですが、この日のプレーは

1つ上のカテゴリーに親や指導者に無理やり連れてこられた小学校高学年・中学生のようなプレー

に見えるくらい、自信なさそうにプレーしていました。
本人の好きなプレー的には相手最終ライン前の狭いスペースでもらって、次のプレーって感じなのかな??
それともボランチ?守備的?攻撃的?

監督からは

高い位置!!!
裏へ!!!

と再三指示が出ていました。
その通りで、菅原君が下がることで相手DF陣にとってはラインをあげれるし、恐怖がなくなります。
高橋康平君との連携がいまいちだったのもありますが、

どちらかが降りて顔を出すなら顔を出す、その分、もう片方は裏や高い位置を探る!


この布陣なら最低限の連携やコミュニケーションはピッチ上で図って欲しかったなぁと思います。

MF高橋康平 
後半から出場。
トラップやターンはさすがの実力で、ショートパス、ロングパスの精度もグレイトな部分を発揮しています
ボールロストしないから安定して見られるし、チームのリズムもできます。

ただ、クロスで何度かいいチャンスメイクをできていましたが、

もっと絶対的に相手ゴールを脅かすプレー・結果を残したかった!

ときっと本人も思っているのではないかと思います!

菅原君が委縮していたこともあるけど、それなら俺がもっとフィニッシュにつながる動きをしてやろう!でも良かったかな?
まぁ、でも左気味で高い位置でチャンスメイクを何度もできていたので、

もう1度プレーを見たい!

と思わせてくれました。

MF堀江君
いやぁ、圧巻です!!裏への抜け出し、その他のプレーもキレキレです!
ノーゴールに終わったプレーも含めて、短時間の出場ながら

『独壇場!』

に近い大活躍でした!
良汰君や他の選手と『呼吸・アイコンタクト』で意思疎通図れるというか、出し手ともらい手の堀江君の動きがぴたりと一致します!!
単に目が離れているだけの選手ではないですよ!(笑)

MF桑島昂平
前節の記事で、

「次はもっと進化したプレーを見せてくれるはず」

と書きましたが、その通りいいプレーでした。
コーチとの特訓との成果か、

斜めにも縦にも抜き去ることができていた!

ことが良かったです!

強いて言うなら、

左でもいいシュートが打てたらなぁ

というのが1つ。

そして、センタリングでフォアポストにハイボールをあげるのは得意なんだけど、マイナスの位置にもフリーで選手がいたりするから、

頑張って内転筋をひねってマイナスに速いグランダーでクロスもあげれるようになって欲しいなぁ

とは思います!

だいぶマニアックな記事になってしまったけど、高知チーム2連戦に向けて、どの選手も上を目指して頑張ってください!!
posted by ミライ at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

第5節 VS アルヴェリオ高松 その1〜見に行ったファンはスッキリでしょう!〜

前半0−6
後半1−4
で大勝利!
http://www.fcimabari.com/team/game/result/SL16005.html

普段、(意図的ではあるけど)辛口で書いているボクですが、

前半と後半に堀江君が出てからの時間帯は

FC今治らしいサッカーで良かった!

と思いました。
見ているファンの人はやっとFC今治らしい流動的なサッカーでの得点ラッシュが見れて、心のモヤモヤがとれて良かったのではないでしょうか。
ただし、後半開始25分程度はFC今治の良くない部分がまたも露呈していました。
そこは次回に触れます!

さて、4バックは片岡・金井・宮本・中野圭という安定の布陣!!安定感のあるプレーでした!

中盤は金子君がボランチに入って、上村君と岡山君がトップ下でした。
最初は金子君と上村君の2ボランチで、0トップ気味に岡山君と良汰君が代わる代わるエリアに侵入していくスタイルかな?

と思ったけど、試合後に直接選手たちに確認したところ、ワンボランチということでした。

実際には上村君は非常に縦長くプレーしていて、最終ラインにも顔を出してどんどんとチームのテンポを作るようなパスを出していました。

上村君がそういうプレーを選択することによって

チームの安定度・リズムは向上

しました。
どうしても上村君がフィニッシュへ関わるプレーも少なくなってしまいますが、FK以外にも得点を決めたり、シュートも打ってはいました。

上村君が好きなプレー、個性をバリバリ出せるプレーという意味ではもっと前でのプレーがいいのかもしれない

けど、

上村君が試合を作ることで試合そのものも良くなるし、他の選手のメンタルにもいい結果が生まれるような気がする

ので、現状、上村君には縦長くプレーするスタイルがいいかな?と思ったこの日の試合でした!

後、この日印象に残ったプレーヤーとして

金子君、菅原君、堀江君、桑島昂平君あたり

に触れたいのですが、まずは今日は金子君。

前節の苦いプレーからかなり改善したメンタル・プレーになっていたような気がします!
見ている側の予想ではあるんだけど、

俺は金子であって、桑島良汰や上村岬ではない、俺が今できるプレーやチームに求められているプレーはこうだ!!

と悟ったようなシンプルなプレーになっていました!
スラムダンクで桜木君がそういう境地になったシーンがありましたよね(笑)

目の覚めるキックやターンはないかもしれなけど、プレスバックやサイドへの展開や底からの組み立てなど、堅実でチームを底から支えるいいプレーができていました!!

と、べたぼめで終わりたかったものの、、、後半はCBに入っていました。

これもいくらポリバレントとはいえ、そりゃないよぉとまたも吉武監督に思わされました。
いいDFはするけど、ボランチとしてのいいDFだもん、金子選手。
まぁ、経験値を積ませるためなのかなぁ、監督。。。
最終ラインは

競り合いの判断ミスや競りミスは致命的

だし、他にも色んなリスクを最優先にしたプレーが求められますもん。

問題の失点のシーン。
一瞬のプレーでちょっと気を抜いてみていたけど、金子選手のところじゃなかったっけ??

あの失点のシーン・・・

去年のシーズン後半、稲田選手が相手のクリアを自分の前でバウンドさせてしまって、相手に体を入れられて追い抜かれ、GKと1対1を作らせて失点してしまったシーン

を思い出しました。
今日の内容では、決勝ラウンドのオプションにはなりませんぞ!!
というわけで、前節より非常にいいプレーだった前半!!で終わりたかったものの、CBとして課題を残した後半という金子選手でした!

残りの3選手は次回。
桑島昂平選手も前回の記事で

前節から良くなっているだろう

と期待していたけど、実際良くなっていてとても嬉しかったです